教育目標

令和3年度 七尾中学校 教育目標 

21世紀の変化に対応できるしなやかで、たくましく生きる力の育成

 21世紀は、グローバル化、ICT化がさらに進み、変化が激しい時代が続くと思います。では、どのような人が、この激動の時代を乗り越えていくことができるのでしょうか。ダーウインは、「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」という言葉を残しています。

 この言葉のように変化が厳しい時代を乗り越えていくには、変化に対応できる力、しなやかで、たくましく生きる力が必要であると考えています。では、この力はどのように身に付くのでしょうか。歴史や技能・知識を受け継ぎながらも、新しい知識、新しい発見を強く求め続け、何事にも「貪欲に学ぶ」という姿勢を貫ける人や集団が身に付けていくことができると思います。

 しなやかでたくましく生きる力は、新しいものを学ぼう、発見しようとする姿勢から培われていきます。学校生活はもちろん、さまざまな場面で学びがあります。常に前向きに「やってやろうぜ」という気持ちで一歩先の自分、目標に挑戦し、学びに向かう姿勢を高めてほしいと願っています。

【七尾中学校が目指す生徒像】

・知識・技能とそれを使いこなす知恵を身に付けた生徒

・主体的によりよい課題解決をめざす生徒

・多様な価値を認め、協調性のある生徒

学校教育を通して、目指す生徒の育成を図りたいと考えています。

<令和3年度 七尾市立七尾中学校 校長 井上 一幸>

 

 

キャビネット

教育目標