校長挨拶

 石川県立内灘高等学校のホームページにお越しいただきありがとうございます。

 石川県と地元内灘町の期待のもと、内灘高校は1986年(昭和61年)に創立し、現在36年目を迎えています。すでに卒業生は5,800名を超え、県内をはじめ、全国各地で活躍しています。特に、金沢・河北を中心とする地元においては、地域経済の中核を担い、その活性化に大いに貢献しています。

 本校は、「地域に学び、地域に生きる、地域に学びを生かす」という意味の「地学地生」を基本としながら、本校を選んで入学した生徒全員を大切に育てる学校です。卒業生の大部分は県内の大学・短大・専門学校等へ進学、県内企業等に就職しています。

 さて、石川の教育振興基本計画(第3期)にあるように、本格的な人口減少時代の到来による地方創生に向けた動きが進む中、地域の活性化を実現するためには、地域の人々が、郷土に対する誇りと愛着を礎に、地域の発展に貢献する態度を育むことが大切です。また、社会が急速に変化する中、企業は新しい人材に即戦力を求めており、高校生が卒業後に社会で求められる役割が変化しています。このため、社会というリアルな場面で探究し企画する活動や、地域社会に参画する活動など、生徒が主体的に学び取っていく学習を学校全体で組織的に実現する必要があります。

 つきましては、幅広い教育ニーズへの対応を求められる本校においては、教員の授業力を一層向上し、生徒の学校生活における意欲を引き出し、進路実現を図るために、地域との連携や学校間の連携を強化し、地元に愛され、必要とされる学校づくりを目指すとともに、地域を支える人材の育成を図ります。

 これからも地域の皆様や同窓生の皆様、保護者の皆様方への感謝の気持ちを忘れず、教職員一丸となって、生徒一人ひとりの可能性を広げ、明るく、胸を張って進学や就職に向け努力する生徒の育成に尽力したいと考えております。

 今後とも皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

校長 朝田 肇