ブログ

R6

テニス部が全中と北信越大会出場獲得!

6日に行われた県大会で、ソフトテニス部男子が優勝、女子が三位となり、それぞれ全中と北信越大会の出場権を得ました。

男子は創部3年目での初優勝です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全中=全国中学校体育大会は、本来ならば北信越ブロックの大会で決勝まで行かないと出場権がありません。

ですが今回の全中は、石川県で行われることから、開催県枠で県1位の学校に出場権が与えられるのです。

男子がこの大会にかける意気込みは、相当なもの。優勝の喜びもひとしおでした。

選手も保護者も監督も号泣したあとの1枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学校生活には様々な場面がありますが、部活動でしか味わえない喜びの瞬間があります。

このときばかりは、今までのつらい練習や仲間とのトラブルやスランプや不調などがすべて吹き飛んでいく瞬間でもあります。部活動の縮減や地域移行が進む中で、部活動の良さを再確認する機会でもありました。

来週から柔道・剣道・バドミントン・水泳の県大会が。陸上は通信大会が。吹奏楽は県のコンクールがあります。

テニス部に続く活躍を期待します。

新聞にも大きく載りました

 

南極の氷が届いた! 

自衛隊石川地方支部より、南極観測隊が採取した、「南極の氷」が届きました。

人が住むことができない大陸上に、何万年、何十万年もの間に降り積もって圧縮された氷が届けられました。

自衛隊の活動を知ることとともに、「未知の大陸」からの氷の感触を楽しんでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「生き物も植物も育たないところなので、不純な物質は入らないので、理論上は飲めます」とのことですが、微細なウィルスの混入も考えられるので、飲まないことを推奨している、とのことです

氷からは気泡が出る音が聞こえます。何万年も前の地球の空気が発せられています。

太古の空気の音が聞こえます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月3日(水)の北國新聞に掲載されました