学校長あいさつ

 

「笑顔で、明るく、元気よく」

 

 石川県立七尾特別支援学校輪島分校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。 

 橋本前校長より引き継ぎ、校長に就任しました道下雅美です。どうぞよろしくお願いいたします。

 本分校は、平成20年に柿島誠一校長のもと、石川県立七尾養護学校輪島分校として開設され、平成22年に校名を石川県立七尾特別支援学校輪島分校に変更、平成29年に現在の石川県立門前高校校舎3階に移転し、今年度で14年目を迎えました。

 今年度は、小学部・中学部・高等部合わせて3名の新入生を迎え、23名の児童生徒で新たなスタートを切りました。校訓「みんななかよく  よく遊び(人を思いやり、心豊かな人間) よく学び(自ら考え学ぶ人間) よく働く(主体的に生きる人間)」にありますように、能登地区における特別支援教育の拠点として、地域の方々に信頼される学校を目指します。

 今年度は重点目標として①授業実践力の向上(授業改善・ICT活用)、②組織的・系統的なキャリア教育(家庭との連携)、③安心・安全な学校づくり、④業務の効率化の4つを上げ、取り組んでまいります。また、県下のコロナウイルス感染状況を見ながら、児童生徒の安全・安心を第一に考えます。

 児童生徒、保護者、地域の方々、病院や福祉・労働等関係機関の方々、教職員がワンチームとなり、 「笑顔で、明るく、元気よく」、感謝の恩返しができる学校を目指してチャレンジしていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

  令和3年4月

石川県立七尾特別支援学校長 道下 雅美