学校日誌

学校日誌

締めくくりと次へのスタート!

2月8日(水)

本日午後からは、各学年総合的な学習の時間等でした。

 1年生は、「未来につなぐ石川の技」学年発表会を視聴覚室にて行いました。先週のクラス発表会を経て選出された代表6グループの発表とあって、具体的課題解決策等の内容面はもちろんのこと、聴衆を意識した発表態度もとても素晴らしいものでした。

2年生は、学年集会、立志のつどい[15日(水)]で製作する金箔を使った角皿のデザイン案の作成、NクエストプロジェクトⅡの後半グループ発表を行いました。デザイン案に1人1人の思いを垣間見ることができました。

3年生は、キャリア講演会の役割分担決め、自分年表修正、卒業カウントダウンカレンダー作りに取り組みました。カレンダーは、13日(月)からスタートし、朝の会で級友へのメッセージを添えて、担当した人が発表していくそうです。あっという間に卒業間近となりました。

授業、学年及び学校行事等においても、各学年の締めくくりが近づいてきています。終わりは同時に次へのスタートでもあります。次へのステップを軽やかに踏み出せるように、1人1人締めくくりを大切にしていきましょうね。

写真は、1年生学年発表会の様子です。都合により2、3年生の写真を撮ることができませんでした。ごめんなさい。

0

「書く力」を鍛える!

2月8日(水)

1年生のフロアに、国語の授業で1人1人がまとめた『助言を自分の文章に生かそう~作品の書評を書く~』が置かれています。作品の魅力を作り上げているものは何かを分析し、「初め・中・終わり」の構成で論じています。

自分が書こうとしている文章のどこに問題があるのか、どこを直せばよくなるのかというポイントをつかむためには、他者に読んでもらうことが大切なんですね。自分1人で推敲するよりも、他の人に読んでもらって話し合うことで、自分の書いた文章がどこまで理解してもらえるのかをリアルに確認できますね。

0

高校2年生「Nishiki探究プロジェクト」最終発表を聴講しました。

2月7日(火)

本日、3年生は6限目に、高校2年生が取り組んできた探究プロジェクトの最終発表を聴講しました。各グループが設定したテーマに基づき、1年間をかけて探究してきた成果がしっかりと感じられた発表でした。3年生は10人ずつのグループに分かれ、各発表を聴きました。これも中高一貫教育校ならではの特色のひとつですね。高校2年生のみなさん、ありがとうございました。

 

0

表彰披露を行いました。

2月7日(火)

本日朝の時間帯に、表彰披露を行いました。今回もコンテストや各種コンクール等で多くの生徒の皆さんが活躍し、大変うれしく思います。受賞した皆さん、おめでとうございます。表彰等の記録については、「天晴れ!錦中生!」「部活動・表彰の記録」を参照ください。

 

0

これからの日本の社会保障は?

2月6日(月)

3年生のフロアに、社会科で学習した日本の社会保障について、「これからはどうあるべきか」について各自の考えをまとめたものが掲示されています。『公助【Public Assistance】』『共助【MUtual Assistance】』『自助【Self Help】』の立場で、これからの日本の社会保障の在り方について、深く考察していて感心します。

それぞれの立場での意見を紹介します。

『私はノルウエーやイギリスのように公助のイギリス型にしていけばいいと思う。日本は今どんどん少子高齢化が進んでいて、このままでは年金を払う世代よりも年金をもらう世代の人数が多くなってしまう。また、保険金や税で得るお金も減少しており、このままでは今までの公的補助を行うことも、お金の面的に難しい。これらのことから、そもそもの税を高くして、その分で得たお金で、全員に統一された社会保障を、今よりも充実させていくほうに方針を定めたほうが、国がよりよくなっていくのではないかと思った。』

『保険料で共助がよいと思う。例えば、子どもが多い世帯など、親の収入だけで子ども達を支えれない家庭は保証されるべきだと思うから。また公助では、税率を上げて税による公の負担をするのは国民にとって負担が大きいと思ったから。自助では、子どもがいる家庭とそうでない家庭で負担の差がとても大きいと思ったから、共助が丁度いいと思った。』

『私は自助を目指していくべきだと思う。今の日本は経済的に苦しい人には政府から支援をしたり、高齢者の年金を若者が支えているのが現状だ。しかしこれは今破綻しようとしている。自分の稼いだお金は未来の自分のためのものだが、見知らぬ人に使われているのも事実である。なら自分で稼いで自分のために使う、言わば「自己責任」であるが、そのほうが働くことの大切さがわかり、積極的に働くようになるのではないだろうか。日呂kうを伸ばし、それ相応の給料をもらう「実力主義」が必要だと思う。そのためにも給料の底上げが重要だ。そのための制作をしてほしい。』

0
天晴れ!錦中生!

令和4年度

科学研究口頭発表会

環境奨励賞

荒木矢恵乃さん(2年)

金沢市スポーツ優秀選手表彰

水泳競技

小河原蒼大さん(3年)

伏屋杏彩 さん(3年)

弓道競技

井田結斗さん(2年)

廣松玲洸さん(2年)

乙地吏都さん(2年)

少林寺拳法

野田苑佳さん(2年)

山出真由さん(2年)

金沢市水泳協会優秀選手表彰

競泳

小河原蒼大さん(3年)

小河原光太さん(1年)

水球

角尾琉斗さん(3年)

アーティスティックスイミング

延武久遠さん(1年)

金沢市小中学校合同書写書道展

優秀 

芳坂優貴さん(3年)

芦野愛梨奈さん(3年)

金沢市内中学校書き初め展

優秀

荒井 舞さん(1年)

延武久遠さん(1年)

野田苑佳さん(2年)

小山蒼奈さん(2年)

芳坂優貴さん(3年)

芦野愛梨奈さん(3年)

いしかわ県民陶芸展

文教会館理事長賞

森 心音さん(3年)

金沢市中学校文芸作品コンクール

最優秀賞 

小説部門 西村叶恵さん(3年)

優秀賞 

エッセイ部門 堀家 涼さん(3年)

優良賞 

短歌部門 下地    葵さん(3年)

俳句部門 中村亜梨紗さん(3年)

佳作

俳句部門 苗代貫太さん(2年)

第16回全日本学生・ジュニア短歌大会

秀作賞

畑山紡希さん(1年)

優良賞

田口絢香さん(1年)

第11回「献血ポスターコンペティション」

中学生の部 

優秀賞 篠原友芽さん(3年)

第70回石川県統計グラフコンクール

パソコン統計グラフの部 

入選 辻ゆらさん(2年)

全国短歌フォーラム in 塩尻

秀作賞

尾﨑美虹さん(2年)

釜谷夏向さん(2年)

東真菜葉さん(2年)

立中俊吾さん(2年)

アーティスティックスイミング第26回13~15歳ソロ・デュエット大会

ソロ部門 

第1位 延武久遠さん(1年)*全国大会基準点突破

全国大会出場(1月28日、29日:東京辰巳国際水泳場)

第39回JPTAピアノ・オーディション

奨励賞 高木空さん(3年)

県水泳協会2022年度表彰

最優秀選手賞 

OWS 伏屋杏彩さん(3年)

優秀選手賞

競泳 小河原蒼大さん(3年)

北國スポーツ記録賞

水泳中学男子

磯田 侑和さん(3年)

小河原蒼大さん(3年)

水泳中学女子

伏屋杏彩さん(3年)

全国中学生人権作文コンテスト県大会

最優秀賞 県人権擁護委員連合会長賞

上河原咲優さん(2年)

入選

西村叶恵さん(3年)

第16回石川県中学生少林寺拳法新人大会(11月12日)

中学生女子 組演武 

最優秀賞 野田苑佳さん(2年) 山出真由さん(2年) 

第45回全国小・中学生競技かるた選手権福井大会(11月6日)

中学二・三年生の部 三位 砂田真采さん(3年)

第72回高峰賞

高木 空さん(3年)

堀家 涼さん(3年)

第56回県競技かるた学生選手権(10月23日)

中学生の部 優勝 砂田真采さん(3年)

通算5連覇

第72回全国小・中学校作文コンクール

優秀賞 笠間光梨さん(2年)

佳 作 木部颯花さん(3年)

    井口咲良さん(2年)

    後藤未央さん(2年)   

第47回「ごはん・お米とわたし」作文コンクール

石川県農業協同組合中央会賞

入賞 松中七海さん(1年)

   田中春帆さん(3年)

第66回「JA共済書道」コンクール

全国共済農業協同組合連合会石川県本部賞

中学校1年条幅の部 

銅賞 荒井舞さん

「税についての作品」

書道 石川県納税貯蓄組合連合会長賞 

芳坂優貴さん(3年)

第38回宮村英語奨励賞(10月15日)

大藪佳凜さん(3年)

麦井 蓮さん(3年)

金沢市中学校読書感想文コンクール

自由読書 優秀賞 畑 あみさん(1年)

     優良賞 堀家 涼さん(3年)

課題読書 佳作  松中七海さん(1年) 

第66回石川県児童・生徒科学作品コンクール

優良賞 荒木矢恵乃さん(2年)

第42回石川県児童・生徒俳句大会

中学生の部 

優秀賞 高木 空さん (3年)

特 選 吉見 葵さん (3年) 

    四藤 杏樹さん(3年)

佳 作 寺本 京介さん(3年)

入 選 中村亜梨紗さん(3年)

    伊藤  奏さん(3年)

    河上 柚子さん(3年)  

第82回全国競技かるた北國大会(10月1日)

B級の部 優勝 砂田真采さん(3年)

令和4年度金沢市小・中学校児童生徒科学研究作品展

優秀賞 荒木矢恵乃さん(2年) 

佳良賞 中森 美咲さん(3年) 

高円宮杯第74回全日本中学校英語弁論大会 

4位 大藪佳凜さん(3年) 

少年の主張石川県大会(8月27日)

優秀賞 加藤希さん(3年) 

第16回全国中学生少林寺拳法大会(8月12日・13日)

女子組演武 決勝15位 野田苑佳さん(2年)山出真由さん(2年)

金沢市中学校メッセージ発表会(8月10日)

優秀賞 加藤希さん(3年) 

北國少年少女美術展

次賞 北陸放送社長賞 彫刻・工芸・工作 土橋輝々さん(2年)

北國賞 書 荒井舞さん(1年)

石川県少林寺拳法大会(7月10日)

中学生女子の部 

組演武 最優秀賞 野田苑佳さん(2年)山出真由さん(2年)

親子の部 

組演武 最優秀賞 野田苑佳さん 野田誠一さん

小倉百人一首競技かるた「第54回全国女流選手権大会」(6月4日)

B級の部 準優勝 砂田真采さん(3年)

第16回石川県中学生少林寺拳法大会(6月4日)

女子組演武 1位 野田苑佳さん(2年)山出真由さん(2年)