教育目標・教育方針
 
(1) 教育目標 「創造性豊かで,頼もしい人づくり」
                                          
          【めざす児童像】                                                     
             ① 互いに 学び合う子                                           
             ② やさしく  助け合う子                                            
             ③ 健康で命を大切にする子                                         
             ④ 地域を大切にし礼儀正しい子
                                        
         

(2) 教育基本理念

      『人財育成:教育は人づくり』 ~すべては未来を拓く子ども達のために~

 【重点事項】
 ・お互いに学び合う子どもたちに
 ・大きな声で挨拶し,自分を表現できる子どもたちに
 ・友だちの良さを見つけ合い,協力し合える子どもたちに
 ・自分を知り,よりよい自分に挑戦する子どもたちに

(3) 学校経営方針(本年度の重点目標)
 ◇主体的に活動しようとする姿勢づくり
  ①各教科や道徳,特別活動,その他日常生活を通,基本的な生活習慣の確立と良好な人間関係づくりをすすめる。
  ②活動の成果を「見える化」することで、児童の自己肯定感の高揚を図る。
  ③生徒指導の機能をいかした「プラスの指導」で自信をつけさせ,次への意欲につなげる。
 ◇学力の向上
  ①「対話的,主体的で深い学び」の視点から授業改善に取り組み,教師の授業力の向上を図る。
  ②キャリア教育の充実を図り,将来への目標を持って学習に向かう子どもを増やす。
  ③短いサイクルで理解度や定着度,家庭での学習の様子を検証し,弱点の克服に努める。
  ④必要感のある予習に重点的に取り組むことで家庭学習の質的向上を図る。
  ⑤特別支援コーディネターを中心に,全職員で支援を要する児童自身ができることを増や
 ◇職員の協働体制の確立
  ①学校教育ビジョンを通して、教育公務員としての使命感の高揚と組織としての結束を図る。
  ②全職員でカリキュラムマネジメントを行い,問題点の解決に向け組織として全力で取り組む。
  ③校内研修に全職員が主体的にかかわることから,職員の能力の開発や人財育成を図る。
  ④常に子どもに活力を与えることを共通理解し,学校閉庁日,定時退校日の適切な設定並びに業務の効率化を共通認識し,心身ともに健康な状態で子どもに
   接することができる職員組織を作る。
 ◇地域連携と貢献
  ①地域人材を活用した授業実践に取り組むまた、地域の行事や文化を教育課程にいかす。
  ②活動の様子や成果と課題,改善策をタイムリーに発信することで,学校評価システムの充実を図るとともに,地域の協力を得やすい環境作りをすすめる。
  ③中学校との連携を強化するとともに,9年間の系統的な指導体制を実現させる。
教育目標及び教育方針HP用.pdf
  
  

 

鳳至小学校の主な概要
   主な沿革 
明治6年 輪島小学校創立
明治9年 鳳至小学校創立
大正2年 現地にて新築移転
昭和30年 輪島小学校が鳳至と河井に分離
昭和48年 校舎新築(現校舎)
平成8年 文部省「豊かな心を育む教育推進実践研究指定校」
平成9年 舳倉島分校は鳳至小学校舳倉島分校となる
平成25年 大規模耐震工事
 能登有料道路が無料化となり「のと里山海道」となり,また,能登半島が「世界農業遺産」の指定を受けてから,輪島の朝市,千枚田,伝統的な祭りなどが脚光をあびている。
 輪島漁港のふもとで栄えた輪島市鳳至町に位置し,保護者には漁業関係者が多く,舳倉島を中心に海女で活躍している母親や祖母にもつ子もいる。
 現在(令和元年),全校児童数が218名が在籍している。