スクールポリシー
令和2年度 学習指導方針(スクールポリシー)

石川県立金沢辰巳丘高等学校


【教育目標】
 真理を探究し、知性高く人間性豊かな、心身ともにたくましい人間の育成に努める。

【本校において目指す生徒像】

(1)  基本的な生活習慣が確立し、規律や規則を遵守する、適切な倫理観を身につけた生徒。 

(2) 社会に興味・関心を持ち、諸問題に対して自ら考え、判断し、的確に解決できる生徒。

(3) 家庭での学習習慣が確立し、自己実現に向け、粘り強く取り組むことができる生徒。



【学習指導方針(スクールポリシー)】

(1)基本的な生活習慣を確立させ、基礎学力の定着を図る。

 朝学習の時間を設定し、学び直し教材や時事問題などの教科横断型の教材を活用し、基礎学力の定着を図ると共に、社会と関わる学習を進め、社会人としての常識や社会で求められる力を育む。

 また、家庭学習を前提とした協働学習を積極的に取り入れ、教え合い、学び合いを通して良好な人間関係を構築し、意欲を持って主体的に学習できる集団づくりを目指す。

 

(2)各教科で「言語活動」を意識した授業を展開し、生徒の表現力、判断力を育成する。

 本校の教育活動のテーマとなっている「言語活動の充実」を発展させるとともに、ICT機器を利活用しながら、表現活動に苦手意識を持つ生徒に対して、ペアワークやグループ学習による協働学習を行ない、主体的、対話的で深い学びを実践する。このような学習を通して、課題を自ら見つけ、その課題に対して、自分たちで判断し、解決できる能力を育成する。

 また、特別活動においても表現力、判断力を育てることを意識した指導法を研究し、その成果を定期的に学校全体で検証する。

 

(3)国際性・芸術性に富んだ校風の中で、賢く、豊かに生き抜くための人間力を育む。

 充実した施設・設備や自然豊かな教育環境を活用し、同窓生や地域住民、地元の大学など他者との交流を通して、生徒が達成感や自己有用感を持てるような行事や活動を取り入れる。また、人間性や協調性を育むと共に、生徒一人ひとりの個性の伸長を図り、社会の発展に貢献する人材づくりを目指す。