日誌

歳時記2
1234
2019/11/13

福祉系列交流会

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
今週、福祉系列で2回の交流会を行いました。

11月12日(月)2年生
近隣の施設、動橋ひまわりの家に訪問しました!
施設の交流は初めてで、緊張する様子が見られました。
しかし、利用者様の笑顔に助けられ緊張をがほぐれていきました。



活動は名札づくりを行いました。
何度も紙に書き、覚えようとしてくださいました。
継続して、交流を深められるようにがんばっていきたいですね。



11月13日(水) 3年生
リハビリ友の会のみなさんをお招きし、第2回グランドヤード交流会を行いました!



前回6月は加賀高校が優勝しましたが・・・
今回は、リハビリ友の会のみなさんが優勝しました!
勝負は真剣でしたが、全員で笑いながら楽しみました。



今年最後のグランドヤードの交流でした。
少し寂しさはありますが、またどこかでお会いできると嬉しいですね。
これからも元気に過ごしていきましょう!!
15:53 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/11/12

加賀ロボレーブ国際大会出場

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
11月9日(土)・10日(日)加賀市スポーツセンターにて
「加賀ロボレーブ国際大会2019」が開催され、本校コンピュータ同好会の生徒も出場しました。

結果は ラインフォロイングチャレンジ高校の部 7位でした。
来年はさらに上位を目指して頑張って欲しいです。

競技中の様子

今大会には、日本国内だけでなく中国や台湾からの参加チームも多く大変盛り上がりました。
ちなみに来年は7月に開催され、海外20か国から参加が予定されているそうです。
17:38 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/11/07

年金セミナー

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和元年11月7日(木)
3年生対象の年金セミナーを行いました。
「知っておきたい年金のはなし」として小松年金事務所より講習していただきました。

「まだまだ自分には関係ない」と思っている人もいますが、実は「国民の義務」なのです。

また、「老齢年金」だけに目が行きがちですが、まさかの時に受け取れる「障害年金」や「遺族年金」があることも覚えておきましょう。
10:54 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/11/01

DV予防啓発セミナー・選挙出前講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 管理者
令和元年11月1日(金)
DV予防啓発セミナーと選挙出前講座を行いました。
DV啓発予防セミナーは3年生を対象に「デートDV」について学びました。
石川中央保健福祉センター・石川県県民文化スポーツ部より講師に来ていただきました。

DVが起こる背景として、二人の関係が対等でなくなることが一因としてあります。
対等な関係をつくるために、「男らしさ」「女らしさ」にとらわれずに「人間らしさ」を大切にすれば良いそうです。

選挙出前講座は2年生を対象に、石川県と加賀市より選挙管理委員の方々に来ていただき、講習を受けました。

受付、投票管理者、投票立会人も生徒が行います。

自分の生活や将来のために、しっかり選挙権を行使して行きましょう。
15:36 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/10/28

【校長室より】防災について

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長

 「えっ!?またか?」先週10月25日、台風21号に伴う記録的大雨で千葉、福島で再び、河川の氾濫などが起こり、死者が出た。2週間前に台風19号により多くの県にまたがって死者80名を超える甚大な被害となり、復旧作業の途上であるのにもかかわらず、また起きた。さらに9月上旬には台風15号で千葉県を中心に大規模な停電や断水などの大きな被害を受けている。

 2ヶ月の間に3度の大きな自然災害が発生している。もやは「経験したことのない・・・」とか「○十年に一度の・・・」「記録的・・・」の文言は日常的になってきている。

 昨日、第14回加賀市総合防災訓練が山代中学校で行われた。地域の人たちが約1000人参加。本校からも山代中学校区に住む生徒を始め、福祉系列や吹奏楽部の生徒が参加した。目的は自然災害発生時に「自ら何をすべきか考え行動できる」ように防災意識の高揚と知識の向上を図るためである。会場では防災備蓄品の展示・試食や応急手当訓練、防災グッズや段ボールベッド、ワンタッチパーテーション、木造住宅倒壊の模型などの展示が行われた。本校はハンドケアの実演を行った。外では応急給水訓練や地震体験車による体験が行われていた。

 加賀地区は比較的台風や大雨の影響が少ない。地震の影響も同様である。けれども、各地でここまで頻繁に自然災害が発生すると深刻に考えるものがある。いかに「自分ごと」としてとらえるか、がポイント。今回の防災訓練で意識が高まり、知識を身につけ、他を巻き込む力もつけてほしいものだ。

東日本大震災から8年。「避難所で活躍したのは高校生」と聞いたことがある。たのむぞ!加賀高生!
14:36 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
1234

日誌

歳時記
12345
2019/09/18

高校生のための手話講座①

Tweet ThisSend to Facebook | by 吹奏楽部
令和元年9月18日(水)
加賀市健康福祉部主催、高校生のための手話講座がスタートしました!
全4回、2・3年生がそれぞれ行います。
本日は、3年生の講義でした。

講師は石川県聴覚障がい者協会より、新田様
通訳は加賀市役所の佐藤様です。
1回目は聴覚障がいについてや挨拶・名前などを学びました。

生徒は緊張気味で声を出してよいのか、身振りではどう伝えるのか、悩んでいるようでした。
しかし、新田さんの手話や口の動きを見て、一生懸命学んでいました。


自分の名前の手話を教えてもらうときは、少し恥ずかしそうにしながら、おぼえようとしていました。




4回の講義を通して、少しでも聴覚に障がいのある方への理解が深まり、手話を使ってコミュニケーションが取れるようになってほしいと思います。
12345