日誌

NEW 秋の避難訓練

 26日(金)午後、秋の避難訓練を実施しました。春の訓練とは違い、今回は授業中に大きな揺れの地震が発生し、授業の先生の誘導のもと避難する訓練でした。

 緊急地震速報のデモアナウンスを流し、最初は机の下に潜って頭部を守る姿勢をとった後、体育館に避難しました。中には、4階音楽室から避難するクラスもありました。

 その後、体育館では消防署員の方のお話しを聞きました。今回いただいたご忠告を、今後のまさかの時に生かしましょう。そして、最後には阪神淡路大震災の際に作られた学習ビデオをみんなで視聴し、防災について学習を深めました。

 天災はいつ、どんな状況で発生するかわかりません。普段の授業だけでなく、休み時間や登下校中、あるいは家にいる時にも発生する可能性があります。ビデオでは地震の発生方法や日本が地震多発国であることなどを学び、日本に住むからには、地震への備えが必要なことを学ぶことができました。みなさん、「備えあれば憂いなし」です。日頃からいかなる時にも対応する想定をしておくことが大切ですね。学校としても生徒の安全を守れるよう、いつも真剣に生徒と一緒に避難訓練をしています。

がんばれ高中生!