沿革

 

大正
12年
4月
1日
 石川県立輪島中学校創立。渡辺盛次郎 初代学校長に就任する。
大正
15年
4月
1日
 輪島町立高等女学校創立。本山久平 初代学校に就任する。
昭和
3年
4月
1日
 輪島町立高等女学校を県に移管し、石川県立輪島高等女学校と改称する。
昭和
23年
4月
1日
 旧制輪島中学校、旧制輪島高等女学校を統合して、石川県立輪島高等学校を設置する。
 旧制輪島高等女学校校長・清水三郎 初代学校長に就任する。
昭和
23年
7月
29日
 定時制課程を併設する。
昭和
24年
3月
27日
 輪島中学校、輪島高等女学校、輪島高等学校の同窓会を統合し、桐章会を結成する。
昭和
25年
3月
8日
 校旗を樹立し、校歌を制定する。
昭和
26年
7月
10日
 防火用水槽(プール兼用)工事竣工する。
昭和
27年
11月
22日
 校舎の一部(6教室)増築工事竣工する。
昭和
30年
11月
1日
 石川県立大聖寺高等学校教頭・三輪武雄 第2代学校長に就任する。
昭和
32年
2月
15日
 門前分校定時制課程が全日制課程となる。
昭和
32年
11月
20日
 石川県立泉丘高等学校教頭・出野秀二 第3代学校長に就任する。
昭和
37年
4月
1日
 門前分校独立し、石川県立門前高等学校となる。
昭和
37年
12月
20日
 校舎増築(普通教室2、図書室、書庫)工事竣工する。
昭和
38年
4月
1日
 石川県立盲ろう学校教頭・伊藤弘三 第4代学校長に就任する。
昭和
38年
12月
13日
 校舎増築(普通教室6)工事竣工する。
昭和
40年
4月
1日
 石川県立工業高等学校教頭・古道正進 第5代学校長に就任する。
昭和
42年
2月
11日
 第一体育館竣工する。
昭和
42年
4月
1日
 石川県立七尾高等学校教頭・奥井道夫 第6代学校長に就任する。
昭和
44年
3月
30日
 新校舎第一期工事(管理棟)竣工する。
昭和
45年
3月
31日
 新校舎第二期工事(ロッカー室、ボイラー室等)竣工する。
昭和
45年
4月
1日
 石川県立輪島実業高等学校設立に伴い、商業科を移管する。
昭和
46年
4月
1日
 石川県立金沢向陽高等学校教頭・木南俊英 第七代学校長に就任する。
昭和
47年
4月
1日
 町野分校独立し、石川県立町野高等学校となる。
昭和
49年
6月
20日
 創立50周年記念式典を挙行する。
昭和
50年
4月
1日
 石川県立町野高等学校長・松村友二 第8代学校長に就任する。
昭和
52年
4月
1日
 石川県立二水高等学校長・大高彰八 第9代学校長に就任する。
昭和
54年
4月
1日
 石川県立輪島実業高等学校長・従二喜一 第10代学校長に就任する。
昭和
55年
3月
25日
 屋外部室棟及びトイレ工事竣工する。
昭和
57年
4月
1日
 石川県立珠洲実業高等学校長・橋元昌夫 第11代学校長に就任する。
昭和
57年
5月
10日
 第二体育館竣工する。
昭和
58年
10月
31日
 中庭(青雲の広場)造成工事完成する。
昭和
59年
4月
1日
 石川県立穴水高等学校長・酒井良平 第12代学校長に就任する。
昭和
61年
4月
1日
 石川県教育委員会文化課長・永田恭一 第13代学校長に就任する。
昭和
63年
4月
1日
 石川県立町野高等学校長・浦田 博 第14代学校長に就任する。
平成
元年
5月
8日
 運動場改修工事完成する。
平成
2年
4月
1日
 石川県教育委員会教職員課長・松尾進馬 第15代学校長に就任する。
平成
5年
3月
25日
 第一体育館大規模改修工事完成する。
平成
5年
4月 
1日
 石川県立鹿西高等学校長・出崎允也 第16代学校長に就任する。
平成
5年
10月
6日
 創立70周年記念式典を挙行する。
平成
7年
3月
24日
 防火用水槽(プール)を撤去し、跡地をテニスコートに転用する。
平成
7年
4月
1日
 石川県立中島高等学校長・藤澤兵文 第17代学校長に就任する。
平成
9年
4月
1日
 石川県立中島高等学校長・山本武志 第18代学校長に就任する。
平成
10年
4月
1日
 石川県立七尾高等学校教頭・野中豊宣 第19代学校長に就任する。
平成
13年
4月
1日
 石川県立輪島高等学校教頭・小橋明直 第20代学校長に就任する。
平成
15年
10月
18日
 創立80周年記念式典を挙行する。
平成
16年
4月
1日
 石川県立門前高等学校長・角 昌三 第21代学校長に就任する。
平成
18年
4月
1日
 石川県立辰巳丘高等学校長・伯耆 忠安 第22代学校長に就任する。
平成
20年
4月
1日
 石川県教育委員会学校教育活性化推進室次長・表 純一 第23代学校長に就任する。
 全日制総合学科を開設するとともに、単位制を学年進行で導入する。
平成
22年
4月
1日
 石川県立輪島実業高等学校長・左古 隆 第24代学校長に就任する。
平成
24年
4月
1日
 石川県立七尾高等学校副校長・浦 一正 第25代学校長に就任する。
平成
25年
10月
12日
 創立90周年記念式典を挙行する。
平成
29年
4月
1日
 石川県立小松北高等学校長・赤田英明 第26代学校長に就任する。
令和

2年 

    石川県立能登高等学校長・上野 創、第27代学校長に就任する。