学校紹介

《教育目標(目指す生徒像)》
 グローバルな視野を持ち、地域に貢献できる
          自立した社会人(グローカル人財)

《概要》
 本校は、大正12年(1923)に石川県立輪島中学校としてその歴史をスタートし、多くの優秀な卒業生を輩出してきました。平成25年(2013)には創立90周年を迎えました。
 現在、輪島市内外から集まった378名の生徒がさらなる飛躍を目指し、文武両道に励んでいます。


協働学習で思考力を高める授業

《校訓》
 誠実:あたたかい心のふれあいを大切にし、自分に正直に生きる。
 覇気:困難から逃げず、高い志を掲げ自信をもって最後まで敢然と進む。
 努力:能力を最大限に発揮し、創意工夫しながら、たゆみなく努力する。


高校生活を通して心身ともにタフに

《本校の主な取組》
 (1)学びがあり進路実現できる学校
  ① 習熟度別授業、AL型授業を充実し、授業力を向上する。
  ② 生徒が主体的、能動的に学ぶ姿勢を育成する。
  ③ 3年間を見通した組織的な教科指導と進路指導の実践を図る。
 (2)人間力を向上できる学校
  ① 学校行事を通し、仲間を大切にし、他者を思いやる心を育成する。
  ② 課外活動を通し、主体的、能動的に行動できる生徒を育成する。
  ③ 生徒一人ひとりが地域の人たちと関わる中で、積極的に自己研鑽する姿勢を育成する。
 (3)地域と共に成長できる学校
  ① 小中学校等との協働研究事業を推進する。
  ② 小中学校との生徒間交流事業を拡充する。
  ③ 実践的・探究的地域学習を充実し、地域貢献意識の向上を図り、地域に誇りを持った人財を育成する。
 (4)多忙化改善を積極的に実現する学校

  ① 業務の平準化により、一層の効率化を図る。
  ② ワークライフバランスを考えた教員の意識改革を図る。
  ③ タイムマネージメントを生徒に意識させる学習指導、部活動指導の確立を図る。