カテゴリ:地域行事

ホッと・アーっと展の様子

 26日(火)より21世紀美術館で「ホッと・アーっと展」が開かれています。

 子どもたちの作品も展示してありますので、時間がありましたら見に行かれてください。

 高3西塔君の作品が賞に入りました。

受賞作品小学部作品高等部作品中学部作品

 

10月8日(金) 奥能登国際芸術祭鑑賞

 

10月より蔓延防止等重点措置が解除され、現在開催されている奥能登国際芸術祭2020⁺も屋内展示が始まりました。年度当初、奥能登国際芸術祭実行委員会事務局より「児童生徒のイラストを基に作品を作りたい」という要請があり、生徒のイラストを提供させていただきました。

そのイラストを基に多くの作品が制作され展示されている旧柏原保育所の「珠洲のドリームキンダーガーデン」に行ってきました。みんな、自分の描いたイラストとそれを基に製作された作品を鑑賞しました。自分のイラストが立体的な作品になることは、生徒たちにとってとっても嬉しいことでした。

ぜひ多くの方々に見てもらいたいです。

  

 

珠洲分校ミニ芸術祭

 3月末より珠洲市宝立町にある旧能登線の鵜飼駅で珠洲分校ミニ芸術祭2020を開催しました。

それに向けて、珠洲分校と石川県立飯田高等学校と合同で準備に取り組んできました。題して「はんぶんこプロジェクト」の初めての取り組みです。

また、卒業生や宝立公民館、ワークショップ珠洲など多くの方々からも作品を提供していただきました。

 

 

地域協同避難所体験訓練 事前打ち合わせ会


 9月9日(金)に、珠洲分校にて10月5日(水)に行われる
地域協同避難所体験訓練の事前打ち合わせ会が行われました。
宝立町住民の方、珠洲消防署の方、珠洲市役所危機管理室の方
合わせて約30名の方々が出席し、訓練の打ち合わせを行った後、
授業の見学も行いました。

 10月5日(水)の地域協同避難所体験訓練には、地域の皆様に
ぜひ参加していただきたいと思っております。お忙しいとは思いますが、
多数のご参加をお待ちしております。よろしくお願い致します。


宝立公民館「宝立講座(宝立を学ぶ会)」


5月26日(木)に、宝立公民館が「宝立講座 宝立町における特別支援教育」
を開催し。12名が珠洲分校を訪問しました。

坂口教頭から学校の説明などを聞いた後、校内の施設や
授業の様子を見学しました。