男子バレーボール部の紹介

僕たち男子バレーボール部は、県ベスト4を目標に掲げ、日々練習に取り組んできました。

部員は初心者が多いため、前半の練習は基本練習とトレーニングを中心に行い。試合まで時間があるときは、その割合を多くします。試合が近づいてきたらゲーム形式の練習の割合を増やしていきます。土日は定期的に近隣の学校と練習試合を行い、練習の成果を試したり自分たちの課題を見つけたりします。僕たちは大会で結果を出すことだけでなく、コミュニケーション力や人間性を高めるために、練習やゲームの間にミーティングを入れ、みんなで知恵を出し合いながら練習するようにしています。また、あいさつの練習も毎日の練習後に行い、学校生活でも自然とあいさつが出るようになってきました。

今現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため4月9日から休校で自宅待機となっています。そのため春の大会も中止になり、とても残念で悔しい思いをしています。今後の試合はどうなるかわかりませんが、自宅でトレーニングなど自分たちのできることを頑張っています。

  

活動の記録

男子バレーボール部

男子バレーボール部 県高校選手権大会ベスト8!!

 8月8日から開催されていた第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会石川県大会の準々決勝戦が9月21日(月)にあり、本校は県立工業高校と対戦しました。県工戦では、生徒が課題としてきた、サーブカット、ブロック等の練習の成果を発揮してくれましたが、力及ばず負けてしましました。

 3年生らの活躍もあり結果として、ベスト8という成績で大会を終えることができました。

 今後は、次回の新人戦に向けて活動していきます。

            1回戦  2-0 羽咋高校

            2回戦  2-0 金沢市立工業

            準々決勝 0-2 石川県立工業

      

 

    また、コロナウイルス感染拡大防止から、本大会は無観客試合となりましたが、たくさんの応援・ご協力をいただきました。本当にありがとうございました。