★★羽咋高校部活動のページへようこそ!!★★

 

  1   2   3
  4   5   6
           
      ~2019年の活動より~    
8月22日に行われた七尾地区夏季大会男子個人戦で大場駿・松岡大駕ペアが第3位に入賞しました。 また9月17日に行われた七尾地区秋季大会男子個人戦で岩田千弘・泉善文ペアが第3位に入賞しました。 石川県高等学校新人大会での入賞を目指し、引き続き頑張ります!
随分、久しぶりの更新となってしまいました。6月に長野県で開催された北信越大会で3年生が引退し、新チームとなり早3ヶ月が経ちました。現在は10月の段級審査会、11月の県新人大会に向けてそれぞれが課題をもって練習に励んでいます。             <県新人大会に向けて> ・大庭優愛(キャプテン:2年) 演技では一勝でも多く勝ちたい。防具の試合では1本以上決めることを目標とし、練習したことを試合で出せるように意識する。 ・中村駿文(副キャプテン:2年) 得意技の踏み込み面のスピードを速くし、残心をしっかりする。また今以上に連続打ちや応じ技を使っていき攻防の幅を増やしていく。 ・石丸桃子(2年) 個人試合では強い気持ちを持ち練習を活かして1本以上決める。演技ではメリハリのある演技をし、一勝はしたい。 ・河島実夢(2年) 演技は堂々と気迫のある演技を目標とし、個人試合では基本を大切に攻めた試合をしたい。また演技も個人も1本でも旗をあげてもらえるようにしたい。 ・地下陽向(2年) 演技は全開の大会よりも成長したと言われるような演技をしたい。個人試合は今まで練習してきたことを発揮し一勝したい。 ・橋本和香(1年)...
~文化祭1日目で英語部が新ALTリサさんを紹介~   9月2日(金)文化祭1日目のステージ発表で、英語部は8月から新しく赴任されたALTのリサさんを紹介しました。リサさんご本人も登場し、アメリカ・カリフォルニア州のことやご家族のこと、趣味などについてクイズも出しながら生徒は英語で説明しました。  練習の段階からリサさんから熱心な指導を受け、生徒はもうすでにリサさんと親しくなり、発表も立派にすることができました。  聴きにくれた方々、本当にありがとうございました!          
令和4年度インターハイ(於 高知県立春野総合運動公園体育館)  8月5日からインターハイが高知県で開催されました。本校から野口 聖乃(3年・羽咋中出身)が女子個人戦に出場しました。初戦は徳島県代表の選手と対戦し、残念ながら初戦敗退となりました。しかしながら、今年度のインターハイは人数制限はあるものの観客を入れての開催となり、戦う姿を実際に保護者の方にも見ていただくことができました。昨年はインターハイを運営する側として別の視点で見ていましたが、そういった視点を持って今大会に参加させていただいたことで、より一層、大会運営にご尽力されている全ての方々に感謝の思いでいっぱいです。また、大会に臨むにあたりお世話になりました皆様に心よりお礼申し上げます。   北信越国体剣道競技(於 福井県立武道館 8/21)  8月21日(日)に北信越国体剣道競技が福井県で開催されました。大会は北信越5県のリーグ戦により順位を決定し、1位の県が本国体(栃木国体)への出場権を得ます。本校から少年男子の部で1名、少年女子の部で1名が出場しました。少年男子においてはリーグ3勝1敗で富山県と並びましたが、ポイントで上回り1...
8月4日(木)東京都中野サンプラザにて羽咋高校軽音楽部バンド「かぼちゃパイ」が曲「アオハル」を 演奏しました。一流のミュージシャンもこのステージで演奏するような素晴らしい会場で全国の選ばれた 高校が参加する全国総文のステージは、とても心に残る経験が出来ました。総文に参加するにあたって、 自分たちの学校PR 動画やオリジナル曲の作成など、それまで準備したことが、披露されました。 以下はその様子です。
 8月6日(土)に和倉温泉テニスコートで、一年生研修大会が実施されました。県内のソフトテニス部の一年生が経験者の部Aリーグと、初心者の部のBリーグに分かれて対戦しました。松浦菜央さんと谷内優集さんのペアがAリーグで5位に入賞しました。新人戦に向けて引き続き頑張りましょう。
〇高円宮杯U-18サッカーリーグ  フォースリーグA 1勝5敗2分(8位)   ① 羽咋 0-3 金沢桜丘C   ② 羽咋 0-5 FC北陸   ③ 羽咋 1-1 北陸学院   ④ 羽咋 1-1 金沢伏見   ⑤ 羽咋 3-4 大聖寺   ⑥ 羽咋 2-3 県立工業B   ⑦ 羽咋 2-5 松任・寺井・金沢辰巳丘   ⑧ 羽咋 4-1 野々市明倫B  
7月16日(土)に行われました、石川県吹奏楽コンクール高等学校B部門におきまして、ゴールド金賞をいただくことができました。 目標にしてきた石川県代表にはなれませんでしたが、近年、B部門のレヴェルが上がっている中、金賞を獲得することができ、嬉しく、またほっとしました。 20日の3年生の引退式では、「部員の仲の良さを、良き伝統として守っていってね。」という3年生の言葉をもらった1,2年生。「伝統を受け継ぎつつ、来年こそは県代表として北陸大会に出場する!!」と誓ったのでした。
7月24日(日) 6:30~7:10              6月は,修学旅行や定期考査,他のボランティア活動でできななかった千里浜清掃ボランティア。 7月は暑さ対策で6:30集合!(短時間集中なのだ)  早朝での活動で遅刻が心配でしたが,みんな遅れることなく集合!(エライ) 6月で3年生が引退し,受験勉強に集中。 部員の数が少なくなってしまいましたが, この活動は「続けていくことで意味を持つ」を忘れず継続していきたいと考えています。  
7月16,17日に行われた中部日本卓球選手権大会に24H曽福選手、32H畠山選手が出場しました。結果はともに初戦敗退という残念な結果でしたが今後にいかせるよい経験になったと思います。これからも羽咋高校卓球部の活動にご理解とご協力をお願いいたします。