肢体不自由教育部門高等部の教育活動

肢体不自由教育部門 高等部
 
自立と社会参加に必要な力を育てるため、教科学習や自立活動、作業学習、職場実習など、個に応じた様々な学習をしています。

[自立活動]
生徒一人一人に応じた内容(健康の保持、心理的な安定、人間関係の形成、環境の把握、身体の動き、コミュニケーション)に取り組んでいます。

[教科]
生徒の教育的ニーズに合わせた教育課程を編成しています。進学や企業就労に向けた学習を行い、「ビジネスワーク」など学校設定教科も導入しています。ICT機器を活用した学習にも取り組んでいます。

[教科等を合わせた指導]
一日の生活に見通しをもち、個別課題に取り組む「日常生活の指導」や、行事を企画したり野菜を育てたりする「生活単元学習」、働く意欲を育てる「作業学習」などがあります。

[総合的な探究の時間]
生徒が自ら課題をみつけ、その解決を通して学びを深めます。興味・関心に応じたテーマを選び学習するグループもあります。

 

[職場実習]
2年次から年間2回の職場実習を体験し、卒業後の生活につなげています。

 

自立活動「身体を思いっきり動かそう」




美術「もちもち絵の具で背景作り」



生活単元学習「苗植え」



総合的な探求の時間「文化祭を創り上げよう」



職場実習「タオルたたみ」



夏季講座「校内実習」