学校の様子

令和3年度津幡中ニュース

令和3年度 文化祭 午後「3T歩行」(Tsubata Thanks Tour)

文化祭の午後は全校生徒が班別に3T歩行を行いました。これは、津幡町への日頃の感謝を込め、ゴミを拾いながらクイズラリーに挑戦する取組です。生徒たちは仲間と協力し、町をきれいにしながらミッション達成に向けて頑張りました。
 帰校後は全校生徒で「手形アート」に挑戦しました。生徒一人ひとりが自分の手に絵の具を塗り、文化祭テーマを表現した巨大絵にそれぞれの手形を押しました。完成した「手形アート」は中学校体育館への渡り廊下に掲示します。

令和3年度 文化祭 午前「ステージ発表」「講演会」

昨日、全校生徒が体育館に入り、文化祭を行いました。今年度のテーマは「五輪(学年・学校・地域・社会・世界)~ つながる私たち ~」です。
午前中は吹奏楽部の演奏に始まり、意見文発表、SDG’Sに関する総合的な学習の発表が行われました。幕間発表として、歌や楽器演奏などの発表も行われました。
午前中の最後は日本赤十字社の方々をお招きして講演会を行いました。東日本大震災での豊富なボランティア経験をもとに、防災について教えていただきました。また、ハンカチを使った応急処置の方法も教わりました。
 意見文発表と総合的な学習の発表者は以下の通りです。どれも立派な内容で、心に残る発表、とても勉強になる発表ばかりでした。
 意見文発表者のみなさん
 ・藤原  響さん「医師になるため今自分ができること」
 ・安多 心泉さん「誰もが笑顔で輝ける社会へ」
 ・吉本  奏さん「ローランドから学んだこと」
 ・橋田 信乃さん「人種差別をなくすには」
 総合的な学習(SDG’S)発表者のみなさん
 ・加藤 宏和さん「戦争や選挙に関心を持とう」
 ・戸口 琉花さん「陸の豊かさを守るために」
 ・廣瀬 七胡さん「ジェンダー平等を実現しよう」
 ・池内 美陽さん「海の豊かさを守ろう」
 ・吉尾 知浩さん「経済の発展と生活の充実」
 ・中村麻衣花さん「このままでは地球が危ない」

3年生理科 浮力

昨日、津幡町内の小中学校の先生方が来校され、3年生理科の研究授業が行われました。この日の授業では「浮力」について学びました。

生徒は課題について各班で仮説を立て、検証実験の方法も自分たちで考えました。検証実験にはどの班も集中して取り組んでおり、他校の先生方から「さすが津幡中3年生だ。」とお褒めの言葉をいただきました。

 

1年生数学 比例・反比例

1年生数学では、比例・反比例のグラフについて学習しています。問題練習では、自分でじっくりと考えた後、友だちと教え合っています。

 

1年生国語 書写

国語科では、年間に数時間、書写の授業を行っています。1年生では行書の毛筆に挑戦しています。

 

3年生理科 作用・反作用

3年生理科では、日常で見られる現象を科学的に説明することに取り組んでいます。この日は作用・反作用について学びました。

 

2年生理科 「クマの体にはどんな特徴があるのだろうか」

 2年生理科では、「日本クマネットワーク」からクマの頭蓋骨・毛皮・足とふんの標本を取り寄せ、それぞれを観察して得た情報を関連付けてクマの特徴に迫っています。

 本物を観察することにより得られる情報に想像力をプラスして考察し、生徒は意欲的に授業に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

10月4日 卒業生に学ぶ会 川井梨紗子さん・友香子さんが本校に来てくれました

 10月4日、本校出身の東京五輪金メダリスト川井梨紗子さん・友香子さんに本校に来ていただき、生徒会執行部が司会を行い「卒業生に学ぶ会」を実施しました。写真掲載について日本オリンピック委員会の許可がでましたので、紹介させていただきます。

 まず、お二人とも、とても礼儀正しく謙虚で誠実なお人柄が印象的でした。どの生徒の質問にも丁寧に、聞かれている以上のことを答えていただきました。本校生徒は、お二人から教えていただいたことを、今後の生活に生かしてほしいと思います。以下、生徒の感想の一部抜粋したものを掲載いたします。

・努力の仕方も「梨紗子さんは集中型」と「友香子さんはコツコツ型」であることを聞き、それぞれに合った方法があるのだなと思いました。お二人とも競技だけではなく、礼節の面でも一流だと思いました自分も見習いたいです

「上達の近道は上手い人を観察すること」という言葉がなるほどなと思いました。また、「自分に克つには自分を信じること」とおっしゃっていたのが心に響きました。私はこれまで「自分なんて」と思い、自分を信じ切れずに諦めていたことがたくさんあるなと気付かされました。今はできなくても「いつかできる」と自分を信じて励んでいきたいです。

・私は「目標を原動力とする」という言葉が心に残りました。部活動では自分たちの目標を叶えたいという思いを常にもって、練習も頑張っていきたいです。

「新聞やテレビでは笑顔の写真が多いけど、実際は苦しいことの方がたくさんあった。」とお二人は言っていました。お二人とも頑張って辛い練習にも耐えてきたから金メダルを取るという夢が叶いました。私も諦めずに地道に努力をしていこうと思いました。お二人とも、お忙しいのにわざわざ本校に来てくださりありがとうございました。夢に向かって、これからも頑張ってください。

「日頃から自分に苦しい方を選んでいる」という言葉が印象に残りました。努力をしないで成し遂げるという近道はないのだなと思いました。

「まず行動してみる」という言葉がとてもよいと思いました。私は受験勉強にやる気が起きなかったけど、「まず行動」してみたいと思いました。

 

家庭学習について、各学年で合同HRを行いました

 昨日、家庭学習の取組について、各学年で合同HRを行いました。例えば3年生だと1日平均3時間の家庭学習を「レギュラーコース」として、生徒それぞれが自分で家庭学習の目標時間を設定します

 9月は生活リズムと整えること(三点固定)、10月は、毎日の家庭学習を「英語音読15分」から始めることに全校で取り組みました。変わり始めている生徒が少しずつ出てきています。11月からは「英語音読15分」で身に付けた家庭学習のリズムを、他の教科の学習に広げます。「まだ何もやっていない」という人もいるでしょう。でも大丈夫です。いつから始めても遅くはありません。行動を起こせば、明日は今日の自分よりもきっと向上しているでしょう。

 1年生の合同HRでは「何のために勉強するのか。」との話がありました。勉強の中には苦手なものもあるでしょう。他にもやりたいことがあると思います。でも、他のことを少しだけ我慢して頑張ることで、自分自身をコントロールしたり努力を継続したりする力が身に付きます。これらの力はきっと「なりたい自分」に近づく原動力になるでしょう。津幡中みんなで、少しずつ、確実に進んでいきましょう。3年生の目標設定シートです。

2年生の合同HRです。

2

1年生の合同HRの様子です。