校章 校歌
 
校章について校章
 校章は金城大学美術学科教授の東田修一さん(津幡町領家)のデザイン案から選考されました。
南中を中央に配置し、南の漢字には、透き通った空に輝く星をシンボライズしています。
両側の羽根は河北潟に浮かぶ白鳥の翼をシンボライズし、限りなく飛翔していく南中を表しています。
青い空と清らかな水と自然を表すブルーと南中の情熱を象徴するレッドを使用しています。
 
校  歌 
               作詞  大 竹 敏 雄             作曲   竹    田  輝 一
 
          一   緑に映える 丘陵がある        
          白鳥泳ぐ 潟がある
          豊かな自然に 包まれて
          三年を過ごす 学び舎は
          津幡南中 わが母校
 
                                 二   笑顔をかわす 友がいる
                               心に残る 友がいる
                               新たな歴史を 積み重ね
                               明るく集う 学び舎は
                               津幡南中 わが母校
 
                                                 三   空まで響け 若い歌
                                                      世界に 届け若い声
                                                     希望に燃えて たゆみなく
                                                     個性をみがく 学び舎は
                                                     津幡南中 わが母校  
 
    校歌の歌詞は大竹敏雄さん(北横根)の作品が入選し、作曲を竹田輝一(南中条)依頼して校歌が完成しました。
はるかに宝達山を望み、大きな希望と活力溢れる津幡津幡南中学校生徒の姿を意識して、豊かな自然と笑顔を交わす友人、
そして、深き愛に満ちた先生方の指導により、声高らかに元気よく歌えるように作曲してあります。