令和3年度 河北台中学校のようす

1年生「地域防災学習」を行いました

 1年生の総合的な学習の時間は「地域の防災」を軸に活動を積み重ねています。5・6限に石川県防災士会より大月真由美氏を講師にお迎えしました。今日は「避難所について~自分の地域は自分で守ろう~」をテーマとし、平成に起きた震災における「災害後の町のようす」や「避難所の違い」を多くの写真で説明してくれました。

 また、大月さんから与えられた「災害時に起きていた問題」についてグループで解決策を考えて発表したり、身の回りにあるもので簡易トイレを作ったり、視覚に障害のある方を誘導したりするなど頭も体も使って学習しました。

 これらの活動を通して避難所の運営だけでなく「避難所に来られない住民のこと」「避難所の生活における困りごと」など、これまで考えたことのない視点を教えてもらい、学びが深まったように思います。