校内研究授業③

2月4日(木)に今年度3回目の研究授業がありました。

児童は1人ですが、正院スタイルの授業で、行っていました。

整理会では、成果として、学習掲示板、先生の誤答、既習(ズバリ)の習得などが挙げられました。

課題として、学びを気づかせるズバリの活用などが挙げられました。

前回の共通実践は「つまずいた子が戻れるズバリや学ボ―ド」でした。話し合いから、「先生や子どもがつまずいた時にズバリや学ボードに戻る」に修正しました。

ダブル問題①.pdf ダブル問題2.pdf 適用問題.pdf

1年たしざんとひきざん指導案.pdf

 

 

校内研修(模擬授業 問題検討)

2月2日(火)に行う研究授業の問題検討を行いました。

ダブルジャンプ問題1と問題2の難易度や記述式の書き方について、協議されました。

児童集会

1月19日(火)の児童集会で、2学期の取組の振り返りと3学期の学習の仕方について、みんなで確かめました。合言葉は、「自分でズバリ」「書きこみ」「けさない」です。

 

校内研修(後期取組)
校内研修(GIGAスクール構想)

1月7日(木)校内で、研修に行った先生に講師になっていただき,GIGAスクール構想の学習会を行いました。始めに、動画を見た後、自分達ができることを話し合いました。

また、その後、若山小学校で,県教育センターの自主研修サポートに参加しました。ChromBookの使い方や活用の仕方について、学習しました。

 

研究授業

12月11日(金)に、教科リーダー養成研修実践ゼミ兼校内研究授業を行いました。

4年社会「県内の文化財や年中行事」の単元でした。

ここ数年、算数の研究をしてきたので、社会の授業について、若い先生方と一緒に学ぶことができました。

また、センターの先生や大学の先生から、ご示唆頂きました。ありがとうございました。

校内研修(指導案検討)

12月3日(水)に、12月11日(金)に行われる授業の指導案検討が行いました。

どうしたら、ねらいに児童が到達するのか、展開の工夫について協議できました。

校内研修(RST研修)

11月26日(木)研究主任が、研修で学んできたRSTの学習会をしました。

動画視聴や問題を解く中で、子どもたちに必要な力が何か考えることができました。

校内研究授業②

10月13日(火)4限5年「分数と小数、整数の関係」6年「およその面積」で、2回目の研究授業を行いました。

授業では,児童が難しい問題にも、果敢に挑戦する姿が見られました。

整理会では、成果として、生活に関わる良問だったこと、教師と児童とのやりとりからのズバリや学ボードの活用などが挙げられました。

課題として、問題を理解するためのよりよい数直線のかき方や、つまずいた児童の考え方の取り上げ方が挙げられました。

前回の共通実践は「つまずいた時に戻れるズバリや学ボード」でした。話し合いから、「つまずいた子が戻れるズバリや学ボード」に修正しました。

5年ダブルジャンプ問題①.pdf 5年ダブルジャンプ問題②.pdf

6年ダブルジャンプ問題①.pdf 6年ダブルジャンプ問題②.pdf

5年分数と小数、整数の関係 6年およその面積指導案.pdf

校内研修(模擬授業)

10月13日(火)に行う研究授業について、模擬授業を行いました。

10月1日(木)は、問題検討を、10月6日(火)は指導案検討をしました。

模擬授業を通して、単元の中で、子どもたちにどんな力をつけたいかを確認することができました。

 

お知らせ
校内研修(2学期取組)

8月27日(木)

1学期の取組やテスト結果から、2学期の取組を確認しました。

特に、算数は、子どもたちとともに、既習(ズバリ)を意識した授業を行います。

詳しい取組は、後日、HPで公開する予定です。

校内研修(分析・若プロ)

8月21日(金)

7月に行ったテスト結果について、職員で共有しました。

 

 

今回の若プロは「ベテランに学ぶ」で、研修機会の少ない社会と音楽を学びました。

 

 

 

校内研修(若プロ)

7月16日(木)若プロの「若手に学ぶ」でプレルボールをしました。

初めに、文部科学省の動画を見て、その後、実践形式で取り組みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校内研究授業

7月9日(木)2限 2年「3けたの数」で今年度初の研究授業を行いました。

教師がいなくても、グループに分かれて発表したり、分からないところを上手に聞いたりする児童の姿が見られました。

前年度の最終共通実践は「何に着目するか気づかせるどーなつボード」でした。

 

整理会では、成果として、授業の準備や意欲付け、大小を表した分かりやすいズバリが挙げられました。

課題として、児童の問題理解、児童とのズバリのやりとりが挙げられました。

これからの共通実践は、「つまずいた時に戻れるズバリと学ボード」となりました。

 ダブルジャンプ問題①.pdf

ダブルジャンプ問題②.pdf

適用問題.pdf

2年「3けたの数」指導案.pdf

 

本校の研究

◆令和2年度の重点(学びの12か条プラスの重点項目)は?
 2条 自ら課題を発見し、主体的・協働的に課題を解決する力の育成
 8条 よりよい学習習慣・生活習慣の定着

◆令和2年度の研究主題

自ら学び,仲間と共に高め合う児童の育成
極・ホップステップジャンプとダブルジャンプの二刀流

 

令和2年度取組

【後期】

2021後期ロードマップHP.pdf

2021後期学力向上プランHP.pdf

【中期】

2020中期ロードマップHP.pdf

2020中期学力向上プランHP.pdf

【前期】

2020正院小前期ロードマップHP.pdf

2020正院小前期学力向上プラン★HP.pdf

 

参考資料

 正院スタイル.pdf

めざす正院っ子 R2年度版.pdf


2019年度取組
【後期】
2019正院小後期ロードマップHP.pdf
2019正院小後期学力向上プラン HP.pdf
【中期】
2019正院小中期ロードマップ HP.pdf
2019正院小中期学力向上プランHP.pdf
【前期】
2019正院小前期ロードマップ HP.pdf
2019正院小前期学力向上プラン HP.pdf


平成30年度取組

【後期】

H30 後期ロードマップ HP.pdf

H30 後期学力向上プラン HP.pdf

【中期】

H30 中期ロードマップ HP.pdf 

H30 中期学力向上プランHP.pdf

【前期】
H30 前期ロードマップ HP.pdf
H30 前期学力向上プラン HP.pdf