学校名・住所    人文字 TEAM羽工 校舎 
 

建築コース

 

 1年次はコースに所属はしません。建設造形科で「工業技術基礎」「情報技術基礎」「地球環境化学」を工業の科目として学習します。 「工業技術基礎」では、各コースの基礎基本を学びます。

 2年次から自分の専門を決めるための大切な授業になります。建築コースでは、図面を描くための基礎(製図文字の練習。線の種類や太さの練習。図形を描く。簡単な図面を描く)を学びます。 2年次は専門教科として「建築構造」「建築計画」「建築構造設計」「製図」「実習」を学習します。「製図」では、トレースを中心に図面の描き方、読み方を勉強します。また、CADを使った図面も描きます。「実習」では、木工実習を中心に行います。令和元年は橋本建具製作所の中島先生を招き、1学期は道具(のこぎり、のみ、かんななど)の使い方・手入れの仕方を学び、印の仕方・木を切る・木を掘ることを練習します。2・3学期はそれを基礎とし、作品を作ります。

建築1

 3年次は専門教科として「建築構造設計」「建築施工」「建築法規」「課題研究(総合的な探究の時間)」「実習Ⅰ」「実習Ⅱ」があります。 平成30年度の「課題研究」では「コンペ班」と「木工班」に分かれて行いました。 コンペ班では、与えられたコンペ課題に挑戦し、オダケホーム北陸の家設計コンペで奨励賞を受賞しました。 木工班では、ものづくりマイスター中村さんから指導を受け、ものづくりコンテスト木材加工部門に挑戦し、見事北信越大会に進出しました。またテニス部に依頼された木製ベンチの製作や木製おもちゃを作り保育所に寄付しました。

建築2

 毎年恒例となっているエコスタディーゾーンのメダカ池の清掃も行います。 建築物などは出来上がって終わりではなく、長く使い続けるためにメンテナンスが必要です。


資格・検定取得

全員受験情報技術検定、危険物乙種4類、コンピュータサービス技能評価ワープロ、基礎製図検定、建築CAD検定、2級建築施工管理技術検定(学科) など
希望者受験危険物乙種1・2・3・5・6類、ボイラー技士、小型車両系建設機械運転特別講習、福祉住環境コーディネーター、技能検定建築大工(大工工事作業)、品質管理検定 など
電気工事士レタリング検定POP検定色彩検定などの受験資格の要らない資格も、自由に受験できます。

1級建築士への道
建築士法の改定により、卒業後実務経験無しで2級建築士学科試験が受けられようになります。(詳細は各自でお調べください)高校卒業後3年の実務経験を経て、2級建築士実地試験が受けられます。2級建築士取得後実務経験4年を経て、1級建築士の受験資格が与えられます。学科試験、実地試験に合格し、登録申請をすれば「建築士」の称号が与えられます

施工管理技士への道
この資格は、下請負への支払金額が3500万円を超える「公共性が高い建築物」の工事で、現場管理をする際に必ず必要となります。高校卒業後、3年間の実務経験を経て実地試験を受けられます。合格後4年の実務経験を経て1級建築施工管理技術検定の受験資格が得られます。大きな建築物や公共性の高い建築物の施工管理をする場合は、必ず必要です。「施工管理技士」を目指して、本校で学習しましょう。


進路

就職先・進学先

本校ホームページをご覧ください。

◆戻る