活動報告

2016年3月の記事一覧

ウエノフーズサービス 駒井さんお話

3月23日(水)

 ~もりもり寿し能登総本店開店にあたって大切にしていること~

接客の5原則(①挨拶 ②笑顔の重要性 ③身だしなみ ④態度・姿勢 ⑤言葉づかい)を中心に、ウエノフーズサービス開発担当の駒井映二さんにお話していただきました。笑顔の簡単なつくり方、お辞儀の仕方、おしゃれと身だしなみの違いなど、2年生はたくさんのことを学びました。
 
 

鳳寿荘訪問

319()午前中に吹奏楽部が鳳寿荘を訪問しました。

「長寿番組メドレー」の中から「水戸黄門」「渡る世間は鬼ばかり」やNHKドラマ「あさがきた」のテーマ「365日の紙飛行機」を演奏したり「長生き音頭」の踊りを披露したりしてきました。途中の「津軽海峡冬景色」では、私たちが伴奏して入所者の方に歌っていただき、一緒に楽しみました。

 片づけをしていたら「よかった。心に音楽が残っています。ありがとう。」とわざわざ言いにきてくださったおばあちゃんがいらっしゃいました。あいにくの雨でしたが、晴れ晴れとした気持ちで帰ってきました。

第52回卒業証書授与式

3月12日(土)
第52回卒業証書授与式が行われました。
町長さんをはじめ、来賓のみなさん、保護者のみなさん、そして在校生と、たくさんの人たちに見送られ、57名の卒業生が巣立って行きました。
おめでとうございます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

防災宣言

3月10日(木)

 能登町内中学校4校の代表者が、自分たちの作った防災宣言を町長さんに宣言しました。4校の中学生は、9月に行われる予定の能登町総合防災訓練にむけていろいろな活動を行っていきます。
 

 
 

コンセールのとに掲示してあります。

さとうみA

さとうみB

さとやま

北陸中日新聞3月12日掲載

北國新聞3月11日掲載

能登町中学生防災学習会

3月4日(金)

町内4校の2年生の代表17名が集まり、本校で能登町中学生防災学習会が開催されました。

最初に『避難所運営ゲーム』を行いました。次から次へと避難所になっている学校へ避難してくる人たち(カードですが)を、どのようにして体育館や教室に割り振っていくか体験するゲームです。

そのあと、自分たちが住む場所で『さとうみ』『さとやま』のグループを作り、私たちの防災宣言を作成しました。作成した『私たちの防災宣言』は、3月10日(木)に町長さんにお渡しします。

 

【協力していただいた方】

  青木先生(金沢大学先生) 林先生(金沢大学先生)

  髙橋さん(東日本大震災被災者) 中山さん(防災士)

  山本さん(能登町役場職員) 田形さん(能登町役場職員)

  大森さん(能都中3年生 防災士)
 

 
 
 
 
 
 


                                        北陸中日新聞 3月5日掲載

                                      3月5日 北国新聞掲載

働く人に学ぶ会

 

2月26日(金)に、1年生が「働く人に学ぶ会」を開催しました。

講師は
能登消防署 木本泰雄 さん

水産総合センター 福嶋 稔 さん

西出牧場  西出 穣 さん
の3名でした。
それぞれの職業についていろいろなお話を聞くことができました。