令和元年度後期「さわやか賞」授賞式が行われました

 例年なら、卒業式前日に行われる後期「さわやか賞」授賞式です。受賞者については、昨日の全校集会で披露しました。今日は、校長先生より賞状の授与が行われました。

 

 さわやか賞は、「さわやかカードに記載された経験があり、他の模範となる行動をした生徒に贈られるもの」です。毎日の積み重ねを全校生徒・職員で認めるものです。各クラスから2名ほど選ばれます。今回は、個人13名と1団体に贈られました。昨年度の賞ですので、昨年のクラスで受賞者と受賞理由を掲載します。

 塩本 愛奈(1年1組)

 ・授業後に係でないときも黒板をきれいに消すなど、決して見返りを求めない献身的な生活態度が素敵でした。

 松田 風舞輝(1年1組)

 ・人の気持ちを理解・尊重し、みんなが気持ちよく過ごせるように多くの努力をしてくれました。

 桶作 友稀(1年2組)

 ・後期会長としてベル学を呼び掛けたり、クラスの雰囲気を前向きにすることに貢献してくれました。

 山口 椛(1年2組)

 ・周りにいる人に気づきの行動ができています。友達が困っていることに気づき、さりげなく助けてくれています。

 今井 菜々子(1年3組)

 ・積極的な給食配膳の取組、ベル学の声掛け、熱心な学習態度はクラスに大きな活力を与えてくれました。

 野口 寧央(1年3組)

 ・係でないにも関わらず、たくさんの配布物を嫌な顔せずに配ってくれる姿は、クラスの良き手本となっていました。

 小路 雄大(2年1組)

 ・学級会長として学級をより良い方向に導くために積極的に声掛けを行い、学級・学年の雰囲気を盛り上げてくれました。

 北出 莉穂(2年1組)

 ・学級の副会長として、先を見通して仕事をしていました。誠実な仕事ぶりは級友からの信頼を得るものでした。

 三上 彩芭(2年1組)

 ・生徒会執行部として、毎朝玄関で元気な挨拶を行い、「あいさつ日本一」をめざす取組を率先して行った。

 高田 智仁(2年2組)

 ・しっかりした挨拶をし、何事にも真剣に取り組む姿はとてもさわやかでした。学習・部活動にも手を抜かず他の生徒の見本となってくれました。

 西山 満悠(2年2組)

 ・学級会長として責任感をもって日々の仕事に取り組みました。修学旅行実行委員、吹奏楽部部長として他のメンバーを引っ張ってくれました。

 岡田 有司(2年3組)

 ・学級・学年のために様々な場面で前に出て行動してくれました。心づかいが素晴らしく他の生徒の模範となりました。

 西田 稟(2年3組)

 ・前・後期とも学級会長としてクラスをまとめてくれました。授業中の積極的な発言も見事でした。 

 団体賞 ジュニアボランティアサークル「myan」

 ・ジュニアボランティアサークルは積極的に地域との活動に関わっています。特に、毎月の木津「えびすの会」では、河北台中学校の代表にふさわしい活動をしました。