沿革

大正12年 2月28日  石川県立羽咋中学校設立認可
大正14年 2月26日  旧本館竣工
大正15年 3月31日  羽咋町立羽咋高等女学校設立認可
昭和 3年 4月 1日  石川県立高等女学校となる
昭和23年 4月 1日  石川県条例第1号により石川県立羽咋中学校及び び石川県立羽咋高等女学校を廃し、石川県立羽咋高等学校を設立
昭和23年 9月 1日  定時制課程設置(中心校,邑知分校,志雄分校)
昭和24年 4月 1日  石川県条例第76号により石川県立羽咋高等学校と称し、学区制、男女共学、統合制(普通、農業、商業、家庭)の高等学校として発足。定時制高浜分校設置
昭和26年 6月10日  慶応大学教授折口信夫作詞、東京音楽学校教授下総皖一作曲による校歌制定
昭和28年 4月     農業科募集停止
昭和36年 4月 1日  定時制旧羽咋高等等女学校校舎に移転
昭和38年 4月     高浜分校設置
昭和39年 3月 6日  創立40周年記念式典挙行
昭和39年 4月     商業科廃止
昭和40年 3月25日  本校高浜分校、県条例により高浜高等学校として独立
昭和40年 9月     校舎改築請願書議会に採択
昭和43年 4月     家政科廃止、普通科単独校となる
昭和45年 9月 1日  新校舎へ移転
昭和46年 3月31日  図書館棟落成
昭和46年 6月 5日  新校舎落成式
昭和47年 4月 1日  本校定時制、県条例により羽松高等学校(定時制)として独立
昭和47年10月 7日  創立50周年記念式典挙行
昭和48年 7月31日  プール竣工
昭和55年 1月25日  格技場竣工
昭和57年 9月18日  創立60周年記念式典挙行
昭和60年 1月16日  特別教室棟増築工事完成
昭和62年 6月30日  運動場整備一期工事完成
平成 元年 4月28日  運動場整備二期工事完成
平成 2年 8月31日  第二体育館大規模改造工事完成
平成 4年 9月18日  創立70周年記念式典挙行
平成 7年 4月      隔週5日制開始、65分授業導入
平成 7年 9月20日  教室棟大規模改造工事完成
平成 8年 3月22日  第二体育館大規模改造建築工事完成
平成 8年 9月30日  管理教室棟大規模改造工事完成
平成 9年 3月17日  第一体育館大規模改造工事完成
平成 9年 4月     募集定員5学級(200名)となる
平成10年 4月     募集定員6学級(240名)となる
平成12年 4月     募集定員5学級(200名)となる
平成12年 4月     50分授業に変更
平成13年12月     図書館棟耐震工事完成
平成14年 4月     学校週5日制完全実施、2学期制導入
平成14年 9月28日  創立80周年記念式典挙行
平成14年12月     管理棟耐震工事完成
平成15年 4月     45分授業(1日7限)に変更
平成15年12月     教室棟耐震補強工事完成           
平成16年 4月     文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールに指定される  
平成17年 2月     推薦入学制度導入
平成17年 6月     教室冷房化工事完了
平成18年 9月     第一体育館耐震補強工事完成
平成19年 4月     文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール第2期に指定される
平成19年 9月     第二体育館耐震補強工事完成
平成20年 2月     ワンサギ中等教育学校(オーストラリア)と姉妹校提携
平成21年 3月31日  文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール指定終了
平成21年 4月     石川県高等学校学力向上実践モデル事業推進校指定
平成23年 2月     推薦入学制度廃止
平成24年 4月     石川県高等学校連携による教育力向上推進事業校指定
平成24年10月 6日  創立90周年記念式典挙行
平成25年 4月     課題発見力育成事業指定
平成27年 4月     いしかわ探究スキル育成プロジェクト校指定
平成28年 7月     大規模改修工事完成
令和 2年 4月     募集定員4学級(160名)となる