令和2年度、学校経営ビジョン

 

2020年度輪島市立鳳至小学校 学校教育ビジョン

 

  1 教育目標

    創造性豊かで,頼もしい人づくり


  2 めざす児童像,教師像,学校像

      めざす子どもの姿    

    ①お互いに学び合う子         【知】

              ②やさしく助け合う子         【徳】  自ら考え行動する子ども

              ③健康で命を大切にする子     【体】

        ④地域を大切にし 礼儀正しい子【郷土愛】             

         目指す教師の姿      

              ①児童を鍛え抜き,励まし抜き,守り抜く教師  信頼される教師

               研鑽,協働,改善を旨とし,児童の意欲を引き出す教師

               保護者の信頼を得,保護者と連携し,地域活性化の一翼を担う教師 

        目指す学校の姿      

              ①子どもが主体的に活動できる学校
        ②学力が向上する学校
    ③職員,児童ともに協働できる学校   地域貢献できる学校

            ④地域とともに歩む学校                             

 

 3 教育基本理念 

   『人財育成 : 教育は人づくり

         -すべては未来を拓く子ども達のために- 』                                             

           ・児童には,仲間と学び合い,切磋琢磨しながら知識や技能を磨き上げ,社会で活用できる能力を身につけさせる。                                            

   ・教職員は,児童一人一人の無限の可能性を伸ばすための研鑽を積み,情熱を持って
        教育活動を前進させる。                                

 

  4 重点事項
  ☆お互いに学び合う子どもたちに
  ☆大きな声であいさつし,自分を表現できる子どもたちに
  ☆友だちの良さを見つけ合い,協力し合える子どもたちに
  ☆自分を知り,よりよい自分に挑戦する子どもたちに

   
  主体的に活動しようとする姿勢づくり

      ・各教科や特別活動,その他日常生活を通し,基本的な生活習慣の確立と良好な人間関係づくりをすすめる。

      ・活動の成果を「見える化」することで,児童の自己肯定感の高揚を図る。

    ・生徒指導の3機能を生かした「プラスの指導」で自信をつけさせ,次への意欲につなげる。 

  ② 学力の向上

      ・「主体的,対話的で深い学び」の視点から授業改善に取り組み,教師の授業力向上を図る。

      ・キャリア教育の充実を図り,将来への目標をもって学習に向かう子どもを増やす。
      ・短いサイクルで理解度や定着度,家庭での学習の様子を検証し,弱点の克服に努める。
      ・「予習レシピ」を活用し,授業準備につながる予習に重点的に取り組むことで学びを深める。
      ・特別支援コーディネーターを中心に,全職員で支援を要する児童自身ができることを増やす。 

   ③ 職員の協働体制の確立
   
   ・学校教育ビジョンを通して,教育公務員としての使命感の高揚と組織としての結束を図る。
      ・全職員でカリキュラムマネジメントを行い,問題点の解決に向け組織として全力で取り組む。
      ・校内研修に全職員が主体的にかかわることから,職員の能力の開発や人材育成を図る。
      ・常に子どもに活力を与えることを共通理解し,学校閉庁日,定時退校日の適切な設定,並びに,
        業務効率化を共通認識し,心身ともに健康な状態で子どもと接することができる職員組織をつくる。

   ④ 地域連携と貢献

      ・地域人材を活用した授業実践に取り組む。また,地域の行事や文化を教育課程に生かす。
      ・活動の様子や成果と課題,改善策をタイムリーに発信することで,学校評価システムの充実を図るとともに,
        地域の協力を得やすい環境作りを進める。
      ・中学校との連携を強化するとともに,9年間の系統的な指導体制を実現させる。