日誌

野球部

野球部秋季大会 結果報告

第143回北信越地区高等学校野球石川県大会

 

 3年生が引退し、1・2年生での初めての大会出場となります。

本校は金沢伏見・金大附属高校と連合チームを結成し、夏休み期間中から合同練習や練習試合を重ねてきました。

 9月13日(日)小雨の降る中、石川県立野球場で星稜高校と対戦しました。

1回表に1点を先制し、3回途中まで1-2と最高の立ち上がりとなりました。

しかし、3回裏に星稜打線に捕まり、大量得点を奪われました。

4回裏は0点に抑えましたが、反撃の糸口をつかめないまま、1-16で5回コールド負けとなりました。

 

 今大会は、全国レベルの強豪校を相手に、生徒たちは練習の成果を出すことができました。

今後は、大会での経験を生かして、練習に励んでいきます。

 

   

 

【生徒のコメント】

練習した成果を試合で発揮することができたので良かったです。

素晴らしい舞台で、素晴らしい相手と戦えることができました。

さらに練習を重ね、次の大会は勝利を目指して頑張ります!

石川県高等学校野球大会 結果報告

夏の甲子園につながる選手権大会が新型コロナウイルスの影響で中止となり、

代替大会となる「石川県高等学校野球大会」が先日開幕しました。

本校野球部は部員不足のため、伏見・穴水・辰巳丘・向陽・加賀高校と6校での

連合チームを結成し、3年生2名、2年生2名が大会に出場しました。

部活動再開後の6月から毎週末、合同練習や練習試合を行い、団結力を高めてきました。

 

12日(日)石川県立野球場で金沢龍谷高校と地区予選を行いました。

初回に5点を失い、その後も追加点を取られ、格上の相手に苦しい試合展開となり、

5回コールドで敗れました。試合には負けましたが、連合チームとして活動し、

選手らは多くのことを学ぶことができました。今後も部員が少ないですが、精一杯練習し、

次の大会に向けて励んでいきます。