日誌

3年生社会科見学

笠間農園の見学

 8月31日(月)、社会科「農家の仕事」の学習として、湖西にある「笠間農園」へ社会見学に行きました。

 笠間農園では、小松菜、ほうれん草、にんじん、ブロッコリーなど、たくさんの野菜を作っています。 

 

 その中で、子ども達が毎日食べている給食にも使われている「小松菜」の作り方の工夫を中心に学習しに行きました。

 見学では、笠間さんが、子ども達のたくさんの疑問にとても分かりやすく、ていねいに答えてくださいました。

 子ども達は、小松菜のたねが予想より小さくて、びっくりしていました。トラクターを使って田おこしや種まきの様子も実際に見せていただきました。田おこしした後の土を触ってみると、ふかふかでやわらかく、そのさわり心地に目を輝かせていました。

 

 小松菜の収穫体験もさせていただきました。収穫した後の袋詰めも手作業ですることで、農家の仕事のくふうに気付くことができました。

 

 

 

 収穫した小松菜は、各家庭に持ち帰りました。みそ汁やパスタなどに入れておいしく食べたそうです。

 この見学で学んだ小松菜づくりのくふうについて、これからの社会の学習でいかしていきます。

 たくさんの学びがあった社会科見学となり、暑い中でしたが、子ども達は充実した時間を過ごすことができました。