津幡高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます                 


 

 本校は、大正13年に設立された「河北農蚕学校」を始まりとし、昭和11年に「県立幡農学校」と改称、昭和2年に設立された「津幡高等女学校」と併合し、昭和23年に「石川県立津幡高等学校」として農業科と普通科の2学科の学校となり、今年で創立96年目を迎えます。
 現在の校名となって以来、地域や時代の要請に応え、学科の改編、分校の設置や統合、定時制の設置や廃止、学校の分離や統合などを重ね、現在は、スポーツ健康科学科と総合学科の2学科を併置する全日制高校として、地域に貢献する人材を輩出しています。                                    
 スポーツ健康科学科は、県内公立高校では唯一のスポーツの専門学科として、スポーツより科学的に追究し、自己の心と身体の健康について学び、専門的な知識や高度な技術を身につけたアスリートや体育指導者の育成を目指しています。                      
 総合学科は、進学(自然/人文)系列、ビジネス系列、園芸系列の3つの系列があり、自分の進・適性に合わせて選ぶことができます。2年次からは、自分が選択した系列ごとに、そぞれの分野の専門的な学習をして、進路実現を目指していきます。

 部活動においては、「スポーツを愛する校風」が実を結び、柔道部、なぎなた部、女子スケットボール部、ウェイトリフティング部などが、全国大会で優秀な成績を収めていす。また、地域の清掃活動や本校「トキサポート隊」による各種環境保全活動など、ボランティア活動等も積極的に行っています。
 
 本校では、「心身ともにたくましく、調和のとれた人格を持つ、社会に主体的に対応できる能力を身につけた人間の育成」を目指し、様々な教育活動をすすめていきます。
 皆様方の本校への一層のご理解とご支援、ご助言をお願い申し上げます。

 石川県立津幡高等学校
 校長 石倉 喜八朗