国際姉妹校交流

ワンサギ姉妹校交流

目的
ワンサギ中等教育学校と本校が相互に訪問し合い、本校の生徒が英語で積極的にコミュニケーションを図る態度を養い、両校の友情と協力関係を築く。また、オーストラリアの文化や歴史並びに教育事情を視察することによって相互理解と異文化理解の推進に努める。

時期
夏季休業期間

経緯
平成16年度、文部科学省のスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイス クー(SELHi)指定を契機に、積極的にコミュニケーションを図る機会として、eーメール交換等ができる相手校を海外に求め、オーストラリア・ビクトリア州の教育委員会を通じワンサギ校とのメールの交換等の交流が始まった。平成17年及び19年の9月にワンサギ校の代表団が本校を訪問し、交流を深めた。その 結果、両校の友好関係が深まり、英語教育、日本語教育に大きな成果が認められたことから生徒の保護者から事業の継続の要望があり、両校のPTA会長と校長が平成19年12月に姉妹校締結を決定し、20年2月に交流の同意書を取り交 わした。その後、20年に本校代表団が、22年にワンサギ校の代表団がお互いの相手校を訪問した。23年2月に再度、交流の同意書を取り交わし、姉妹校の交流を継続している。

ワンサギ姉妹校交流の記録

ワンサギ訪問を終えて

ワンサギは、大都市メルボルンからバスで2時間くらいの所にあります。周囲には、広大な大地が広がり、野生のカンガルーにも出くわします。英語を話す人たちは、自己主張が強いと思いこんでいましたが、ワンサギの方々は、どちらかというとシャイで素朴な感じがしました。ホームステイ先では、家族の一員として接していただきました。日本との違いにとまどいもありましたが、別れるときには、お互いに涙で再会を約束しあいました。