H31 2月 南中歳時記

H31 2月 南中歳時記

1年生「人間関係づくりの授業」

スクールカウンセラーの古市先生が授業を行いました、その内容は、次のようです。
①物事は「無いことに着目するより、まだこれだけ有ることに着目する」ほうがよい。コップの中の水を見るイメージで。これをリソースという。
②「なんで、これだけ〇〇があるのだろうか。」を考える。
③互いにリソースを見つけあおう。それを相手に認める形で伝えよう。
 これをコンプリメントという。
 授業が終わって、なんだか、ふんわりした気持ちになりました。
0

生徒総会

今日は、生徒総会でした。「よりよい学校にするために」というテーマで全員が活発に発言し、とても有意義な時間になりました。発言をした生徒の多くは、堂々とした態度で素敵でした。
0

小学校へ出前授業

岡本教諭が、来年度、津幡南中学校に入学する中条小学校6年生に数学の出前授業を行いました。はじめに、1から100までの連続する整数を足し算するといくつになるかを考えました。実際に足し算を始める児童、何かうまい方法はないかと考える児童、いろいろな意見が交わされました。出前授業は、井上小・条南小でも行われました。
0

合同トレーニング

 器具を使ったストレッチを行いました。イタイイタイという声も上がりましたが、逆に気持ちいいという場合もありました。これがストレッチなんですね。不思議です。今日は、今年度の最後になります。
0