線校章
石川県立金沢泉丘高等学校
線
 
開    設:2001/1/26
最終更新日:2018/5/1
 
訪問者数473534
石川県立金沢泉丘高等学通信制課程を併設してす。
細は下記のタンから通信制のページをご覧ください。
 
 
オンライン状況
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
 スーパーサイエンスハイスクール指定校
  石川県立金沢泉丘高等学校 理数科

 
理数科お知らせ
12345
2018/06/20

CS学際科学の特別講義を開催しました

| by sshassist
 6月13日(水)に東京大学生産技術研究所の溝口照康先生による特別講義を開催しました。演題は「大学准教授のおしごと~原子と電子を観る・知る・はかる~」で、前半は研究者はどのような仕事をしているのかをメインに、後半は先生の専門分野である電子構造計算等についてお話いただきました。
  
08:17
2018/06/20

CS実験科学 地学巡検を行いました

| by sshassist
 6月7日(木)に犀川河川敷の大桑層で貝化石の採取や地層の観察を行いました。当日は天候にも恵まれ、絶好のフィールドワーク日和でした。今回採取した化石は、次回のCS実験科学の時間にクリーニングを行い、種の同定とスケッチを行う予定です。
  
08:16
2018/06/20

サイエンス・イングリッシュⅠの特別講義を開催しました

| by sshassist
 5月25日(金)に、東京国際大学の五十嵐義行先生をお迎えし、上記の特別講義を開催しました。今回は普通科理2年SGコースの生徒も参加し、総勢80名での講義となりました。
 この講義は全て英語で行われ、発音やリズム、パワーポイントのデザインなど、発表を行う際に必要な技術について具体的な助言をいただきました。
  
08:15
2018/05/21

AI課題研究Ⅲの研究発表会を開催しました

| by sshassist

 5月7日(月)に北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)で上記の発表会が開催され、理数科の3年生がこれまでに研究してきた成果を英語のポスターで発表しました。この発表会は質疑応答も全て英語で行われ理数科の2年生とJAISTの学生や先生方が英語で質問をしました。

 大学生や教授の先生方からは、本校の校内で実施した時とは違った切り口の鋭い質問が飛び交っていましたが、試行錯誤しながら答える生徒達の様子を見て大変頼もしく感じました。
  
08:33
2018/05/21

金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました

| by sshassist
 4月21日(土)Ex4限目に、今年度第一回目となる金沢泉丘サイエンスグランプリを開催しました。今回は初めて生徒が企画・運営全てを担当し、物理部主催で行いました。参加者は普通科・理数科の61名で、5~6名のチームを組み、様々な謎解きに挑戦しました。

08:32
2018/05/21

CS学際科学の特別講義を開催しました

| by sshassist

 4月20日(金)に金沢大学理工研究域数物科学系の大塚浩史先生による特別講義を開催しました。今年の理数科1年生のテーマである「光」に関係するお話で、講義の中ではいくつかの課題が提示され、実際に手を動かして考える時間もありました。
  


08:31
2018/05/21

SSHだよりを最新号まで掲載しました。

| by sshassist
SSHだよりを最新号まで掲載しました。
08:30
2018/02/08

2月10日の泉丘サイエンスグランプリについて

| by sshassist
 2月10日(土)に予定していた泉丘サイエンスグランプリは、大雪の影響を考慮し、中止と判断させていただきます。
14:42
2018/01/12

明日の特別講義は中止します

| by sshassist
1月13日(土)に予定していた国立天文台の小久保英一郎教授による特別講義は、天候を考慮し、中止と判断させていただきました。
申し込みをしてくださった皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ありません。
来年度に今回と同様の企画を考えておりますので、その際はまたご案内させていただきます。宜しくお願いいたします。

12:53
2017/12/22

PROJECT MARS 最終プレゼンで第3位 日本代表として世界大会へ 

| by sshassist
 12月20日(水)に開催されたPROJECT MARSの最終プレゼンテーションで、本校から参加したチーム【松木君(14H)、酒井君(19H)、長谷川さん(19H)、谷口さん(19H)、松本君(10H)】が見事全国第3位を獲得しました!物怖じせず堂々とした発表で、会場を魅了しました。
 発表ではこれまでにない斬新なアイデアを2つ提案しました。1つめは「針葉樹型太陽電池」で火星に針葉樹林を造りつつ効率の良い発電を行うこと。そして「人工時差」を発生させ、地球のアメリカ、アジア、ヨーロッパとそれぞれ対応させることで、地球と同時刻に仕事をすることができ、かつ交代制で休息できることです。
 
 今後、チームの皆さんは日本代表としてワールドコンペティションに挑戦します。次は3Dモデリング、VR(仮想現実)レンダリングフェーズ
で、実際に3Dモデルを作成する行程へ移行します。「火星の街」実現へ向けて頑張ってください!
08:59
12345