校内外の活動記録

校内外の活動記録

対面式・部活動紹介

4月9日、生徒会と新入生の対面式ならびに部活動紹介が行われました。部活動紹介では、運動部、文化部の6組がダンスや和太鼓の実演など、それぞれが工夫を凝らしてアピールをしました。新入生は楽しそうな雰囲気に和らいだ表情を見せていました。今回参加しなかった部活動については、来週以降各教室で紹介動画を流す予定です。4月16日(金)まで体験入部がありますので、新入生は積極的に体験し、3年間打ち込める部活動を見つけてほしいです。

令和3年度入学式

4月8日(木)、令和3年度入学式が行われ、106名(男子55名、女子51名)が新たに輪島高校の仲間となりました。式では上野校長が、「『誠実・覇気・努力』の校訓を胸に新入生の皆さんが自分の夢を、花を咲かせることを祈念します。」と新入生への期待を述べました。これに対し、新入生代表の田中ゆあさんは「現状に甘んじることなく仲間とともに高め合い夢に向かって努力し続けます。」と力強く宣誓しました。

学年別後期球技大会

3月11日,12日、学年別後期球技大会が開催されました。

 

新型コロナウイルス感染症予防のため、学年別に開催日を設けて、バレーボールのみの実施となりました。規模は縮小されましたが、各チームが一丸となって素晴らしいプレーをしていました。2年生は男子が2年4組、女子は2年3組が優勝しました。1年生は男子が1年2組、女子は1年3組が優勝しました。

 

卒業証書授与式

 3月3日に卒業証書授与式が行われ、総合学科38人、普通科99人の生徒が卒業証書を授与されました。卒業生は保護者の皆様に見守られる中、本校からそれぞれの進路に卒業証書を受け取る卒業生卒業記念品の贈呈答辞を読む卒業生巣立っていきました。

 卒業生の皆さんの今後の健康と活躍を願っています。

総合学科発表会

総合学科の3年生が一年間取り組んだ課題の発表会を行いました。

総合学科の2年生、普通科ビジネスコースの1年生に、輪島高校で3年間学んだことを活かして発表する姿を見せてくれました。

新型コロナウイルス感染症の拡大などにより 家計が急変した世帯の高校生への修学支援制度

石川県では、家計が急変した世帯の生徒に対する支援制度を設けています。

詳細はこちらをご覧ください。新型コロナウイルス感染症の拡大により家計が急変した世帯の高校生への修学支援制度.pdf

希望をされる生徒は、 輪島高等学校事務室へご相談ください。

防災ポーチ贈呈式

2月10日、輪島市防災ボランティアの会の方々から、今年度卒業予定の3年生144名全員(全日制137名、定時制7名)に防災ポーチが贈られました。

この防災ポーチは使わなくなった着物を基に作られており、輪島高校の生徒には、能登半島地震(2007年)の悲しみを忘れず、防災意識を持って巣立っていってほしいとの願いを込めて贈られました。

防災ポーチを受け取った3年生の山之下くんと加川くんは「この防災ポーチは若者から大人まで幅広く受け入れられるデザインになっていてとても使いやすい。私は地元を離れて来年度から金沢に行くが、このポーチが地元輪島を思い出させてくれる。是非使っていきたい。」と話していました。

  

   

大学入試共通テスト出発式

1月15日、今週末に行われる大学入試共通テストを受験するため、受験生たちが会場に向けて出発しました。

出発前には、共通テストを受験しない3年生が制作した千羽鶴が贈られました。

 

 

タイムカプセル

12月23日、輪島ライオンズクラブのみなさまにご協力いただき、タイムカプセルの埋め込みが行われました。

カプセルには将来の自分に向けた手紙や文集などが詰め込まれ、埋め込みに参加した生徒たちは、カプセルが開封される12年後に思いを馳せているようでした。

 

モニュメントには『未来列車 発2020年 着2032年』と記されています。

 

北國スポーツ記録賞

11月23日、金沢市の北國新聞赤羽ホールで、今年度の北國スポーツ賞の贈呈式が行われました。

本校からは、陸上部で、女子400mの干場萌香さん(3年)と、女子5000m競歩の岩波知佳さん(3年)の2名が、今年度設定された目標記録を突破した選手に贈られる「北國スポーツ記録賞」を受賞しました。

両選手は先月広島で開催された「全国高等学校陸上競技大会2020」にも出場し、全国の強豪を相手に健闘しました。

 

今年度の朝市販売実習

総合学科の3年生が行っていた今年度の朝市販売実習は、11月21日の販売をもちまして終了しました。

実習にあたり、いろいろとご協力いただいた輪島朝市組合のみなさま、オリジナル商品を製造いただいたみなさま、商品を購入いただいたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

輪島の産業を知る職業講話

11月20日、ふるさとに学ぶクリエイティブ人材育成事業の一環で、1年生を対象とした職業講話が開催されました。

講師にお迎えした山本亮さん(株式会社「百笑の暮らし」代表取締役)からは、「『田舎には何もない』という意見もあるが、田舎のほうが自由度が高く可能性にあふれている。そして、何かを実現したいのならば、才能よりもやる気のほうが重要だ」というメッセージをいただきました。

 

 

北陸銀行寄贈品贈呈式及び出前授業

11月19日、北陸銀行輪島支店の片山支店長が来校され、本校にプロジェクター一式を寄贈されました。

また、贈呈式の終了後には、3年1組の生徒を対象に、資産形成に関する出前授業をしていただきました。生徒たちは投資についてのグループワーク等を通して、資産形成の大切さについて学んだようでした。

 

さつまいもスイーツを届ける活動(JRC部)

本校のJRC部が、校地内の畑で育てたさつまいもを使ってスイーツを作り、市内の高齢者施設に届けました。

この活動は10年以上継続して行われているもので、スイーツを受け取った施設の方にも喜んでいただけたようでした。

 

 

【輪島塗チーム10】三辺地塗りを体験しました

11月14日、輪島塗チーム10のメンバーが、工房長屋にて輪島塗の作業工程のひとつである「下地」のうち「三辺地塗り」を体験しました。

輪島塗の大きな特徴である「地の粉」を使う工程だったこともあり、生徒たちは真剣な目つきでへらを握っていました。

次回は2月に「上塗り」を体験する予定です。

 

新人戦(女子バレーボール部)

白山市の松任総合運動公園体育館等でバレーボールの新人戦が行われました。

本校の女子バレー部は1回戦で鶴来・松任・寺井の連合チーム、2回戦で金沢西高校を破り、ベスト8入りを果たしました。

 

新人戦(男子バスケットボール部)

11月12日、金沢市中央体育館でバスケットボールの新人戦が行われました。

本校のバスケットボール部は金沢龍谷高校に敗れ、残念ながら初戦突破はなりませんでした。

 

新人戦(剣道部)

11月12日、白山市の美川スポーツセンターで剣道の新人戦が行われました。

本校の剣道部は個人戦に出場しましたが、各選手とも初戦での敗退となりました。

 

新人戦(男子ソフトテニス部)

11月12日、七尾市の和倉温泉テニスコートでソフトテニスの新人戦が行われました。

本校の男子ソフトテニス部は団体戦で七尾高校と対戦し、惜しくも敗れました。

また、個人戦では岩﨑・堂ヶ平ペアがベスト32に入る活躍を見せました。

 

ダンス部発表会

11月11日、ダンス部が全校生徒の前で、日頃の練習の成果を発表しました。

 

教育資料ロビー展

金沢市の石川県文教会館で開催されている「教育資料ロビー展」に、輪島高校の学校紹介パネル等が展示されます。お近くまでお越しの方は、ぜひご覧ください。

なお、展示期間は11月12日(木)から23日(月祝)までとなっています。

 

※写真は昨年度のものです。

テイクアウト広場 in のと里山空港

11月7日、のと里山空港芝生広場で開催された「テイクアウト広場 in のと里山空港」のステージイベントに本校和太鼓部が参加し、パフォーマンスを披露しました。

 

輪島市への寄付

11月6日、本校生徒会の役員2名が輪島市役所防災対策課を訪問し、文化祭の売り上げ等を寄付しました。

 

里山里海講演会

11月6日、本校の卒業生でジェラート職人の柴野大造さんを講師に迎え、1・2年生を対象とした講演会が開催されました。

柴野さんからは「夢はただ見るものではなく、近い将来に掴み取るもの。その未来を強烈にイメージできる人だけが夢を実現できる。そして、毎日の積み重ねこそが何年も先の自分自身の成功につながる唯一の道だ」というメッセージをいただきました。

生徒たちは柴野さんの情熱に満ちた言葉に圧倒されながらも、真剣に耳を傾けていました。

 

ふるさと企業を知る会

11月5日、総合学科の2年生及び普通科ビジネスコースの1年生を対象に、輪島の地元企業について学習する「ふるさと企業を知る会」が開催されました。

地元企業の方からのお話を聞くことによって、生徒たちは今後の進路や働くことについての意識を深めたようでした。

 

推薦入試受験者壮行式

11月5日、大学等の推薦入試を受験する生徒の壮行式が行われました。

受験生からは「公務員や就職志望の同級生が作ってくれた流れに乗れるよう頑張りたい」との声が聞かれました。

 

11月の朝市販売実習

総合学科の3年生が行っている朝市販売実習の11月の予定は以下のとおりです。お近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

出店予定日

 ・11月6日(金)

 ・11月7日(土)

 ・11月20日(金)

 ・11月21日(土)

 

 

情報学習会

11月3日、KDDI株式会社から講師の方をお迎えし、保護者を対象とした情報学習会が開催されました。

講師の方からは「SNS等による被害を受ける件数は年々増加している。これらの被害から生徒・児童を守るためには保護者の意識が大切だ」というお話をいただきました。

 

ポスターセッション

11月3日、本校の2年生が「輝け輪島!!」をテーマに、輪島の現状や課題等について調査・考察したことを、ポスターセッション形式で発表しました。

生徒たちは調査等を通して、輪島に対する理解を深めるとともに、プレゼンテーションの方法等についても学んだようでした。

 

 

国際感覚育成事業

10月31日、総合学科の2年生及び普通科ビジネスコースの1年生が、国際感覚育成事業の一環で、奥能登の高校に勤務する3人のALTを相手に、英語による観光ガイドを行いました。

生徒たちは慣れない英語でのコミュニケーションに緊張しながらも、積極的に交流を深めていました。

 

 

著書寄贈式

10月30日、本校の卒業生で作家の上田聡子さんが来校し、著書の『金沢洋食屋ななかまど物語』を寄贈されました

上田さんからは「多感な今の時期にしかできないこと、経験できないことを通して感性を育み、好きなものを見つけてほしい」というメッセージをいただきました。

また、生徒からは「早く図書室で借りて読んでみたい」との声が聞かれました。 

 

進路ガイダンス

10月29日、総合学科の2年生を対象に進路ガイダンスが行われました。

講師の方のお話やさまざまな分野の実習を通して、生徒たちは進路に対する意識を向上させたようでした。

 

高文連商業部新人競技大会

10月28日、小松市民センターで開催された石川県高等学校文化連盟商業部新人競技大会に、本校総合学科の2年生と普通科ビジネスコースの1年生が出場しました。

出場した生徒たちは、英語レシテーション競技・団体の部で3位になるなど、日頃の練習の成果を発揮していました。

 

 

百寿苑利用者の方々との交流(JRC部)

本校JRC部が百寿苑の利用者の方々との交流を深めました。

今年度は新型コロナウイルスの影響でオンラインでの交流となりましたが、昨年度からの交流を継続できたことで、生徒も喜んでいるようでした。

 

 

能登地区高校美術展

10月23日から25日にかけて、七尾市のフォーラム七尾で開催された「能登地区高校美術展」に、本校美術部の生徒が作品を出展しました。

 

 

石川県高等学校野球一年生大会

10月25日、志雄運動公園野球場にて、第28回石川県高等学校野球一年生大会の試合が行われました。

能登高校との連合チームで出場した本校野球部は、ホームランを2本放つなど金沢市立工業高校を相手に健闘しましたが、惜しくも競り負けました。

 

金沢市立工 100052100 9

輪島・能登 002020040 8

 

大学模擬授業

10月22日、石川・富山両県内の大学から先生をお迎えして、普通科の2年生を対象とした模擬授業が行われました。

生徒たちは今回の授業を通して大学の「講義」の雰囲気に触れるとともに、進学への意欲を一層強めたようでした。

 

陸上部激励会

10月21日、全国高等学校陸上競技大会2020及び北信越高等学校新人陸上競技大会に出場する本校生徒の激励会が行われました。

大会に参加する生徒が「少しでも良い記録が出せるよう頑張りたい」と抱負を述べたのに対し、上野校長からは「輪島高校の生徒・職員だけでなく、保護者や同窓会の会員など多くの方々が背中を押してくれている。期待を背負って頑張ってほしい」と激励の言葉が贈られました。

 

就職希望者等壮行会

10月15日、就職希望者等を対象とした壮行会が行われ、

就職試験に臨む生徒からは「公務員試験を受験した生徒が作ってくれた流れに自分たちも乗っていけるよう頑張りたい」という声が聞かれました。

 

 

薬物乱用防止講座

10月15日、輪島警察署等から講師の方を迎え、1年生を対象とした薬物乱用防止講座が開催されました。

講師の方からは「薬物の誘惑は身近なところにある」というお話をいただき、生徒たちは薬物の恐ろしさを改めて認識したようでした。

 

体育祭

10月14日、体育祭を開催しました。

新型コロナウイルスへの対策から、昨年度までとは実施方法の異なる競技や、新しい競技などもありましたが、生徒たちは秋空の下でそれらの競技を楽しんでいました。

 

〇選手宣誓

 

〇大縄跳び

 

〇借り人競争

 

〇登校5分前

 くじにより指示された衣装に着替え、100mを走る競技。

 

〇大綱引き

 

〇小綱奪い

 

〇玉入れさせない

 網を使って玉入れを妨害する競技。

 

〇リレー

 

〇部活道対抗リレー

体育祭の観戦について

本校の体育祭は10月14日に開催を予定しています。

3年生の保護者のみなさまには、以下の注意事項を十分にご理解の上、ご観戦ください。

 

なお、新型コロナウイルスへの感染防止の観点から、今年度の公開は3年生の保護者のみとさせていただきます。1・2年生の保護者のみなさまにはこの趣旨をご理解いただき、ご来校をお控えくださいますようお願いいたします。

 

 〇観戦時の注意事項等 ⇒ 体育祭保護者対応.pdf

 〇競技種目等 ⇒ R2体育祭実施要項.pdf

輪島の産業を知る地元見学研修

10月9日、ふるさとに学ぶクリエイティブ人材育成事業の一環で、1年生普通科ビジネスコースの生徒を対象とした「輪島の産業を知る地元見学研修」が行われました。

輪島市内の観光施設や企業など見学した生徒たちは、説明に耳を傾けながら、真剣にメモを取っていました。

 

〇輪島キリコ会館

 

〇フグ処理施設

 

〇輪島塗会館

 

〇輪島漆芸研修所

 

〇總持寺祖院

 

〇ハイディワイナリー

就職志望者等模擬面接

10月8日、輪島ロータリークラブのみなさまにご協力いただき、就職希望者等の模擬面接が行われました。

外部の方による面接は初めてだったため、生徒たちは緊張した面持ちで面接に臨んでいました。

また、輪島ロータリークラブのみなさまには、お忙しい中模擬面接にご協力いただき、ありがとうございました。

 

 

 

地元起業家等による意見交換会

10月7日、ふるさとに学ぶクリエイティブ人材育成事業の一環で、1年生を対象とした地元起業家等による意見交換会が行われました。

地元で活躍する方々のお話を直接聞くことができる貴重な機会に、生徒たちは真剣に耳を傾け、質問を投げかけていました。

 

【お話いただいたみなさま】

〇谷川貴昭さん(谷川醸造)

 「新しいことを始めるのは苦労が多くしんどいが、その分うまくいったときの喜びも大きい。いろいろなことを体験して、若い感性を活かせるようにしてほしい」というメッセージをいただきました。

 

〇南谷良枝さん(南谷良枝商店)

 「輪島から出たいと思ったこともあるが、今は残って良かったと思っている。『輪島には何もない』という声も聞くが、ないのであれば創り出せるような人になってほしい」というメッセージをいただきました。

 

〇山本利治さん(輪島市役所)

 「成功や失敗よりも、『あれをやっておけば良かった』と後悔するのが最も悪い。何事も全力投球で頑張ってほしい」というメッセージをいただきました。

 

〇白藤喜一さん(白藤酒造)

 「去年と違うお酒を造りたいので、いろいろチャレンジしている。興味を持ったことは追求し、『本物』にふれる機会を持ってほしい」というメッセージをいただきました。

 

〇スザーン・ロスさん(漆芸作家)

 「自分の人生は自分自身の宝物なので、最後は自分で決断してほしい。広い世界を見たあとで、一人でも多くの人が輪島に戻って来てくれれば」というメッセージをいただきました。