Top > 図書館案内 

図書室からのお知らせ

図書室より >> 記事詳細

2016/08/29

新学期前、 “ほっと”な二水図書館を覗いてみると・・・

| by 図書
   新学期を控え、まだまだ暑い日が続いていますが、
そんなある日、二水図書館を覗いてみると・・・
生徒たちが、思い思いに読書や調べ物に取り組んでいました。
その中には、高校に入って初めての読書感想文を書こうと、
本を探しに来る1年生もいます。

また、2年生のあるグループは、約1ヶ月後に控えた修学旅行先の台湾を調べていました。
初めての台湾でどんな発見があるのか、今から楽しみですね。

そして、隣の学習室を覗いてみると・・・、
3年生が真剣な眼差しで受験勉強に取り組んでいました。  
ガンバレ3年生諸君‼

       
  夏休みのある日の二水図書館の様子      修学旅行先の台湾を調べる生徒達
   

                      
         夏休みのある日の学習室の様子

 ところで、二水の図書課では、この夏に、『ビブリオバトル』(競技スタイルの書評発表会)を
図書委員の生徒を集めて行いました。
京都大学の学生さんが考えたというこの知的なゲーム、今回のテーマは“元気になれる本”

(今回は、多くの人が初対面同士ということで、まずは自己紹介ゲーム等をしました。
そして、いざ本番へ!)
生徒一人一人が、自分が元気になれる本を持ち寄って3分間プレゼンを行い、
その後に質疑応答の時間を設け、最後は投票で「チャンプ本」を決めました。

              
             これぞと思う一冊を手に、只今プレゼン中・・・

以下は、参加生徒の感想です。

・初対面の人と自分のオススメの本を紹介しあうのに、最初は少し抵抗があったけれど、実際  にやってみたら意外とおもしろかったです。

・人生初のビブリオバトルだったんですが、失敗を恐れずすることができました。

・私は1分程度しか話せませんでしたが、3分間しっかり話している人が多くてすごいなと思い     ました。今日の経験を次に生かせればと思います。

・3分間しゃべる続けることの難しさを感じます。相手が知らない本を紹介する際には、内容を丁寧に説明するより、物語の雰囲気や、ジャンルなどを明確にしたうえで、物語のさわりに触れておけばいいのが分かった。

・自分の知らない本ばかりで、どれも読んでみたいと思ったし、知っている本もまた、もっと深く 読み込んでみたいと思えた。

・初めてのビブリオバトルで緊張した。久しぶりに本を読む機会になった。

人に順序立てて説明する難しさを感じた生徒も多く、よい経験になったようでした。
また、これをきっかけにして2学期以降も、読書の輪が広がってくれることを願っています。
  
      
  途中の休憩時間の様子・・寛いでいます。    チャンプ本を片手に微笑む
                                優勝した2年生の高橋さん
17:30

図書館の紹介

二水高校図書館は、本を通してさまざまな活動をしています。
本の貸し出しのほか、勉強や調べもののお手伝いをしたり、
教養を身につける援助をしたり、くつろぎの場所を提供したりしています。
それらのことを通して、二水生が心豊かな人になるようにと願っています。

また、本校8期生 衆議院議員 森喜朗先生から寄贈された「森喜朗氏寄贈図書」コーナーがあり、
生徒は約180冊の寄贈図書を自由に閲覧できるようになっています。図書室の様子  
図書館・学習室の様子
 
 

所在地

〒921-8117
石川県金沢市緑が丘20-15
TEL:076-241-3167
FAX:076-244-4555
E-MAIL:nisuih@m1.ishikawa-c.ed.jp
 

Language choice

 
Powered by 翻訳