H28 7月 南中歳時記

H28 7月 南中歳時記

泣く 校内研修③

 本日(29日)の午前中、津幡消防署の方に来ていただき、心肺蘇生(AED)の研修会を行いました。人形を使って、胸骨圧迫と人工呼吸をトレーニングしました。その後、本校の林養護が講師となり、緊急性が高いアレルギー症状の判断と対応について学習会を行いました。また、エピペンの講習も行いました。

右 校内研修②

 本日(28日)、石川県立盲学校高等部主事の座主先生をお迎えして、特別支援教育の校内研修会を行いました。研修会では、座主先生から「合理的配慮」の定義や目的などを講義していただきました。後半では、事例をもとに生徒や保護者の思いを配慮しながら指導する大切さを教えていただきました。

学校 懸垂幕

 全国大会に出場する相撲部と陸上部の選手を激励する懸垂幕が掲げられました。
相撲は、全国都道府県中学生相撲選手権大会の石川県選抜に選ばれた深沢です。そして、津幡町で開催される全国中学校相撲選手権大会です。陸上は松本市で開催される全国中学校陸上競技大会に出場する澤井さんと川下さんです。

会議・研修 校内研修会①

 本日(26日)、生徒指導アドバイザーの松音先生を講師にお迎えして、校内研修会を行いました。内容は、いじめの未然防止の事例検討でした。グループ毎に事例の課題と対策につてい話し合い、全体で共有しました。最後に、松音先生から「未然予防・早期発見・早期対応・早期解決」についてお話をしていただきました。

学校 新聞掲載

 日曜日に行われた、全日本中学校競漕大会の結果が、北陸中日新聞に掲載されました。改めて、快挙を実感することができました。
                平成28年7月25日(月) 北陸中日新聞 朝刊より
                 28面            17面

    優勝カップ

ノート・レポート 通知表・PTCA

 本日(25日)は、通知表渡し・PTCAの2日目です。今日は蒸し暑いですが、気温がそれほど上がらないので面談しやすい天候でした。当然評定が気になりますが、これまでの頑張りそしてこれから何を取り組まなければならないかを家庭でしっかり話し合ってください。

了解 日本一

 津幡漕艇競技場で行われていた第36回全日本中学校選手権競漕大会が終わりました。
本校の女子が初の総合優勝を飾りました。また、男子ダブルススカル、女子ダブルスカル、女子舵手付クォドルプルで見事優勝、日本一の栄冠をつかみました。「ボートのまちつばた」での開催で大きな花を咲かせました。
 男子ダブルスカル 一位 竹中悠馬(3年)若崎晴斗(2年)組
 女子ダブルスカル 一位 西藤絢乃(3年)山崎紗也香(3年)組   四位 半井李佳(3年)橋本らら(3年)組
 女子舵手付クォドルプル 一位 伊戸川未鈴(2年)玉谷友香(3年)林可純(3年)出村もも恵(3年)西藤琴音(3年) 

                                     竹中・若埼組

                                      山崎・西藤組                 

                                    半井・橋本組

                              伊戸川・玉谷・林・出村・西藤組

                      女子総合優勝         

晴れ 準決勝

 全国中学校選手権競漕大会の二日目が行われています。午前中の準決勝では、決勝を目指し熱戦が繰り広げられています。

急ぎ 予選

 本日(23日)、全校中学校選手権大会競漕大会の予選・復活戦が行われました。明日は、8時30分より準決勝・決勝が行われます。本校の生徒も多く準決勝に出場しますので、応援よろしくお願いします。