第7回「鶴彬(つる あきら)」かほく市民川柳大会の選考結果

 第8回鶴彬のふる里「高松歴史街道フェスティバル」の中で実施される、「第7回鶴彬かほく市民川柳大会」に本校生徒が応募し、総数442句の中、多くの入賞をいただきましたので、お知らします。生徒は国語の時間に創作しました。最近、よく見かける「サラリーマン川柳」を題材に川柳について知り、創作したようです。 本校からは、優秀1句、秀1句、佳作2句、入選10句の入賞がありました。ここに紹介します。

 優秀句     元号は時代を表す時の顔      德応 晴(1年)
 秀句          いい笑顔友達作りの第一歩    冨澤 凜(1年)
 佳作句     夏祭り花火と同時に笑顔咲く   坂野 由弥(2年)
 佳作句     体重計のって喜ぶ母の顔     梅本 亜依(3年)