校訓
やさしく かしこく たくましく
校章



内灘砂丘に咲く町花のハマナスと荒々しい日本海、
河北潟の波涛そして優雅な帆を広げ夢のある輝かしい未来へ向かって漕ぎ出す帆船をモチーフにし、
白帆台小学校の力強く心豊かな知恵ある子どもたちを表しています。
校歌
内灘町立白帆台小学校 校歌
                 作詞作曲 北方寛丈
 
新たな時を告げる 鐘が鳴る
河北潟に映る 朝の光
希望に染まる 日本海
空に理想高く 輝き満ちて
風よ 白帆に吹け
チュウヒのように 進んでゆけ
波よ 世界中へ
信じ合える友を乗せて
澄み渡る晴れた心で
今日も生きる
 
遥かな時を超えて 守り抜く
権現の森には 命あふれ
砂丘の軌跡に 想い馳せ
今は私たちが歴史を創る
風よ 白帆に吹け
針が示す 道を拓け
波よ 世界中へ
永遠(とわ)に響け 願い乗せて
美しき我が学び舎で
今日も生きる
 
ああ きらめく未来
白帆台小学校
 
JASRAC許諾第E2006053663号
沿革
平成30年 4月 1日 開校
平成31年 4月 1日 イングリッシュルーム設置
令和  2年 4月 1日 通級教室「ひまわり」開設
学級編成
児童数:388名
職員数:  32名
学級数:  14学級     (令和2年度5月1日現在)
教育目標と教育方針
<学校教育目標>
    心身共に健康な児童の育成 ~5年後10年後の人づくり~

<めざす児童像>
 徳  相手の心を思いやる子
 知  自ら考え、表現できる子
 体  目標を定め努力する子

<研究主題>
  自ら考え、伝え合う子の育成 
  ~全員が考え、深め合う授業をめざして~