新着情報
トップページ

学校日誌

錦高日記7月7日(火)Ⅱ ~「紫錦祭、みんなでこれをやろう!!」~

 今日の7限目はLH、クラスごとに紫錦祭の出し物を決めました。

 2年生は教室などを使って催事を行います。ボウリング、人生ゲーム、脱出ゲーム、ストラックアウト、などなど。コロナがありますが、「密」にならないように工夫ができそうなものを、みんなで考えて、多数決で決めていました。先生方は廊下で情報交換したり、自ら1票を投じたりしていました。

 

 3年生は模擬店です。唐揚げ、焼き鳥、ホットドックに焼きそば。馴染みのメニューが黒板に並んでいました。3年生は高校生活最後の紫錦祭になります。生徒はもちろん、先生方も真剣です。それぞれのメニューの長短を先生方が話すと、生徒たちはじっと耳を傾けていました。

 

 今年の紫錦祭のスローガンは「New Normal ~千紫万紅の煌めきを~」です。「千紫万紅」とは「紫や紅色などさまざまな色の花が咲き乱れ、彩り豊かなさま」だそうです。生徒一人一人が自分の色を輝かせてくれるような紫錦祭になることを期待しています!

錦高日記7月7日(火)Ⅰ ~1年生紫錦祭企画会議~

 本日の放課後、1年生の紫錦祭での催事を企画する会が行われました。各クラスの意見3つ程度を持ち寄った代表者たちが一堂に会し、本校第一フロア(体育館)にてやりたいことをまとめていきました。様々な意見が出され、会の終盤までには、短編映画制作、巨大展示物製作、ギネスチャレンジ、ドッジボール大会、キックターゲット大会などに絞られていました。この後、絞られた企画案が各クラスに持ち帰られて、1年生の総意が決定していきます。

   

ほりほりの部屋Vol.16「長靴って“RDB”入り?~0.2%?!~」

 

 皆さん、こんにちは。堀です。「七夕」に、「あの2人」にはあいにくの雨だけれど、こんな日こそ!『アメニモマケズ、カゼニモマケズ、シメッポイクツシタニモマケズ』、GAT(元気で、明るく、たくましく)!

 今朝、挨拶運動に立っていました。風邪、ひかんといてや~、と言いたくなるくらいに雨に打たれた生徒もかなり見かけました。時間帯によっては、まさにバケツをひっくり返したような降り方で、必死に傘にすがりついている中1男子もいたりして。「おー、よう来た、よう来た」と声かけしてしまう場面もありました。(最近の降り方って、東南アジア並み(?)に、いっときに一気に降ることが多くなっている気がするのは堀だけ?)そんな中、高校生の足下が気になって、立っていた約50分間だけですが、長靴を履いている生徒数を数えてみました。何人いたと思いますか??堀が立つ前後にも着用していた生徒がいたかもしれませんが、目視できたのは、ナント!2人のみ!本校生徒の雨天時長靴着用率、0.2%!これはまさに、Red Data Book入り(?)の数値。2人ともJKでしたが、そのうちの1人には、足下を指さして、「正解!」と叫んでしまいました。彼女は笑って、頷いてくれていました。スニーカーを履いた、ある生徒は、「くつの中が大洪水ですう。」と嘆いていました。(ちなみに、先生方で長靴着用を確認できたのは、国語の水〇先生だけでした。教員における着用率1%!正解!)この数値の低さは、下駄箱の内容量スペースそのものが不十分、という根本的な問題や、今朝みたいな降り方はめったにない、ということも一因かと思います。

 それにしても、今日1日、ほとんどの生徒、ソックスの状態は不快かも、と心配になる堀でした。湿気のせいで髪型もなかなか決まらず、様々な印刷物、「紙もの」もしけって、くったりしたりして。梅雨とか、雨って、とかくネガティブなイメージをもたれがちです。一方で、大自然の大きな営みの中では、なくてはならないものでもあります。

 

 昨年9月、「呼ばれて」屋久島上陸した際のものです。左の巨木は、推定樹齢3000年の「弥生杉」、その生命力には圧倒されました!豪雨の中、幹に抱きついて、すりすりしてしまいました。次の2枚は、まさにジブリの世界を彷彿とさせませんか?残念ながら、「こだま」をとらえることはできませんでしたけど。およそ2時間の短いトレッキングでしたが、ツアー中ずっと土砂降りで、スニーカーの中、大洪水状態であっても、ものすごーーーく楽しい探検でした。身も心も、屋久島の雨で、全ての穢れ(けがれ)を洗い落とせた、そんな気になりました。こんな雨もあるのです。屋久島には自ら「行く」のではなく、屋久島から「呼ばれる」のだ、と言われています。諸君も「呼ばれたら」、発作的に応えたら良いと思います。あっ、その際は、お隣の島、種子島もお忘れなく。鉄砲伝来の地であることもさることながら、日本の科学技術の粋、種子島宇宙センター、JAXAにて、HⅡA/HⅡBロケットを見ない手はありませんよ。打ち上げにも立ち会えたらスゴいね!大学時代、人生において、最も自由時間がある時、我が国が世界に誇る、大自然と科学技術の両方を、是非是非、堪能してください。オススメです。写真では伝わりきらないすごさを体感してきてください!!ではでは。今日はこの辺で。CU ASAP!

P.S.  今日、7月7日、「七夕」と書いて、「たなばた」って読むのはなぜ?おりちゃん(ベガ)とひこちゃん(アルタイル)が年1回再会すること、つまり、恋愛がメイン?短冊に願い事を書くことがメイン?笹竹に飾りをするのはなぜ?そもそも、短冊にはどんなことを書くの?う~ん、チコ的疑問満載の日なりね~(コロ助風に)。実に様々な伝説が結び付いて、現在の「七夕」となっています。「自分で」ググってみてね。知識は簡単に得られます。そういう現代のことを「知識基盤型社会」と言います。賢くなろう!!

錦高日記7月6日(月) ~俳句甲子園、2年連続全国大会出場!!~

 本日は1学期末試験のちょうど1週間前になり、せっかく始まった部活動も停止です(下の写真は、大職員室入り口にある男子テニス部と陸上部のメッセージボードです。)。1年生にとっては、高校での最初の定期試験になります。赤点をとらないように(意識が低すぎましたかね・・)学習計画をたててしっかり準備していってもらいたいと期待しています。

 さて、嬉しいことに本校生徒の創作活動がまた評価されました。「第23回俳句甲子園」の出場32チームの1つに、本校2年生5名(21H野口さん、21H山田さん、22H眞舘さん、24H沖村さん、26H中村さん)のチームが見事選ばれました。本当におめでとうございます!地方大会がコロナ禍によって投句審査のみになってしまいましたが、日頃からの努力が報われましたね。全国大会も投句審査のみになり、その作品の締め切り日が7月10日(金)までになるようで、代表選手たちはテスト勉強をしながらも作品づくりに頭を悩ませる忙しい今週になりそうです。(ファイト!!頑張れ!!)

  R2 1学期期末試験 時間割.pdf  ←定期試験の時間割をご覧いただくことができます。

 

    

     

【お知らせ7/3】保護者の皆様方へ ~お子様の健康管理について~

 平素より、本校の教育に対してご理解とご協力をいただきありがとうございます。

 さて、隣県においては高校生の感染者が出ていることを踏まえ、お子様の健康管理に改めてご留意いただきますようお願いいたします。

 ・朝の健康チェックを必ず行い、以下の1~4のような症状がお子様にある場合は、まず登校を控えたうえで、担任に  連絡してください。   

   1. 平熱を超える発熱                  2. 嗅覚や味覚の異常   

    3. だるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)        4. 咳、のどの痛みなど風邪の症状   

・上記の1~4の症状が出た場合には、保護者の方から保健所等に相談してください。

・感染者、濃厚接触者だけでなく、欠席した生徒に対しても、偏見や差別につながるような行為は決して許されるものではないこともご指導ください。   

  各ご家庭におかれましても、改めて、感染予防に十分注意した行動をおとりいただきますようよろしくお願いいたします。                                                                                                      

                                     石川県立金沢錦丘高等学校長 堀義明

進路指導課より ~2年生 進路講演会~

 本日、2年生を対象に、ベネッセコーポレーションより講師の先生を招いて、進路講演会が開かれました。

 講演では、夏休みにやるべきことや基礎を固めることの大切さについて、講師の先生ご自身の高校時代の経験も踏まえながらお話しいただきました。メモを取りながら真剣に話を聞いている生徒たちの姿が印象的でした。 以下、生徒の感想です。

「今回のコロナウイルスによる休校期間中は、自分が思うような勉強をすることができませんでした。今日の話を聞いて、夏休みからと言わず、今日から始めたいと思います。」

 今年はコロナの影響で例年よりも短い夏休みとなりますが、自分の将来の姿を見据えながら、充実した夏となるよう過ごせるといいですね。

 

錦高日記7月3日(金) ~避難訓練~

 昨日は1・2年生が、本日は3年生が避難訓練を行いました。例年であれば、地震の後に火事が発生したという設定のもと、生徒全員が一斉に校庭に避難するという内容ですが、今年はコロナがあるので「密」にならないように、消防署のご協力を得て訓練を実施しました。

 まず、教室で消防署よりお借りした防災に関するDVDで災害時の心得を学んだ後、避難経路の説明を受け、実際にクラスごとに移動して避難経路を確認しました。DVDはとても具体的で分かり易く、浅野川の氾濫、38豪雪や森本・富樫断層など地元の話題も扱われていたので、生徒たちは興味深く静かに見入っていました。

  

 

錦高日記7月2日(木)Ⅱ ~図書委員会 ポップ作り~

 本日の放課後、図書委員会によるポップ作りがありました。本を紹介するポップは、本の帯とともに、本を選ぶ際のガイドになることがあります。生徒たちは、自分のお気に入りの本を選び、紙片を思い思いの形に切ったり、文字をデザインしたり、着色したりして、その本の魅力が他の人に届くように工夫を凝らしていました。写真は製作過程です。どのようなポップができあがったかは、後日ご報告します。楽しみにしていてくださいね!

  

 

 

 

錦高日記7月2日(木)Ⅰ ~紫錦祭8/28の準備スタートしてます!〈クラスTシャツ編〉~

 8月28日(金)に、例年から規模を縮小して(今年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、一般保護者の方々の参加も遠慮していただくことになります。残念ですが・・・)行うことになった”紫錦祭”の準備がスタートしております。

 本日放課後は、講義室に各クラスのTシャツ係の生徒らが集められ、生徒会担当の先生から作製にあたっての指示や注意などが与えられました。また、Tシャツの色がかぶらないようにするための話し合いも行われました。(平和的な話し合いが行われていましたが、選べる色の種類が多かったため、似たような色のTシャツはできてきそうです。)1年生にとっては、高校生になって初めての大きな行事をクラスメイトと迎えることとなり、第一フロアを使っての催事とともに、両方の立案をスタートしなければなりません。夏休みには、授業日も設定されているため、いつもより準備時間も短くなるはずなのですが、本校生徒たちの企画・運営・団結力のお手並み拝見の機会として期待しております。

    

 

錦高日記7月1日(水) ~錦丘ギャラリー~

 以前にも錦丘日記でご紹介しましたが、本校の中央階段の踊り場には「錦丘ギャラリー」(勝手に名付けています)があります。本日ご紹介する作品の数々は、これまでに本校に在籍し、主に美術系大学へ進学していった生徒たちの作品です。どれもこれも細部にまで心を尽くした作品になっていると思います。例えば、アジを描いた作品などは本物そっくりです。写真では十分にそれがお伝えできないのが、とても残念です。どうぞ、ご来校されて、ご覧ください・・・と言えないのもまた、残念です。(コロナのせいです)せめてこの場で、ご鑑賞ください。