PTA会長挨拶(2019.05.13更新)
PTA会長 村田 直之

 本年度石川県立輪島高等学校PTA会長を務めさせていただきます、村田直之です。会員の皆様には日頃よりPTA活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。
 奥能登地区における少子高齢化は今後益々厳しくなり、輪島市内の中学校の卒業生も減少していくことが予想されます。このような状況の中で、輪島高校が能登地区の中心校として更に発展していくためには、進学や就職での実績を今以上に積み上げ、市外からの入学希望者も増加するような、魅力ある高校となる必要があります。
 生徒たちを取り巻く環境は、私たちが高校生であったときと比べると大きく様変わりしています。生徒の心身は一見変化のないように見えても、私たちには見え難いところで様々な媒体から多くの情報を受け取っているため、簡単に理解したり調整したりできるものではなくなってきているようです。この表面上は見え難い些細な変化に気づき、生徒一人ひとりが希望あふれる未来を思い描けるよう支援していくのが、私たちの役目ではないでしょうか。輪島高校に通う生徒たちが後悔することなく充実した高校生活を送ることができるように、PTAも活動していきたいと考えております。
 最後に、輪島高校発展の一助となるよう、今後一年間PTA会長として微力ながら精一杯努めさせていただきますので、皆様のご協力を心からお願いいたします。