ようこそ あなたは211800人目です
H26年7月よりホームページが変更になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

   朝のあいさつ運動のようす
 

アクセス

かほく市外日角小学校
住所:石川県かほく市外日角二52
TEL:076-283-0040
FAX:076-283-4321
 

日誌

新規日誌1
12345
2018/03/17

卒業式の祝辞

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
感動の卒業式が無事に終わりました。



お陰様で多数のご要望を頂きました。


祝辞の内容をもう一度聞きたいということです。


本当に有り難いことです。


お恥ずかしいところもございますが、


全文を載せたいと思います。




〈祝辞 全文〉


平成29年度、卒業式にあたり、お祝いの言葉を申し上げます。


卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。





小学校の6年間において、卒業生の皆さんは、


本当にたくさんのことを学んだはずです。


楽しかった事、嬉しかったこと、そして苦しくて辛かったこと。


そんな6年間を、ポジティブに過ごすことはできましたか?


日本一、ポジティブに過ごすことはできましたでしょうか。





どうでしょう。


日本一と言われたら、自分の気持ちに迷いが出た人が、


いたのではないでしょうか。





実は、この日本一という言葉には、秘密があります。


誰がポジティブ日本一を決めるのか。


誰と勝負して、ポジティブ日本一を目指したのか。





答えは、自分自身です。自分が日本一だと思えばそれでいいのです。





ポジティブに、重さや長さのような単位はありません。


ということは、ポジティブのように、


自分の思いや気持ちというものは、他人と比べられないものなのです。





自分自身が、


ポジティブかどうか、自信があるかどうか、勇気があるかどうか、


それは、人に決めてもらうものではなく、


まず、自分自身で決めていくことなのです。





卒業生の皆さんは、小学校生活の6年間を通して、


「君たちはどう生きるか」


の基礎と基本を学んだということを、決して忘れないでください。





その学びによって、


自分自身で考える力や

行動を決定していく力を

手に入れたはずです。





今の世の中は、頭の良い人だけが活躍できる世の中ではありません。


自分の意見を持ち、正しく主張し、周りと協力しながら行動出来る、


バランスの良い人が活躍できる社会になっています。


中学校へ進学したら、


今まで以上に、自分自身の言葉と行動に責任を持って、


頑張って頂きたいと思います。





そしてもう一つ、忘れてはならないのは、


ここまで育ててくれたお父さんお母さん、お家の方、


学校の先生方、地域の方々に、


「感謝」の気持ちを持つ事です。





そして、感謝の恩返しを必ずしてほしいと思います。





感謝の恩返しとは、


お家の人の言う事を聞くとか、

将来面倒をみるとか、

自分の稼いだお金で旅行につれていくとか、そんな事ではありません。





感謝の恩返しとは、


自分がしてもらったことを、

次の世代に同じようにしてあげること。


なのです。





例えば、5年前、今の卒業生たちが1年生だった頃、


最上級生の6年生にたくさん面倒をみてもらったと思います。


そして自分たちが6年生になった今年一年間、


下級生たちの面倒を一生懸命になって見てくれていたのを、


みんな知っています。

それこそが、自分たちが1年生だった頃の、
6年生への感謝の恩返しなのです。


お父さんお母さんへの感謝の恩返しは、


いつか自分が親になった時、自分の子どもを心から愛して、


大切に育てることです。





先生方への感謝の恩返しは、


自分の学んだ事を、たくさんの人に教えてあげることです。








地域の人への感謝の恩返しは、


自分が地域を守れるような人間になって、


次世代の子どもたちを守っていくことです。





それは、何百年も何千年も昔から、


感謝のリレーとしてずっと続いていたものです。


みんなも、しっかりとそのバトンを受け継いでいるということを、


忘れないでください。





最後になりますが、


そのバトンをしっかりと我が子のために、受け継いでこられた、


保護者の皆様、


様々な御苦労と戦いの日々の連続だったと御察しいたします。


しかし、そんな御苦労も吹き飛ぶかのような、


大きく成長した卒業生を目の当たりにして、


大きな感動の日を迎えられたのではないかと思います。


あらためまして、本当に、おめでとうございます。





そして学校の先生方、PTA活動に携わった方々、


地域の方々の、支えがあって、


今日の日を迎えることができました。


感謝ともに御礼申し上げます。





人生の幸福は感動の数で決まります。





PTA会長として、ひとりの保護者として、


外日角小学校の今年度の卒業生から、


たくさんの感動をもらいました。


卒業生の皆さん、本当にありがとう。





君たちが、


さらに大きく成長し、幸せな人生を歩めるよう、


心から期待し、


お祝いの言葉とさせて頂きます。





平成30年 3月16日  


PTA会長 今本 誠和



15:30 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 今日の出来事
2017/06/23

折り合いをつける

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
先日、PTAの役員会・常任委員会が行なわれました。
四月の発足以来、役員をはじめとした委員の皆様に、たくさんのご協力をいただいております。
ありがとうございます。

さて、その時に出たお話をひとつ。

今月10日に行なわれたエンジョイホームの話から、兄弟がいる家庭内において、
「どの講座を希望するかで、もめるようなことがあった。」
と事例報告がありました。

それを聞いて、即座に、
山下校長先生が、
「素晴らしい!折り合いをつけることを学んだのではないですか!?ありがとうございます!」
と、返答されました。

『折り合いをつける』
という事は、日常生活の中において、
数多く出会う事でしょう。

何の講座を受けたい?
今日の晩御飯は何にする?
宿題はいつするの?
旅行の行き先は?
将来の夢は?
・・・などなど。

家庭内においても、
学校生活においても、
話し合いで何かを決めるという場は多く、
それは、
大人になって社会に出てからも、
その話し合いの力はとても大切です。

その話し合いの場で、
お互いの主張が向かい合った時に、
解決に向かうための方法のひとつが、
『協議と妥協』
と言われています。

それを、わかりやすく言い換えたのが、
山下校長先生のおっしゃる
『折り合いをつける』
という事なのです。

協議も妥協も無ければ、
それは支配であり、命令です。
子育てにおいて、自分の子どもを私物化してしまっては、
子どもが伸び伸びと育つはずはないのです。

あらゆる経験をさせることにより、
小学生である子どもたちの成長を支援するために、
『衝突』や『対立』から逃げていては、大きな成長のきっかけを逃してしまいます。

『衝突』や『対立』をポジティブに言い換えると、『協議』という言葉になります。
その話し合いの場をたくさん持ち、
最終的には、お互いの妥協点を見つける。
とても難しいですが、とても大事です。

山下校長先生は、
『折り合い』をつけて、エンジョイホームに参加した兄弟の成長を大いに喜んだのです。
そして、その体験を話してくれた事に感謝したのです。
私はそう感じました。

『折り合いをつける』ために必要なこと。
それは、
相手の立場に立って考え、
相手を思いやる、

『優しさ』

だと思います。

来月には、
コミュニケーションウィークが実施されると聞いています。

ご家庭において、
『折り合いをつける』
という事について、
話し合ってみるのも良いかもしれませんね。
16:30 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0) | 今日の出来事
2017/06/16

エンジョイホームについて考える

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
先日のエンジョイホームから、早くも一週間が経ちました。
素晴らしい講座が目白押しで、運営に関わった全ての方々に感謝申し上げます。

さて、このエンジョイホームは、かほく市が推進するコミュニティスクール事業のひとつです。
コミュニティスクール(通称コミスク)については、案内もあった通り目的や内容についてご存知の方も多いと思います。
もしも、コミスクって何?と思われる方は、かほく市のホームページをご覧になって下さい。

この、コミスク。
そして、エンジョイホーム。
体験してみて如何だったでしょうか?
楽しかったり、初めての経験をしたり、頭や体を使ってたくさんの学びを得たりと、普段の学校生活では得られないような体験をしたはずです。

この経験は、何に生かされるのでしょうか。

まずは、地域の方や運営に携わった方々に感謝の気持ちを持てるという事です。
本当に一生懸命にPTA学年部の部長さんをはじめ、たくさんの方が何ヵ月も前から準備してくれていたのを側で見させて頂きました。
子供達にもきっと伝わっていると思います。
たくさんの協力者がいるということを知ることは、未来への明るい希望を生み、そして次は自分が他の人のために何かできる人になるきっかけとなったはずです。

また、エンジョイホームの講座は、たくさんある中から、ひとつしか受けられませんでしたね。
中には第一希望が叶わず、第二、第三希望の講座に参加した児童もたくさんいました。
ここでご理解頂きたいのは、第一希望の講座を受ける事がエンジョイホームの目的ではなく、子供達の将来にとって、無限にある新しい世界への扉のひとつを覗かせることです。
今回は親子での参加も多かったはずです。
これからも、子供達に色んな経験をさせてみようと思った親御さんも多かったのではないでしょうか。
これを機に、子供達の無限の可能性を探るきっかけ作りの大切さを再認識してもらえれば、エンジョイホームは大成功だったと思います。

他にもたくさんの目的があるはずですが、
その目的を考えて頂ければ幸いです。

PTAはこれからも色々な取り組みを行っていきます。

「なぜこんなことをするんだろう?」
「なんのためにするんだろう?」

必ず目的があります。
必ず意味があります。

これからも、
子供達に関わる保護者、先生、地域の人で、
意思疎通を図りながら、
子供達の明るい未来に、プラスのきっかけを与えられますように。
ご協力頂きたいと思います。


06:00 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/04/28

ご挨拶

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
みなさんはじめまして。
PTA会長の今本と申します。
4月26日のPTA総会を持ちまして、
正式に会長となりました。
1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

さて、
はじめましてのご報告にはなりますが、
既に29年度のPTA活動は、
引継、計画、協議、準備と、
活動が活発化しております。
役員の皆様をはじめ、学校職員の先生方、保護者の方々、地域の方々のご協力のもと、
スムーズに始動できております。
この場をお借りして御礼申し上げます。

私は、PTA総会での山下校長先生のお言葉にあった、
『学校と家庭は車の両輪である。』
と言う事を常に意識していきたいと考えています。

その為に、PTAの役割は、その両輪を上手く回すための繋ぎのパーツ(シャフト)でなければいけません。
歪みなく、真っ直ぐに、折れない極太のシャフトであり続けるために、
開かれたPTAという組織の運営を目指します。

『何でも話し合える関係を大切に。』

まずは、相互理解です。
普段のPTA活動について、
ご存知のない方も多数いらっしゃるようです。
ぜひ、PTA の活動に興味を持って、少しでも目を向けていただけると幸いです。
このサイトのPTAだよりも、
その様な情報発信の場になるように心がけてまいります。

ご意見、ご相談等あれば、
遠慮なくご連絡ください!
10:15 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0) | 報告事項
2017/04/16

静かに始動、アサギマダラプロジェクト

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
昨年から始まった、コミュニティ・スクール事業。
市内の小・中学校が思考を凝らし色々な取り組みをしています。
我が外小では主に四つの取り組みをしています。

1.挨拶運動
2.読書活動の充実
3.グラウンド・ゴルフ
4.環境について考えよう

4番目の「環境について考えよう」に関わることを個人的に行ってみました。
アサギマダラという旅をするチョウを軸に、環境について考えるのですが、
昨年は秋に咲くフジバカマを学校に植えました。
この植物は秋に南下するアサギマダラを呼ぶための植物なのですが、
私は、春に北上してきた時に呼ぶ植物「スナビキソウ」を栽培しました。
昨年、たまたま引っこ抜かれたスナビキソウを海岸で見つけ
ちょうど良かった!と持って帰り植えた所、上手く根付きました。
ただ、冬になり茎も枯れてしまい、来年は無理かな?と諦めていたところ…



枯れた茎付近からスナビキソウの葉によく似た芽がいくつも顔を出しました。
そういえば地下茎で増えるんだったかな?
外に出ていた茎は枯れても地面の中の茎は生きていた!
沢山増えたら学校にも植えよう。
17:23 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0)
2017/04/11

始動開始

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
入学式も終わり、外小っ子達も本格的に学校生活が始まりました。

時を同じくして、
いつもなら卒業式辺りに始動開始する奴が、
ようやく動き始めました。



暖かい日が続いた先週末にようやく起きたようで、まだ眠そう(笑)
桜の開花もちょっと遅めでしたので、今年は寒い春だったのでしょう。
そういえば、最近何となく春と秋が短く感じます。

始動開始といえば、4月7日から、西田幾多郎哲学館でライトアップが始まりました。
遠くから見ると、紫っぽい光が転々と輝いていたので行ってきました。



遊歩道がライトアップ
これは夜の散歩も怖くない。今なら桜も見ごろです。
でも、遠くから見たのと違うな~。

と迷いながら歩くと見えてきました。



そう、これこれ。
なんだかウニが転がっているようにも見えますが(笑)
色も変わる仕様で、時間や季節によっても変わるそうな。

帰り際空を見上げると、満月並みの月明かりに負けじと
冬の大三角形が輝いていました。



さあ、平成二十九年度も始動開始です。
00:23 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2017/03/25

春の訪れ

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
卒業式が終わってもまだ肌寒い日が続きますが、
生き物たちはすっかり春の生き物に代わりました。

大空高く囀る様子はよく見るヒバリ。
地上に降り立った姿をあまり見る事がなかったのですが、
たまたま近くに降りてくれました。



様々な小鳥の囀りが聞こえてくると、今度は桜が待っています。
11:18 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2017/03/09

銀河鉄道

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
夜空を見上げると…



えっ!?
銀河鉄道!!!

6年生はもうすぐ新しい旅に出発ですね。
再び始まるドラマを素敵なものに仕上げてください。
やすらぎよりも素晴らしいものに気づくことでしょう。

うん?何だか聴いた事あるフレーズだ。

中学生になったら、とにかく
青春の真っ赤な血を燃やせ!

これも聞いたことある(笑)


ちなみに画像の銀河鉄道の正体は、国際宇宙ステーション(ISS)です。
ある意味、終わりのない旅に連れ出してくれる銀河鉄道なのかも。

09:09 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)
2017/03/03

ベニマシコ

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
三月に入り、日中は暖かい日も出てきました。
色々な小鳥のさえずりも聞こえてきます。
そんな中、初めて見る鳥を発見しました。
ベニマシコです。漢字で書くと紅猿子。
顔が赤くて猿の顔ようなので紅猿子なのでしょうか?



まだまだ知らないことが沢山有ります。
日々勉強ですね。
00:31 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2017/02/28

8760時間

Tweet ThisSend to Facebook | by soto0
水平線に沈むオリオンを眺めると、
「冬が終わるんだな~。」
と感じます…




本当か?

今までそんな事想ったこともありません(笑)
ただ、冬にオリオン座を撮り始めて、
いつも見えていたものが見えなくなると
また、新たなものが見えてくると
「季節の変わり目なのだな~」と最近感じるようになりました。

カモやハクチョウ達も順次北の方に旅立って、
野鳥も冬の鳥から春の鳥に変わろうとしています。
草木も芽吹き始めました。
きっともうすぐ昆虫たちも出てくることでしょう。
6年生は次のステージに旅立つ時がやってきます。
そしてまた新たなメンバーで新年度を迎える。
一年とは短いものですね。
365日、時間にすると8760時間。
1日9時間睡眠だと、活動時間は5475時間。

一時一時を大切に使わないとな~。
08:30 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345