H24.9.1以降

134121人目

聖城高校マスコットキャラクター

  
ひじりん   (やかんくん)
(やかんくん)はちゅうかんくん
とのコンビ名でした。
ちゅうかんくんです。
もっと登場の機会を・・・・・!
 

錦城山プロジェクト部の活動

錦城山プロジェクト部
2012/07/18

「モミの木・輪切り」プログラム(当日)

Tweet ThisSend to Facebook | by T校長
7月17日(火)やっとモミの木輪切の当日を迎えることができました。本当に長かった。学校の都合、地域のこと、天気予報等、実行までにはいろんなことがありました。このモミの木を見つけてから、4ヶ月以上が経過してしまいました。17時30分にモミの木のある竹林へ行ったところ、もうすでに、荒木さん(モミの木の持ち主、陶芸工房主催)、水口さん(製材所経営)、市田さん(大工市田経営)が準備をしていました。17時50分、生徒たちが集合しました。学校からここまで徒歩で7分くらいでしょうか。
全員が集まったところで、私がモミの木の輪切りについての説明とモミの木を切っていただく3人の方の紹介をしました。いよいよ作業開始です。7月9日(月)に3年生の西野くんと切る位置に印を付けてあります。モミの木は約18mです。3m間隔、6箇所で輪切りにします。
まず、木の中程を切ります。チェーンソーのエンジン音が軽やかに竹林に響き渡ります。直径60cmのモミの木が綺麗に切れていきました。ところが、もう少しで切り取れるというところで、チェーンソーが木の締まりで抜けなくなってしまいました。予想していたとはいえ、チェーンソーを抜き取るために、切断箇所の左右の大木を動かそうとしても、木は全く動きません。水口さんは別のチェーンソーを使ってモミの木の先端部寄りの中程に刃を入れました。みんなの力を借りて木を動かして、挟まったチェーンソーを取り出しました。その後、作業は順調に進みました。
切り取った木口を市田さんがカンナがけを行います。生徒もカンナがけに参加しました。綺麗になった面の年輪を数える生徒も見られました。時刻は夕方の7時過ぎとなり、当たりが陰げってきた頃に6片のモミの木の輪切りが完成です。ヤブ蚊に指されながら、途中のアクシデントを見事にクリアーして作業が終わりました。
切り取った6片です。これらの年輪を調べて、樹高と年輪からこのモミの木の成長曲線を作ります。また、年輪幅から特徴的な気候変動を調べます。できれば、錦城山にあるモミの木の樹齢を推測したいと思っています。



17:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/07/17

「モミの木・輪切り」プログラム(プロセス)

Tweet ThisSend to Facebook | by T校長
プログラム実行までの4ヶ月間のプロセスです。全くの偶然が幾つか重なり当日を迎えるまでの経過を報告します。
3月初旬、大聖寺錦町の竹林で伐採された1本のモミの大木を偶然に見つけました。錦城山にはモミの木が沢山あり、丁度モミの木の樹周測定をしていたので、この木を使った年輪測定が頭をよぎりました。すぐにこのモミの木の持ち主を捜したところ、持ち主は本校の陶芸講師の荒木実さんでした。 何と! 奇遇なことか。
3月28日(水)荒木さんにモミの木輪切計画の相談したところ、どうぞ好きなようにしていいですよとのことでした。そこで、以前から知っていた水口製材さんを訪ね、モミの木の輪切りをお願いしました。
新年度が始まり、錦城山プロジェクトの本格実施となりました。各グループの活動が活発となったために、モミの木輪切計画はいったん中断せざるを得ませんでした。
5月8日(火)再度、荒木さんと水口さんにモミの木輪切計画の確認をしました。計画では、全校生徒が参加。地域の人にも参加協力を呼びかける。1本のモミの木をチェーンソーで輪切にするという作業を通じて、プロのワザや準備等を学ぶというものでした。さらに年輪測定をしやすくするため、木口にカンナをかけてもらうことにしました。荒木さんの知り合いの大工・市田さんにお願いしました。
6月26日(火)をプログラム実行日としたのですが、6月12日(火)になって、当日不都合なことがわかり、予定変更となりました。
7月12日(木)実行日で案内を町会へ出しました。ところが、1日前になって、天気予報は90%で荒れ模様と予報。急遽、17日(火)へ変更しました。この日が実行可能な最後の日です。晴れますように!


17:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/05/21

金環日食とサギ

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
5月21日(月)今日は待ちに待った金環日食(石川県では90%の部分日食)の日です。朝6時からサギ山で日食とサギの行動変化を観察します。最大食になる7時30分を基準時刻として、その前後20分間隔での観察です。部分日食の%(明るさー照度計による)とサギの行動や鳴声(ボイスレコーダー)の記録です。最大食に近づくとサギの鳴き声は小さくなったと思います。また、うぐいすも鳴きやみました。詳細については、このあと照度計とボイスレコーダーを解析します。さらに、部分日食も十分に堪能することができました。
旧大聖寺川にかかる松島橋からの日食観察では、いろんな人に出会いました。この橋は通勤者の利用のために、車がひっきりなしに往来していました。また、錦城小学校へ登校する児童には日食サングラスで日食観察をしてもらったり、川沿いの桜の木漏れ日を通しての日食観察もしました。
 
 

21:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/05/09

キンラン開花

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
5月9日(水)、古場田先生からキンランが開花しましたよ、と連絡があったので、早速生徒と確認に行きました。「やった~!」とても感激しました。昨年の10月6日にキンランの保護策を設置してから、7ヶ月待ちました。本当にキンランが生育しているのか、今年芽を出してくれるのか、全く分かりませんでしたから、その清楚な姿を見たときには、待つことや保護することの大切さを感じることが出来ました。いとおしいという感じでしょうか。古場田先生も久しぶりに見たとのことで、キンランに魅入っていました。


20:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2012/04/17

樹木への名札

Tweet ThisSend to Facebook | by 校長
4月17日(火)、午後3時半に数名の生徒が集合できました。今日は古場田先生の指導で錦城山の樹木へ名札をつける作業です。
三脚を持って山道を登るのは、結構疲れます。樹木の名前と位置を確認することもかねています。


20:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)