地域の概要
地 域 の  概 要    
 津幡南中学校は石川県のほぼ中央に位置する津幡町にあり、交通の便もよく、北陸本七尾津幡駅から徒歩10分、北陸自動車道金沢東インターチェンジからでも車で10分らずで到着する、交通至便の場所にあります。
 津幡町は倶利伽羅古戦場をかかえることからもわかるように、古い歴史や伝統に育まれながら、加賀・能登・富山との交流の要衝地とて栄えてきた町でもあります。地勢をみると、東側は、宝達山から金沢の卯辰山へと続く丘陵山系が連なり、県境や市町の境界をなしています。西側は水田地帯と県内最大の河北潟を含むのどかな平野部が開けています。町の中央には本州で一番広い石川県森林公園などがあり、自然豊かな環境に恵まれた地域です。近年は宅地の造成や大型ショッピングセンターの進出などが相次ぎ、金沢市のベッドタウンや都市近郊の商業地として、急速な変貌ぶりをとげています。