学校長あいさつ

 

                石川県立錦城特別支援学校のWebページをお訪ねいただき、ありがとうございます。

  
                                                         
 
 

本校は、石川県加賀市に所在する市内唯一の特別支援学校です。昭和26年開設の石川県立錦城学園の施設内学級がその始まりで、昭和54年4月に石川県立錦城養護学校として開校しました。同時に国立療養所石川病院アカシア病棟の児童生徒を対象に石川病院分教室を開設、更に在宅訪問教育もスタート、平成22年4月には石川県立錦城特別支援学校に校名変更し、現在に至っております。

 

 知的障害のある児童生徒の教育を担う養護学校としてスタートした学校ですが、近年は知的障害のみならず、肢体不自由のある児童生徒も在籍し、一部の生徒は医療的ケアを必要としています。今日までに、多くの関係者や地域の皆様のご尽力により、現在地に校舎、体育館、屋外プール、生活体験棟「ひだまりの家」等の施設設備が整備されてきました。また、令和元年度には校舎の大規模改修工事が行われ、より明るく快適に過ごすことができるようになりました。

 

今年度は小学部15名、中学部11名、高等部25名、訪問教育2名(小学部1名、中学部1名)、分教室3名(小学部2名、高等部1名)の56名が在籍しております。一人一人の教育的ニーズに応じるため、個別の教育支援計画や個別の指導計画のもと小学部・中学部・高等部の一貫した教育を行っております。地域との連携を深め、学校間交流や就労を見据えた就業体験実習をはじめとする教育活動を展開するほか、よさこいソーラン「錦城RUN舞」の活動を通して、より良い社会参加・貢献を目指す豊かな人間の育成に取り組んでおります。昨年度から続く、新型コロナウイルス感染症に対応するため、行事や活動は縮減することも多いですが、可能な範囲で経験を増やし、学びを積み重ねていけるよう工夫していきます。また、GIGAスクール構想へのとりくみにもチャレンジし、個別最適化した教育に向けて、ICT活用を進めていきたいと思います。

 

「錦城スマイル!」・・・ホッとする笑顔、嬉しい笑顔、やり遂げた笑顔など、児童生徒・卒業生の素敵な笑顔が見られるよう心を込めて指導支援にあたりたいと思います。また、特別支援教育の充実が求められる中、本校も専門相談員派遣等を通して、地域の特別支援教育のセンター的役割を更に果たしていくよう努めます。

 

 校訓の「仲よく」「明るく」「元気よく」をモットーに、教職員一同、児童生徒に寄り添った教育活動に努めて参りますので、地域や関係の皆様、保護者の皆様のより一層のご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

          令和3年4月   石川県立錦城特別支援学校

                     校 長 櫻 田 育 子