学校概要 > 学校長挨拶

「文武不岐」を貫く、主体性ある生徒の育成

 

 ホームページをご訪問いただき、ありがとうございます。本校は今年度創立110周年

を迎える県下有数の伝統校であり、10月17日(土)には記念式典が本校体育館で挙行さ

れます。明治44年創立の石川県江沼郡立実科高等女学校(後に石川県立大聖寺高等女学

校と改称)、大正12年創立の石川県立大聖寺中学校を前身とし、昭和23年の学制改革に

より、現在の石川県立大聖寺高等学校となりました。

 

1 一人ひとりの高き目標達成を目指し、学校全体が挑戦を続けます

  それぞれの習熟度に応じた細かな授業展開、それぞれの志望や方向性に応じた伝統的

な戦略的補講、弓道部をはじめとする「チーム聖高」の精神が引き継がれる部活動、

これらすべての教育活動の展開が、本校の武器です。

 

2「文武不岐」の精神のもと、未来につながる人間力をつける

   決して学習活動と部活動等の課外活動は別々なものではありません。

一体であり、互いに相乗効果をもたらすものです。そこで得た経験と自信が、将来の飛躍への土台となります。

 

3 生徒の多様な志望や限りない可能性に応えます

  平成28年度設置の特別進学クラス「SPARKS」も地域に認知されてきました。昨年       

 に引き続き、名古屋大学をはじめとする難関大や金沢大学、奈良女子大学に合格者を出

 しました。また、レギュラークラスにおいても志望別補習や個別指導等の細やかな指導

 を展開し、推薦入試にも対応しています。

 

4 伝統の真価を受け継ぎ、さらなる進化を目指します

   全国各地の二万六千人を超える多くの同窓生によってよき伝統が受け継がれ、そこに

真価が宿り、未来へ向かってのさらなる進化の自覚が芽生えます。今後とも、本校に対

するご理解、ご協力と温かいご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。 

 

 

石川県立大聖寺高等学校

校長  土 山  樹 一 郎