★★羽咋高校部活動のページへようこそ!!★★

 

  1   2   3
  4   5   6
           
      ~2019年の活動より~    
令和3年度石川県高等学校剣道選抜大会(1月23日(日) 於 石川県立武道館) 1月23日(日)、石川県立武道館において上記大会が行われました。午前中に女子の部、午後に男子の部が行われ、時期的にも寒い日でしたが男女とも緊張感のある熱のこもった試合を展開していました。本校においては、女子団体において2年ぶり8回目の優勝を果たし、3月26日から行われる全国選抜大会の出場権を得ました。男子団体においては決勝で金沢市立工業と対戦し惜しくも敗れ全国選抜大会への出場はかないませんでしたが、一戦一戦全力で戦っていました。今回の大会に臨むにあたり、応援していただいた方々、大変厳しい状況の中で大会運営にご尽力いただいた方々、全ての方々に感謝申し上げます。   【男子団体 準優勝】         【女子団体 優 勝】  
 令和3年度は、例年とは異なり、6月の石川県高等学校総合美術展がWeb開催となりました。コロナ禍の中、初の試みでした。本校からも1点のみですが、出品しました。  また、夏には例年通り、本校の学校祭(文化祭)での作品展示を行いました。部員それぞれが8月までに製作した作品を展示しました。鑑賞して下さった方々の心に響くものがあったなら幸いです。  秋には、こちらも今年度初の試みで、11月上旬に金沢21世紀美術館で「高校生の美術展」を開催という予定でした。こちらもコロナ禍のため、開催時期を12月上旬に延期しての開催となりました。定期考査の時期とも重なったため、本校からは2点のみ出品しました。残念ながら、入賞はできませんでした。  また、次に向けて作品を製作したいと思います。 《出品作品の一部》                                 
01/22
部活動
 新しい年に入り、まだまだ寒い日が続きますが、我々卓球部員は、もうすぐ開催される石川県ジュニア団体対抗卓球大会に向けて練習に励んでおります。練習の様子はこちら  ⇒ 卓球部.pdf 
2021年の主な大会結果です。    6月 高校総体   男子個人4位 古川雅人(1年) 北信越大会出場  9月 能登地区大会 男子団体優勝 羽咋Aチーム             男子団体3位 羽咋Bチーム            女子団体優勝             男子個人優勝 横井照(1年)            男子個人2位 中村奈央(1年)            女子個人優勝 竹本千洋(2年)            女子個人2位 干場美奈(2年)  11月 新人大会   男子団体2位 北信越大会出場 12月 冬季錬成大会 男子団体3位            女子団体3位                      〈新人大会 男子団体2位のメンバー〉   来年度の創立100周年という記念すべき年に「全国大会に出場し、全国で一勝する」という大きな目標に向け、これからも一日一日の練習を大切に積み重ねていきます。
久しぶりの投稿です。 昨年は公式戦でも1回戦を勝ち抜くことができ、上位のチームへの挑戦権を得ることができました。次のシーズンはもっと上を目指せるよう頑張っていきます。  
01/20
部活動
華道部は毎週水曜日にお稽古をしておりますが、最近は気温が低いためか、先週活けた花がみずみずしいままです。 そこで、花を切り直してアレンジしました。花材はハボタンと松です。  生徒玄関に飾ったところ、沢山の方から「きれいだね」とほめていただきました。 1年生の作品です。 最後の最後まで花の美しさを生かし切るのが、お花への礼儀だと林 理洸先生から教えていただきました。                                               
石川県高校総体   羽咋 2-0 金沢北陵   羽咋 2-0 金沢西   羽咋 0-2 県立工業  (ベスト8) 石川県新人大会   羽咋 2-0 羽咋工業   羽咋 2-0 遊学館   羽咋 0-2 県立工業  (ベスト8)   高校からバレーボールを始めた選手も多いチームですが、2大会ともベスト8に進出することができました!                       
ここ2、3日 雪が降り積もり極寒が続いていますが、部員たちは裸足で元気に練習に励んでいます。夏の間、感染予防のため面にマウスガードを装着し、更に専用のマスクまでつけて呼吸がしにくいと苦しんでいましたが、今となっては感染予防にプラスされ防寒にもなっているようです。 さて前回、新人大会「団体試合」の優勝報告をさせていただきましたが、長年なかった 団体の優勝旗を寄贈  していただきましたのでご披露いたします。なんといっても新調した優勝旗に1番に羽咋高校の名前をつけることができることが嬉しいです