カウンタ
2 3 8 8
お知らせ
お知らせ
研究発表会国語科学習指導案
平成28年度学校研究関係
平成27年度学校研究関係
平成26年度 研究の概要

 1 研究主題
     「確かな学力を身につけ,主体的に取り組む子の育成」
      ~根拠や筋道を明確にして,自分の言葉で説明する力をつける授業をめざして~
 
 2 主題設定の理由(概略)
 
 
 本校の児童の実態は、家庭学習や自主勉強をがんばる児童が増えてきており教科の学習では,工夫しながら見開きでノートを使うようになってきている。一方で,基本的な学習規律は身についてきているが「きくこと」の意識は弱く,相手を意識した聴き方は十分ではない。昨年度の「説明の順序を使って説明したり,書いたりする」取り組みの結果,学力テストにおける記述式問題の正答率が少しずつ向上している。しかし,自分の言葉で説明したり,式と図・表などを関連させて説明したりする力は十分とはいえない。
 
 
 
 わかりやすく効率よく意欲的に子どもたちが学習できるよう,昨年度に続き算数科に重点をおいて「教えて考えさせる授業」の構築に取り組み,学習への達成感・充実感を高めるようにしたい。さらに,ペアで説明したり,全体の場で自分の考えを簡潔に説明したりする活動を充実させ,友達や既習事項とかかわりながら,学びの自覚をもって主体的に取り組める子の育成を目指す。
 
 3 目指す児童の姿
  ・基礎的・基本的な知識・技能をしっかり身につけている子
  ・学んだことをもとに自分の考えを説明したり書いたりできる子
 
 4 研究の仮説
①「教えること」と「考えさせること」を明確にした授業を進めれば,基礎的・基本的な知識・
 技能の定着がはかれるだろう。
②ペア学習を含めた説明活動を充実させることで,自分の考えをわかりやすく説明したり書
 いたりできるようになるだろう。
 
 5 具体的取り組み(主なもの)
 
授業づくり 基盤づくり         体制づくり
・鳳至スタンダードを意識し
 た指導
・ノート指導の充実,板書計画
・「教えて考えさせる授業」の充実
・4,5,6年生の習熟度別少人数指導
・学習の準備,学習規律 の徹底
・年3回の全校テスト実施
・「授業研究部」「学習環境部」
「読書 活動部」の3部会の設置
・校内授業研究の充実
・外部講師を招いての研修
 
学力向上プラン