R4内高ダイアリー 0810

全国高校生地方鉄道交流会に出場しました

8月7日(日)

一般社団法人全国高校生地方鉄道交流会が運営する第11回大会が大阪府泉南郡岬町でおこなわれました。本校は北陸鉄道浅野川線内灘駅に近く、多くの生徒が浅野川線を利用していることから、これまで浅野川線との結びつきを強めたいと考えてきました。
コロナ下で2年間行うことができなかったチャレンジ活動を3年ぶりに復活させ、その際、内灘駅への訪問を盛り込みました。北陸鉄道(株)からもご快諾を得て、資料提供など熱いご協力を得ることができました。内灘駅訪問を希望した生徒を中心に浅野川線について研究し、同交流会でリモート発表しようということになりました。仮称、浅野川線研究会がここに誕生しました。あらためて浅野川線金沢駅から内灘駅までを往復乗車したり、金沢駅構内を見学させていただいたり、内灘町歴史民俗資料館「風と砂の館」を訪問取材しました。「風と砂の館」所蔵の資料も発表資料として利用させていただき、お互いに議論をしていくなかで、浅野川線沿線にかつて存在した粟ヶ崎遊園や粟ヶ崎海水浴場について興味をもった生徒たちはなんとか粟ヶ崎遊園を復活させることができないかという提案をまとめたものを今回の発表としました。全国の鉄道研究会がしのぎを削る同交流会で本校生徒は堂々と発表することができました。
なお、同交流会の開会式でおこなわれたジャンケン大会で電車の警笛を獲得しました。

      

【速報】0806インターハイ

【速報】全国高校総体自転車競技 一昨日に続いて米田準優勝!山下入賞!
令和4年度全国高等学校総合体育大会自転車競技大会、女子ケイリンで、米田千紘(3年内灘中卒)準優勝北岡マリア(2年星稜中卒)9位に入りました。また男子1kmタイムトライアルで山下翔太郎(2年港中卒)8位に入賞しました。

               山下翔太郎(2年港中卒)

【速報】0804インターハイ

【速報】全国高校総体自転車競技 北岡優勝!米田準優勝!
高松競輪場でおこなわれている「令和4年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会」500mタイムトライアルで、本校自転車競技部の北岡マリア(2年星稜中卒)が37秒376で優勝しました。日本一です!また米田千紘(3年内灘中卒)は37秒398で準優勝

内灘高校ワン・ツーフィニッシュです(^_^)v

新着情報
R4内高ダイアリー0804

内灘高校体験入学2022 多くの中学生が参加しました
8月3日(水)内灘高校体験入学2022がおこなわれました。
参加した中学生は高校生活の1日を体験しました。
軽音楽部のミニコンサートや学校説明会、模擬授業の体験、部活動見学など、ほんの少しの時間でしたが、高校生活を具体的にイメージしてもらえる時間になったかと思います。中学生からは「軽音楽部の演奏は迫力があった」「高校からギターを始めたのにすごい!」「授業がとてもわかりやすく、体験入学に参加して良かった」「先輩のみなさんが充実した学校生活をおくっていると感じた」「内高は自信をつけられる学校でとても良いと思いました」「先生や先輩たちは明るく優しく面白かった」「教室から見える海の風景がキレイでした」「バドミントンの部活体験おもしろかった」などの感想がありました。今後の進路選択の参考にしてください。

R4内高ダイアリー0803

学校案内パンフレット2022ができました

↑↑コチラをクリック↑↑

R4内高ダイアリー0802

明日は発見がいっぱい「中学生の体験入学2022
8月3日(水)内灘高校体験入学を実施します。
受験生となる中学3年生にとって進路選択の大きな判断材料になるのが「体験入学」です。実際に内灘高校の校舎に入り、大学のような階段教室で学校の概要説明を聞いたり、模擬授業や部活動見学、体験をしたりなど高校生活を具体的にイメージしてもらえると思います。今後の進路選択の参考にしてください。コロナウイルス感染症対策を徹底しておこないます。中学生のみなさん!お待ちしています(^_^)v

R4内高ダイアリー 0729

 自転車競技部のインターハイと国体に向けた横断幕


来る全国高校総体(インターハイ)自転車競技と全国国民体育大会に向けて横断幕が完成し、校舎前に掲示しています。3人の選手は来週、インターハイに向け、香川県高松市へ出発します。健闘を願うばかりです。

横断幕を示す小篠校長
R4内高ダイアリー 0728

AED講習会

7月27、28日

本校生徒、教職員を対象にAED講習会をおこないました。内灘町消防本部から消防署員の方々をお迎えし、事故等が発生した際に迅速な判断と適切な対応を学びました。生徒は部活動での事故等を想定していましたが、今回学んだスキルを普段の生活においても機会があればぜひ活かしてほしいと思います。

R4内高ダイアリー 0727

卒業生英洸貴さんが内灘でボクシングタイトルマッチ

本校卒業生英洸貴(はなぶさこうき)さんが次の日程でタイトルマッチに臨みます。
と き 令和4年7月30日(土)14時~
ところ 内灘町総合体育館

英さんは在学当時、全国高校総体ボクシング競技にも出場した逸材です。

今回は地元内灘で。頑張ってほしいものです。応援しています。

→結果報告します。英さんが判定勝利をおさめ、昨年11月に奪った王座の初防衛に成功しました。

 おめでとうございます。

 

 

R4内高ダイアリー0726

3年生「自己表現ワークショップ」を体験
3年就職希望者を対象に、「自己表現ワークショップ」をおこないました。講師として即興演劇を専門とする絹川友梨氏(桜美林大学 助教)をお招きしました。「自己を表現する力」をきたえよう!を合い言葉にコミュニケーション力を高めるゲームからスタート。相手に自分の考えを伝えることの難しさをゲームから学びました。ボールを投げるように話しかけ、そして相手が受けとめたかを確認する。ボールを受けとる側は大事にボールをとるように相手の話をしっかり聞く。どうやって相手に伝わるか、相手を理解するかをお互いに工夫していく。ウォーミングアップからいろんなことを気づかせてくださいました。
「ネガティブ」を「ポジティブ」に、「否定的」ではなく「肯定的」にしていくことで話題は広がり、相手との人間関係が良くなる。自分を表現する力を鍛えるということは、自分の話したいことを話すだけではなく、相手のことに興味を持って肯定的にとらえることが大事だということを学びました。

R4内高ダイアリー 0725

自転車競技部、インターハイ

自転車競技部は本校創立以来の部活動で、全国制覇の伝統を誇ります。今年度も石川県高校総体、北信越高校総体を勝ち抜いた3名が全国高校総体インターハイに臨みます
令和4年度、四国高校総体インターハイ『秩父宮記念杯・第73回全国高等学校対抗自転車競技選手権大会』、『第67回全国高等学校自転車道路競走中央大会』は8月4日(木)~7日(日)の日程で香川県で開幕します。

本校の生徒の参加予定は次のとおりです。


8月4日(木)|1日目(初日)

 1 ケイリン予選         (米田、北岡)
 2 ケイリン予選敗者復活戦 
 3 女子500mタイムトライアル決勝 (米田、北岡)

8月5日(金)|2日目

 1 ケイリン1/4決勝
 2 ケイリン1/2決勝

8月6日(土)|3日目

 1 1kmタイムトライアル決勝    (山下)
 2 ケイリン7-12位決定戦 
 3 ケイリン決勝

8月7日(日)|4日目(最終日)
 1 個人ロード・レース       (米田、北岡)

 

  

R4内高ダイアリー 0722

「アチーブ賞」第3弾!

「第1回チキチキPOPタイピング選手権大会」
「検温机出しボランティア」

この「アチーブ賞」は「自分の行動が役に立った」「みんなから認められた」などの「自己肯定感」や「自己有用感」を育み、それを「自信」にして、もっと頑張ろうという「向上心」につなげ、充実した高校生活を送ってもらいたいという願いから今年度新たに創設した校長賞です。
夏季休業中も生徒自ら考え、社会のために行動する思いを大切にしてほしいと思います。

 

R4内高ダイアリー 0721

防災訓練(7月13日)のポスターが完成しました。

 

お知らせ

内灘高だより第4号が完成しました。次のバナーをクリックしてください。 

 

R4内高ダイアリー 0720

 表彰伝達、壮行式、離任式そして終業式

1学期の締めくくりの日になりました。まず自転車競技部の表彰伝達式と壮行式をおこないました。壮行式ではインターハイ(全国高校総体自転車競技)に参加する自転車競技部の北岡マリアが力強く抱負を語れば、小篠校長は「内灘のバンクから全国のバンクへとしっかりと風になって走ってほしい。みなさんの頑張りが内灘高校全体の盛り上がりになると信じています。」とはなむけの言葉を送り、生徒全員で「うーちーなーダー!」で締めました。
離任式ではALTのベンジャミン先生が流量な日本語でお別れの挨拶を述べられ、生徒はその言葉をしっかりかみしめるように前を向いていました。
そして終業式。小篠校長は始業式で話した3つのこと(挨拶、黙食、進塁)について振り返られました。特に「進塁」については野球で一つひとつの塁を目指すように成長を意識して自分自身に自信を持つようにと語りました。最後に2学期につながる夏休みをと期待をかけ、9月には元気な顔を見せてほしいと結ばれました。暑い夏をそれぞれの目標を持って熱いものにしてほしいと思います。

 
 ビジネス計算実務検定1級に合格した2年河野匠哉  北信越自転車競技大会の成果を報告する3年北岡マリア
 これまでの自転車競技部の活躍をまとめた映像を視聴

東海北信越ブロック新人記録会に出場中のため

出席できなかった2年山下翔太郎からのビデオ

メッセージ

小篠校長の餞(はなむけ)の言葉と「うーちーなーダー!」
ALTベンジャミン先生への感謝状贈呈とお別れの挨拶
小篠校長の講話 生徒課山本教諭のお話
保健相談課三宅教諭のお話 進路指導課山口教諭のお話
1学期最後のロングホーム

 

 

R4内高ダイアリー0719

チャレンジ活動2022をおこないました
内灘高校「チャレンジ活動2022」は平成21年から続く学校行事です。ここ2年は感染拡大のため実施できませんでしたが、今年は感染症対策のもと復活開催することができました。
内灘町を中心に様々な分野で活動されている方々をお迎えしておこないました。
生徒は13の講座から希望選択した活動を通して異年齢の方々との交流、また生徒たちは学年縦割りで参加したので異学年との交流となり、年齢の違う者同士の交流となりました。その活動の中でのコミュニケーションは社会性を育む上で絶好の機会となりました。
講座は
内灘砂丘ボランティア「内灘の歴史を知ろう」、内灘町健康づくり推進員会「料理教室」、内灘町グランドゴルフ協会「グランドゴルフ」、ふれあい工房たんと「フライングディスク」、うちなだ愉快な仲間たち「よさこい演舞」、内灘町赤十字奉仕団「救急法」「ドローン体験」「バルーンアート」「北鉄浅電体験見学」など13の講座を開講しました。
本日の活動を通して生徒たちには、参加した活動をより深めより極めるために上級学校で学んだり、今後一緒にこの活動を盛り上げたりすることで地域活性化へとつなげていきたい考えています。ご協力していただいた講師の皆さま方ありがとうございました。

R4内高ダイアリー 0715

内灘町長表敬訪問

本日、小篠聡校長、片岡教諭、守屋教諭が自転車競技部3年米田千紘、2年山下翔太郎、2年北岡マリアを引率して川口克則内灘町長を訪問し、インターハイおよび国体出場を報告しました。川口町長は日頃の練習を信じ、実力を発揮してほしいとの激励のお言葉をいただきました。3人はそれぞれ抱負を語り、練習の成果をいかんなく発揮することを誓いまし

 

 
   

 

R4内高ダイアリー0714

7月13日「スマホde防災リテラシー」を実施しました

KDDIワークショップ型出前講座「スマホde防災リテラシー」を1年生対象におこないました。「情報リテラシー」を理解し、「防災教育」の意識高揚を図り、「コミュニケーションスキル」を身に付けることを目的としました。KDDI㈱から講師をお迎えして、災害発生時に通信をライフラインとして有効に活用するための実践講座でした。架空の街の地図を見ながら、大災害が起きたという想定のもと、専用グループチャットアプリで災害情報を集めて共有し、安全な避難経路や避難所、救助に向かう場所を地図上で特定しました。


生徒からは「もし災害がおきたら避難場所とかしっかり確認して行動したい」「情報を見極めることが大事」「人を救助するためにSNS上での呼びかけや調整にはコミュニケーションの力が必要だと思う」などの感想がありました。
内灘高校では今回の「スマホde防災リテラシー」講座を通して、災害時に協力・活躍できる人間に育てたいと考えています。また「情報リテラシー」を意識させ、ネット上の不確かな情報に惑わされないようにすることや自らが情報を発信するときには受け取る側のことも考えて正確なものをアップすることができるようになると思っています。そして、「地域に信頼され、必要とされる学校」として、地域の人々の安全に貢献する大切さの理解も深めていきます。

R4内高ダイアリー 0713

防災訓練

本日、内灘町消防本部から消防署員の方をお迎えし、防災訓練をおこないました。最初に地震を想定した教室で身を守る安全行動の訓練をおこないました。これはシェイクアウトいしかわへの協力参加でもあります。その後、地震からの火災が起こった想定で、全校生徒教職員がグランドに避難しました。その後、生徒は水消火器による消火訓練をしました。内灘町消防本部の中本課長からは京都アニメーション事件を例に、煙を吸うことの怖さについて語っていただき、こうした訓練が助け合いの心を育てると訓示していただきました。

  

R4内高ダイアリー 0712

生徒1人1台端末活用授業を動画配信しました


本年度スタートした石川県教育委員会の「生徒1人1台端末を活用した授業づくり推進事業」に基づいて、本校の田向教諭(数学)が動画配信による公開授業を実施しました。
田向教諭がおこなったのは1年生の数学Aの授業で「最短経路の道順」についてです。生徒は終始、1人1台端末であるクロームブック(Chromebook)を使い、「ロイロノート」(授業支援システム)でまず一人ひとりが自分で問題に取り組みました。それぞれが思考する様子を田向教諭は手元の端末で確認しながら、一人ひとりに声をかけ、アドバイスをしたり、ヒントを出したりします。生徒全員の答えは黒板に映し出されていくので、そうした意見をうまく抽出し、全体で共有を行います。そこから出てきた疑問について、「共有ノート」を用いて、数人で意見をまとめる協働作業を行います。本校生徒は自分の意見を全体の前で発表することに苦手意識を持つ生徒が少なくありませんが、そうした場合でも自分の意見を表すことができるツールです。最後に田向教諭が発展問題を出題し、説明できる人は?と問うと生徒の一人が手を挙げ、立ち上がって説明してくれました。生徒全員がしっかり参加できたのも1人1台端末の賜物と考えられます。今後も生徒が思考し、探究する手段として1人1台端末を活用していきたいと考えています。

   
R4内高ダイアリー0711

「企業ガイダンス2022」に参加しました
7月9日(土)高校生を対象とした「企業ガイダンス2022」が産業展示館で開かれました。241社の企業が参加しておこなわれ、石川県の就職希望の高校生と保護者約1600人が企業の担当者から話を聞きました。本校は就職希望者15人が参加し、9月から始まる就職試験に向けて、会社の概要や仕事の内容、福利厚生などの説明を真剣に聞き、各企業やその業種の理解を深めました。
5年後、10年後、その会社で働く自分の姿をイメージして就職試験に臨んでもらいたいものです。

R4内高ダイアリー 0708

ハートフルいしかわラジオ放送のご案内

6月16日(木)に、ジビエコーディネーターの福岡大平様にお越しいただき、全学年対象にジビエの普及・SDGsなどに関した「ハートフルいしかわ ラジオ学校講演会~「里山との共生に懸ける人生」~と題して講演会が行われました(本校HPでもR4内高ダイアリー 0620でご紹介しています)。そのときの講演会が明日7月9日(土)午前9時~9時30分にラジオかなざわで放送されます。ラジオかなざわアナウンサーの綿谷尚子様と福岡様の軽快なテンポの対話を中心とした講演会で、イノシシの生態やイノシシ肉の利用などについてのお話に、本校生徒も質疑応答の時間には沢山の質問をし、盛り上がりました。

なおラジオかなざわホームページに番組の紹介などが掲載されています。このホームページからスマホやパソコンで聞けるインターネットサイマルラジオにアクセスできます。ぜひチューニングしてみてください!

ラジオかなざわ ホームページ

https://www.radiokanazawa.co.jp/

*ラジオかなざわ・ラジオこまつ・ラジオななお・インターネットサイマルラジオ
*放送日:2022年7月9日(土)午前9時~9時30分、再放送7月23日(土)同時間

R4内高ダイアリー0707

7月13日「スマホde防災リテラシー」を実施します

KDDIワークショップ型出前講座「スマホde防災リテラシー」を1年生対象に実施します。「情報リテラシー」を理解し、「防災教育」の意識高揚を図り、「コミュニケーションスキル」を身に付けることを目的におこないます。KDDI㈱から講師をお迎えして、災害発生時に通信をライフラインとして有効に活用するための講座をお願いしてあります。机上の架空の街の地図を見ながら、大災害が起きたという想定のもと、専用グループチャットアプリで災害情報を集めて、安全な避難経路や避難所、救助に向かう場所を地図上で特定する、ワークショップ型の授業を体験します。今回の「スマホde防災リテラシー」講座を通して、災害時に協力・活躍できる人間に育てたいと考えています。地域に信頼され、必要とされる学校として、地域の人々の安全に貢献する大切さについて理解を深めていきたいと思っています。

R4内高ダイアリー 0706

3年就職活動へ向けて

7月4日(月)、3年生の就職希望者に対して集会を開き、あらためて求人票の見方についてポイントを指示し、さらに「高校生を対象とした企業ガイダンス2022」(7月9日(土)石川県産業展示館にて:主催ジョブカフェ石川)に向けたガイダンスを行いました。このイベントは生徒とその保護者を対象に、各企業ブースにおいて事業内容の説明会を午前・午後あわせて最大8回行っていただけるもので、生徒は、あらかじめ出展希望企業一覧から、訪問したい企業を4つ選ぶことができます。また本校にも多くの企業の方々が求人票を携えてご来校いただいています。いよいよ就職に向けて大事な夏を迎えました。今日で1学期期末考査も終わり、ここからあらたなスタートを切ってほしいと願うばかりです。

 

R4内高ダイアリー 0705

鶴ヶ丘小学校を訪問しました

6月29日(水)、内灘町立鶴ヶ丘小学校を訪ね、小学1年生の授業を参観しました。その日は「引き算」の授業でした。「起立、礼」に始まり、最後に「ありがとうございました。」の挨拶まで、どの子もきちんと授業に取り組んでいる様子に感心しました。先生の方を向き、先生のお話をしっかり聞いて、手を挙げるときはしっかり挙げる。配られたプリントにはしっかりした文字で今日のめあてを記入。ブロックを使って横のお友達と相談したり、教え合ったり。前に出てプロジェクタでみんなに説明してくれたり。写真は載せませんが、教室の壁に掲げられた掲示物やこどもたちの作品にも大変感心して帰ってきました。今日、若手教員育成プログラムによるいわゆる若手研修でも、この訪問について情報共有しました。また訪問させていただきたいと思います。

 

R4内高ダイアリー0704

1学期期末考査日目
先週木曜日から全学年1学期期末考査を実施しています。これまで学習してきた成果を出し切りましょう。本校では知識だけを問う問題だけではなく、既知の知識や考え方をもとにした思考力を問う問題にも挑戦させています。1点でも良い点が取れるようがんばってください!テスト終了時には各教科の提出物があります。期限を守りましょう!今日はテストを受けている生徒の様子です。

お知らせ

内灘高だより第3号が完成しました。今回は№1と№2の2部構成です。

次のバナーをクリックしてください。

 

 

お知らせ

保健だより7・8月号を掲載します!  

今号から本校スクールカウンセラー安田幸先生の「安田先生のお話」を掲載します。

ちょっと疲れた時、一息ついて心を休めてみませんか。(次のバナーをクリックしてください)

 

R4内高ダイアリー 0701

2年思春期講座

6月29日(水)、菜の花助産院の植田幸代助産師さんにご来校いただき、「本当に知りたい 性の話」と題して、2年生思春期講座を開催しました。2年生は1年生の時に川島真希助産師さんの「大切なことを話そう」の講演を聞いていて、今回の講演でより一層知識が深まったようでした。

~生徒の感想より~

・18歳で成人になることはいいことばかりでなく、金銭トラブル、アダルトビデオの契約など危険な面もあるので気をつけようと思った。。

・LGBTQ+の人たちを差別しない、理解する。そしてこのような人たちが話をしやすい環境にしてあげることが必要だと感じた。

・パートナーの意見を尊重し、性的同意をとることも相手を大切にする上でとても大切だということがわかった。

    

R4内高ダイアリー 0630

3年進路ガイダンス

6月27日、3年生は進学希望者と就職希望者に分かれ、進学希望者は上級学校について、各学校入試担当者から説明を聞いて意識を高め、さらに(株)ライセンスアカデミーの方々による模擬面接を通じて、面接試験に向けて基本的な対応について学びました。また就職希望者はジョブカフェ石川(金沢市)に出向き、そこで模擬面接をしていただきました。模擬面接を通じて、志願先の内定に近づくため基本的な対応を学びました。

進学希望者への上級学校別説明会と模擬面接
就職希望者への説明会と模擬面接
お知らせ

令和4年度 地域交流による高等学校活性化事業について

  内灘中学校および鶴ヶ丘小学校の訪問については地域交流活性化事業のページに掲載しています。

 

R4内高ダイアリー0629

輝け!第1回チキチキタイピング選手権大会
内灘高校ではGIGAスクール構想一人1台端末Chromebookを活用した授業を展開しています。生徒たちは自分で調べ、知識を蓄え、視野を広げ、どんどん深めていくという学びにつなげています。「自分の得意分野を伸ばす」ことと「苦手でも必要とされる基礎力を身に付ける」ことを目標に日々取り組んでいます。
一斉学習や協働学習において、先生との双方向や生徒同士の意見交換などに、どうしても必要な力としてタイピング力があると思います。そこで、全校生徒による輝け!第1回チキチキタイピング選手権大会」を実施しました。
Webにあるタイピングゲーム「POPタイピング」を使用し、1分間でどれだけ多くのポップコーンを召喚できるかに挑戦しました。
結果は、優勝 2年北間 颯(浅野川中卒)、準優勝 3年石川貴裕(大徳中卒)でした。二人とも紫電のポップコーンマスターの称号を獲得しました。
上位5名にはアチーブ賞と賞品(ポップコーン)を授与します。おめでとう!

惜しくも入賞できなかった生徒のみなさん!第2回大会に向けてガンバレ(^^)/
これまで生徒たちは休み時間などにChromebookで自分の記録を伸ばしたり称号レベルを上げたり、ゲーム感覚で取り組んできました。タイピング能力を高めることで、生徒がより主体的に、より創造的に思考する学習者になると考えています。ちなみに私、校長の小篠(こしの)は1076粒でした。初級ポップコーン使いの称号をいただきました(^o^)

R4内高ダイアリー0628

「ふらっと図書室」のページを新設しました
図書室のトップページの分野をクリックするとその分野の書架の写真を見ることができます。
またその分野の新着本やおすすめ本のちょこっと紹介もあります。
先生方の「リレー読書」では、生徒のみなさんに「とっておきの1冊」を紹介しています。
ぜひぜひ参考にして、本を手にとってもらいたいと思います。
読書は想像力を高めます。イラストや写真からではなく、文章から内容を想像します。登場人物の心情を想像して「人間関係力」を身に付けることもできます。さあ!図書室にふらっと行ってみよう!

「ふらっと図書室」はコチラ→

R4内高ダイアリー0627

1、2年生選択科目説明会と総合的な探究の時間

本日、1年生は先日おこなった「進路適性検査わくわく」の結果が返されました。個性や適性について書かれたシートを見つめながら自分と向き合う人もいれば、教室に入ってきた教頭に見せて、解説を求める人もいて。その後、課題設定入門として「職業人について考えてみよう」ということで次のようなワークシートを使い、興味をもった職業について、chromebookで調べながら探究を深めました。2年生になると文系、理系、一般コースに分かれます。少しずつ自分の進路を現実のものとして考えていく生徒が増えることを期待します。


また2年生は社会人へのインタビューに向けて大詰めを迎えています。そもそもインタビューとはをもう一度考える人もいれば、chromebookを使ってインターネットで具体的な取材先を当たる人。また話し方や質問の内容を担任に確認する人。教員はできるだけ生徒に任せて、思考させる時間を大切にします。おのずと生徒同士で話し合うことになり、そこから教員が予想していなかったことが生まれる。そんなことを期待しながら今日も見守っていました。その後、視聴覚室で3年生への選択科目説明会をおこないました。

   
   
体験入学のお知らせ

令和4年度体験入学のお知らせ(書類をダウンロードできます)

本校は金沢駅から電車で20分の内灘駅近くにあります。校舎から日本海を望むことができる環境で生徒は元気にそして穏やかに学校生活を過ごしています。このたびの体験入学に生徒・保護者・先生方に参加していただきたく、お知らせします。ご不明な点やご質問等があれば、お気軽に教頭の竹中または総務課の上寺までご連絡ください。

次のバナーをクリックしてください。実施要項や申込書をダウンロードできます。

R4内高ダイアリー 0624

1年内灘町商工会進路講演会

6月15日(水)、内灘町商工会の皆様にお越しいただき、1学年対象の進路講演会をおこないました。前半は商工会のオリジナル動画により内灘町の各企業について学び、後半は実際に3名の方(Amie by oasis 髙森亜美様・シャディサラダ館内灘駅前店 西健太郎様・㈱冨士タクシー 塚本泰央様)に「仕事の魅力」についてお話いただきました。動画は今回の講演会のために、準備してくださったものであり、大変スタイリッシュで素敵な動画でした。地域に元気で魅力的な企業がたくさんあることを知り、生徒は新しい刺激を沢山受けた様子でした。

~今回の動画でご紹介いただいた企業(敬称略)~

キタムラ・システムズ、道下造園、(有)将建工業、㈱ナニワ急便、シャディサラダ館内灘駅前店、㈱冨士タクシー、㈱中善工務店、(有)栄光電気、Amie by oasis、㈱はづ貴、(同)ダイバーズシステム

 

【生徒の感想】

・一人ひとりが仕事に誇りを持ってるのがすごいと思った。

・職業はお客さんの接客があるのがほとんどなので特にタクシーはお客を乗せて運ばないといけないいわば人の命に関わるので重大だなと思った。

・最初は、小さくても段々会社が大きくなっていき発展していったのが凄いと思った。

・職業の種類は様々で、働いている人たちのその職業に対する思い入れも様々だということを知れて勉強になったしお話もとても面白かったです。

・美容師の人は、色々と辛いことを乗り越えて一人前になってるんだなーってことを知れて今後髪を切ってもらうときは前よりも感謝したいと思いました。

 

R4内高ダイアリー0623

令和年度 地域交流事業:内灘中学校を訪問しました
「地域交流による高等学校活性化事業」として今年度本校は内灘中学校鶴ヶ丘小学校向粟崎小学校と連携します。連携校と協力した地域貢献活動を通して、地元内灘町に信頼され、必要とされる学校づくり、そして地域を支える人材を育成したいと考えております。
今日(23日)は内灘中学校の授業を参観しました。授業中の生徒の様子や先生の声かけ、生徒の心を前向きにする校舎内の掲示など、本校で参考になることがたくさんありました。ありがとうございました。
今後は内灘高校の公開授業や学校行事に参観参加していただき、連携校とともに地域に貢献できるようにしていきます。活動内容はこの「内高ダイアリー」でお伝えしていきます。

お知らせ

令和4年度同窓会役員会が開催されました。詳しくは次のページへ。

 

R4内高ダイアリー 0622

1年生思春期講座 

6月15日(水)6限 

 まき助産院の川島真希先生にお越しいただき、「大切なあなたのことを話そう」と題し熱くお話をしてくださいました。生徒の感想では「人は見た目ではわからない、個人差があること(SOGI)」「妊娠に必要な3つのこと(精子、卵子、子宮)」「性感染症(HIV・クラミジア)、不妊の原因」等について書かれているものが多く理解が深まりました。また、「NO」と言えること、「HELP」と言えることが大切との感想も多く、川島先生が最後に「誰にも相談できなくて困った時は私を思い出して!そのために学校を回っている」と語りかけた愛情あふれる言葉は生徒たちの心にも残ったようです!

   

R4内高ダイアリー0621

PTA:第1回自転車乗車マナー一斉指導
石川県下一斉に自転車乗車マナー指導が21日(火)におこなわれました。PTAを中心に、交通安全推進隊、警察の方々など多くのみなさんに参加していただき、「交通マナーの指導」「交差点での安全指導」「あいさつの声かけと本校生徒の登校状況の確認」をお願いしました。ありがとうございました。
今年度の重点目標のひとつに「地域に信頼され、必要とされる学校を目指す」があります。信頼は日々の生徒の活動から得られると思います。相手に伝わる挨拶をすることや相手を思いやる交通マナーはとても大切なことです。生徒一人ひとりの人間力を育んでいきます。

参加していただいたPTAの方々の感想です
・歩行者からは見えるけれど、車からは見えない場所もあるので気をつけて登校してもらいたい。
・一斉指導はとても良い取り組みだと思います。
・生徒の子どもたちは交通マナーを守っていました。
・「おはよう」の声かけに照れながら挨拶してくれる生徒さんが多かったです。
・思いのほか交通量が多くて驚きました。
・挨拶を返してくれる子もいて朝からうれしい気持ちになりました。
・挨拶をしっかりするので好印象でした。先生方の取り組みに感謝しています。

R4内高ダイアリー 0620

福岡大平氏 ハートフルいしかわ ラジオ学校講演会

     ~「里山との共生に懸ける人生」~

6月16日(木)の6限に、ジビエコーディネーターの福岡大平様にお越しいただき、全学年対象にジビエの普及・SDGsなどに関した講演会が行われました。ラジオかなざわアナウンサーの綿谷尚子様との対話形式で、大変聴きやすく軽快なテンポでお話を楽しめました。主にイノシシの生態やイノシシ肉の利用などについてのお話を聴き、私たちを取り巻く環境やふるさとの里山や自然について学ぶ機会となりました。福岡様のイノシシ愛溢れるトークから、生徒たちもジビエに対して興味・関心を高めた様子で、質疑応答の時間には沢山の生徒が質問をし、盛り上がりました。

なお今回の講演会は、石川県教育委員会の心の教育推進協議会によるもので、ラジオかなざわ様がコーディネートしてくださっております。

*ラジオかなざわ・ラジオこまつ・ラジオななお・インターネットサイマルラジオ

*放送日:2022年7月9日(土)午前9時~9時30分、再放送7月23日(土)同時間

 

【生徒のふりかえり】(抜粋)

(Q1)イノシシについて分かったこと・はじめて知ったこと・驚いたこと

 イノシシは4~5頭産んで好きな食べ物は米・芋・果物。人間で言うと3~5歳ほどの知力があるということを始めて知った。イノシシが出たら、①慌てない②驚かさない③逃げ道を作っておく④股を閉じる⑤そっと立ち去る を実践しようと思った。


(Q2) 福岡さんの話を聞いて感じたこと・思ったこと

 自分も動物とか自然が好きだから、イノシシ以外のことももっと詳しく知りたいと思った。死ぬまでにジビエを一回でいいから食べてみたいと思った。命に感謝してちゃんと「いただきます」を言おうと思ったし、残さずに食べようとも思った。

   
   
質問をする生徒   綿谷尚子様と福岡大平様

 

R4内高ダイアリー 0617

性被害をなくすための出前講

6月15日(水)、本校2年生を対象に石川性暴力被害者支援センター「パープルサポートいしかわ」の相談員の方をお招きし、性被害をなくすための出前講座をおこないました。性暴力の当事者にならないようにするために、早い段階からの意識啓発が必要であることから、県では若い世代が性暴力についての知識や理解を深めることを目的に意識啓発を行っています。タイトルは「高校生のあなたに今伝えたいこと~大切な心とからだを守るために~」。生徒は次第に相談員の方のお話しに引き込まれた様子で、身近に起こりうるできごとを実感したようでした。

【生徒感想】

・今回学んだことは、とても勉強になりました。人にはプライベートパーツというのがあり、他人が勝手に触れてはいけないところだと知りました。その他にも、行動の暴力よりも言葉の暴力のほうが心痛いこともわかりました。 

・性被害を無くすための出前講座を受けて、色々な事がわかりました。もし相手がはっきりしてないときは同意を得るやSNSで知り合った相手には会いに行かない、個人情報をのせない、自分の写真をのせないなどタメになる話をたくさんしてもらいました。これからも加害者や被害者にならないように生きていこうと思いました。 

 

R4内高ダイアリー0616

3年生卒業アルバム個人写真撮影
3年生は受験・就職用、卒業アルバム用の写真を撮影しました。3年生の進路実現まであと少し。希望する進学先の合格や就職の内定が目的ではなく、5年後10年後の自分の姿をイメージできるようにしてもらいたいものです。卒業アルバム用の写真と同じ笑顔になれるように学校全体でサポートしていきます。

R4内高ダイアリー 0615

県総体総文報告会と北信越大会壮行式

6月14日、恒例の県総体総文の報告と北信越大会の壮行式をおこないました。総体総文に出場したすべての部活動がステージに立ち、大スクリーンに映し出された試合や発表の様子を説明し、次なる大会への抱負を語りました。今年は1年生が未経験にもかかわらずしっかり部活動に取り組む様子が見られます。大会でそれぞれ課題や充実感を感じたと思います。ぜひ次につなげてほしいと思います。

壮行式では自転車競技部の2年山下翔太郎が全国大会を念頭に置いた戦いをすることを前提に「全国はただ単に頑張っていてはダメ。家族や学校など周囲に期待してもらえるよう努力をする」ことを熱く語りました。3年米田千紘は「県大会はそれぞれ自己ベストを更新することができるとともに北信越に向けて新たな課題ができた。この課題を解消して臨みたい」と語りました。

最後に小篠校長は「バンクの風になれ!」と激励し、生徒全員で「うーーちーーなーーっだーーー」で締めました。

日頃からストイックに練習を重ねている自転車競技部のさらなる飛躍を期待しています。

 

 北信越高校総体自転車競技は次の日程でおこなわれます。

1 日時  6月17日(金)~19日(日)

2 会場  6/17~18 北信越高校総体トラック競技大会  石川県立自転車競技場(内灘町)

      6/19    北信越高校総体ロードレース   能登島周辺特設コース(七尾市)

3 本校出場生徒(競技)

   辻 明秀(1年 内灘中出身) 1kmタイムトライアル(オープン)

   山下翔太郎(2年 港中出身) スプリント、1kmタイムトライアル

   米田千紘(3年 内灘中出身) 500mタイムトライアル

                                                                2kmインディヴィデュアルパシュート

          北岡マリア(2年 星稜中出身)500mタイムトライアル

                  2kmインディヴィデュアルパシュート   

   米田千紘、北岡マリア   個人ロードレース      

 

 

お知らせ

R4 内高ダイアリー 0609で取り上げた「道の駅内灘で草刈りボランティア」のポスターができました。

 

R4内高ダイアリー0614

「アチーブ賞」弾!「道の駅・草刈りボランティア」
9日(木)に道の駅「うちなだサンセットパーク」のオープン前の準備作業として、草刈りのボランティアをおこないました。このボランティアを志願して一生懸命がんばってくれた生徒に「アチーブ賞」を校長室で授与しました。
受賞したのは、団体ではサッカー部・バドミントン部・ボウリング部・ソフトテニス部・バレーボール部と生徒会役員。
個人では本翔太(1年浅野川中卒)・田中大地(1年内灘中卒)・夏野煌生(2年高岡中卒)・小竹広輝(2年内灘中卒)でした。
この「アチーブ賞」は「自分の行動が役に立った」「みんなから認められた」などの「自己肯定感」「自己有用感」を育み、それを「自信」にして、もっと頑張ろうという「向上心」につなげ、充実した高校生活を送ってもらいたいという願いから今年度新たに創設した校長賞です。
社会が求める成長意欲の高い人材となれるように全教職員で生徒とともに日々取り組んでいきます。

お知らせ

バドミントン部のページを更新しました。

  → バドミントン部のページへ(クリックしてください)  

R4内高ダイアリー0613

2年総合的な探究の時間

6月8日(水)、2年生は「職業人インタビュー」に向けての取り組みをグループワークでおこないました。それぞれ自分が思い浮かんだ職業人を付箋に書き出し、そのことからわかることをグループごとに話し合いました。Chromebookを使って調べたり、わかったことをまとめたり。教頭が教室内を見て回っていても議論に集中するグループもありました。

R4内高ダイアリー 0610

薬物乱用防止教室【1年生対象】

6月8日(水)の6限に、1年生を対象に薬物乱用防止教室をおこないました。津幡警察署生活安全課の神原巡査部長と学校薬剤師金田孝子様にお越しいただき、実際の様々なデータをもとにお話しいただきました。

近年、違法薬物の乱用が拡大し、ネット等でも入手が簡単になってしまっている現状があります。特に危険ドラッグなどが関係する事例も増えており、被害は他人事ではありません。生徒たちも真剣なまなざしで聴きながらメモをとっていました。薬物乱用の恐ろしさを知り、正しい知識を身に着けることで、薬物犯罪から身を守ることができると実感した様子でした。

【生徒の感想】

・最近では危険ドラッグがお香や芳香剤のパッケージで販売されている場合があると聞いて、めちゃくちゃ怖いなぁと思いました。

・薬物は誰に誘われてもしないし、大人になってお酒を飲むときは気をつけて飲みたいです。

・中学生の頃から、薬物乱用教室はあったけれど石川県でも少年による薬物使用の事件があることは知らなかったし、そういった事件は都会でしかないと思っていたので意外と近くに薬物はあると知って怖かったです。自分の近くに薬物は潜んでいないだろう、とは思わずにこれからも気をつけていこうと思います。

R4 内高ダイアリー 0609

道の駅「内灘サンセットパーク」7月7日リニューアルオープン!
7月7日(木)に道の駅「内灘サンセットパーク」がリニューアルオープンします。地元の農産物やそれを活かした加工食品などの物販コーナーとおいしいスィーツやランチなどの飲食コーナーがあります。本校の家庭部と内灘町観光協会と協力して考案した「らっきょうざ」の販売もおこないます。内灘特産のらっきょうを使用しています。とてもおいしいので、オープンの際にはぜひお買い求めください。
今日はそのオープン前の準備として、道の駅「内灘サンセットパーク」周辺の草刈りボランティアをおこないました。ボランティア参加を全校生徒に募集したところ57名の生徒がこころよく手を上げてくれました。内灘高校は「地域に信頼され、必要とされる学校」として日々取り組んでいます。
生徒からは「オープンまでにきれいにできて良かった」「暑かったけどがんばりました」「内灘町民としていろんな人に来てもらえるようにしたい」「地元内灘に貢献できた」などの感想がありました。

R4内高ダイアリー 0607

令和4年度石川県高等学校総合体育大会および総合文化祭結果

 今年度の内灘高校の各部活動では先週の総体総文を振り返り、これをバネにして北信越大会や秋の新人大会に向けて始動しています。今回の生徒の頑張りをポスターにしました。校内に掲示したポスターをここにすべて掲示します。

 

 

R4内高ダイアリー 0608

3年生 就職面接練習をお互いに!

6月は面接強化月間です。進路実現に向けて、生徒同士で代わる代わる面接官役や評価役をしながら面接練習をおこないました。シミュレーションでも面接官を経験すると面接を受けるために何が大事かがよくわかります。どのグループも真剣に取り組んでいました。6月27日(水)には就職希望者はジョブカフェ石川で、進学希望者は学校で外部の方に面接指導をしていただきます。今日の練習を糧に次のステップに進んでください。

今日の目標「面接の基本マナー・基本動作を身につける」

最初に面接を受けるための心構えを
面接官役、受検者役、評価役それぞれ真剣に取り組みました。

 

1年学年だより

1年 学年通信月号できました

今回の1年生学年通信には、6月におこなわれる進路行事について書いてあります。ただなんとなく説明を聞くのではなく、「自分の」人生をより良くするために「自分ごと」としてとらえてほしいと思っています。ご覧ください。

1年生 学年通信はコチラ↓

R4 内高ダイアリー 0606

アチーブ賞 創設しました
「アチーブ(achieve)」とは成し遂げるとか達成するという意味です。高校生活で自分の立てた目標が達成できた時や学校行事や部活動で学校のために貢献した時にアチーブ賞」を今年度から授与していきます。
「自分の行動が役に立った」「みんなから認められた」などの「自己肯定感」や「自己有用感」を育み、それを「自信」につなげて、もっと頑張ろうという「向上心」を高めて、充実した高校生活を送ってもらいたいと思っています。そして、社会が求める成長意欲の高い人材となれるように全教職員で生徒とともに日々取り組んでいきます。
この賞は校長賞として表彰し、全校生徒にも披露します。

R4内高ダイアリー0603

1学年進路ガイダンス【職業別進路説明会】

  6月1日(水)の5・6限に、石川県内の各大学・短期大学・専門学校の先生方にお越しいただき、1学年対象の進路ガイダンスが行われました。ビジネスや保育、栄養、調理、リハビリ、コンピュータ、自動車、動物、美容、福祉等約10の専門分野の中から、2つの分野の講座を選択するものです。生徒はメモを取りながら熱心に受講していました。本校では2年次から理系・文系・一般コースがあり、将来の進路を見据えて選択していく必要があります。高校卒業後の自分の進路を具体的に考える良い機会となりました。

【生徒感想】

・ビジネス関係の仕事はコミュニケーション能力が大事だと分かった。

・栄養士になるのにとても勉強・苦労が必要だと思いました。

・知っていた知識もあったけど、知らない知識もたくさんあってとても楽しかった。

・進学や就職についての事を沢山教えてもらい、とてもためになった。

・資格もしっかりとらないといけないのが大変だと感じた。

・美容が厳しい業界なにはなんとなく知っていただけだったので、詳しく知れてよかった。小さなことが積み重なっているんだな、と思った。

・栄養士に予想以上に理系の知識が必要なことに驚きました。

保健だより6月号

保健だより6月号を掲載します!

 今月号には「出席停止について」大切なお知らせが書かれています。保護者の皆様におかれましては必ずご確認をお願いします。

  保健室・相談室のページへ(←クリックしてください)

R4内高ダイアリー0602

高校総体・総文がはじまりました

 バドミントン部の会場は七尾城山体育館など七尾市を中心におこなわれています。今日は男子団体戦がおこなわれ、本校は羽咋工業と対戦。第2ダブルスの宮下、沢田組と第1シングルの藻寄が勝ちましたが、惜しくも2勝3敗で敗退となりました。

 卓球部は金沢市のいしかわ総合スポーツセンターでおこなわれています。今日はダブルスの個人戦がおこなわれました。

 いずれも緊張感のなか、顧問のアドバイスにうなづきながらの粘りと奮闘を見せてもらいました。

 高校総体総文は6月5日(日)まで続きます。詳しい対戦成績は後日掲載します。

 

 

内灘高だより 第2号

「内灘高だより」第号できあがりました

「内灘高だより」の第2号ができあがりました。今回は5月の行事やPTA総会などが掲載されています。また、各方面から評判の高い「先輩訪問」(本校OB・OGの登場)もあります。是非ご覧ください(^_-)

「内灘高だより」はコチラ→

R4内高ダイアリー0601

明日から後期高校総体・総文
明日から後期の高校総体・総文が始まります。ソフトテニス・バドミントン・ボウリング・卓球競技、そして軽音楽部が出場します。
壮行式で小篠校長先生から「今まで頑張ってきた自分を信じて、そして勝つために一緒に汗を流した友(仲間)を信じて、総体総文にのぞんでほしい。さらに高みを目指そう!」と激励がありました。校歌にある「無限の明日へ いま羽ばたかん」のもと、日々努力してきた成果をいま、出し切ってほしいと思います。写真はバドミントン部・卓球部・軽音楽部です。ボウリング部はマンボウ金沢で練習しました。
各部の会場、対戦校、時間等はコチラ→総体総文日程2022.pdf

R4内高ダイアリー0531

教育実習生が母校の教壇に
30日から本校の卒業生、佐々木彩乃(静岡産業大学)が教育実習生として母校の教壇に立っています。実習の期間中に教員の仕事や生徒との関わり方などを実際に学んで、教員になるという思いを強くしてもらいたいと考えております。
実習生の佐々木先生は内灘高校女子サッカー部に所属し、キャプテンを務めていました(下写真右 前列中央)。勉強もがんばって「文武両道」を実践してきた先生です。生徒にとっては先輩にあたります。先輩からいろんなことを学び、今後の高校生活や進路実現に向けての参考になること間違いなしです。

R4内高ダイアリー 0530

自転車競技部!縦横無尽

 5月28~29日の両日にわたって石川県立自転車競技場(内灘町)にて、石川県高等学校総合体育大会自転車競技がおこなわれました。本校自転車競技部は順当に上位を占めることができました。今年度の北信越自転車競技は石川県での開催。思い切り挑んでほしいと思います。まさに「バンクの風になれ!」

 
   
開会式 男子スプリント優勝 山下翔太郎(2年)
   

女子500mタイムトライアル

優勝 北岡マリア(2年) 2位 米田千紘(3年)

女子総合1位

R4内高ダイアリー 0527

エースを狙え!ソフトテニス部

 今年度1年生男子2人が入部して、活動をしています。今日も内灘町総合公園テニスコートで練習していました。顧問の小林教諭の指導のもと、基本からみっちり学んでいます。サーブ、レシーブの練習を中心に汗を流していました。二人の1年生はまじめにこつこつ練習に取り組んでいます。県総体では1回戦突破を目指して頑張ると抱負を語ってくれました。今のチカラを100%出し切ってほしいと思います。

R4内高ダイアリー0526

自転車競技部『バンクのになれ!』
本校には自転車競技部があります。2014年(平成26年)には全国高校総体自転車競技ケイリン種目で全国制覇を成し遂げています。毎年全国大会に出場し、強豪校として全国に知られています。今年の3月に大分県でおこなわれた全国高校選抜大会自転車競技では女子スクラッチ北岡マリア(2年星稜中卒)全国3位、女子500mタイムトライアル米田千紘(3年内灘中卒)全国5位とすばらしい結果を残してくれました。男子は2年山下翔太郎(港中卒)1年辻明秀(内灘中卒)も頑張っています。まずは県総体。そして北信越・全国へ進んでもらいたいと思います。期待しています。
今週末の5月28日(土)・29日(日)、石川県立自転車競技場(内灘町)で石川県高校総体がおこなわれます。
内灘高校自転車競技部、全国大会目指して『バンクのになれ!』
応援よろしくお願いします!

R4内高ダイアリー 0525

令和4年度石川県総合体育大会・総合文化祭壮行式

 新型コロナウイルス感染症対策のために練習も制限された中、生徒たちは1年間の集大成を迎えることになりました。特に3年生にとってはこれまでの鍛錬の集大成です。部活動ごとに挨拶をし、部長が決意表明をしたあと、顧問から激励の言葉を贈りました。小篠校長はこれまでの練習を踏まえて、悔いのない大会にしてほしいとエールを送り、生徒全員で「うー、ちー、なー、ダーー!」のかけ声で選手への激励を締めました。

自転車競技部
ボウリング部 バドミントン部
サッカー部 ソフトテニス部
   
 卓球部  軽音楽部
小篠校長による激励の言葉

 

R4内高ダイアリー0524

「キラキラハッピーボード」って
内灘高校の自慢の場所を紹介します!今回は「キラキラハッピーボード」です。「キラキラハッピーボード」とは、がんばっている生徒のキラキラした場面や自分の将来のプラスになるハッピーな資格取得などを紹介するコーナーです。日々の学校生活の活動が「生徒一人ひとりの人間力を高めていることにつながっている」と実感できるものにしたいと思います。学校の顔とも言える生徒玄関を明るく開放的なものにしていきます。生徒たちのさらなるがんばりをこのキラキラハッピーボード」で更新していきます。

内灘高校 内灘町

R4内高ダイアリー 0520

問いを広げよう

 5月18日(水)、3年生は総合的な探究の時間をおこないました。3年生はこの1年間の探究活動を見据え、探究のための課題を設定し、探究を深めるための問いを決め、その問いを広げる活動をおこなっています。前週では各自で探究するテーマについてグループごとにクロームブック(Chromebook)を使ってジャムボード(Jamboard)で意見を交換しました。内灘高校の活性化のためにどうすればよいかを考えたグループは制服の改良を話し合うなどし、「いろんな人の意見を聞くことができた」「普段考えたことのないことを考えた」などと感想をのべていました。

 今回は探究する問いを深めるためにどうすればよいか、考察する活動をおこないました。探究するテーマを考えたうえで、そのテーマの「問いを広げる」ことを目あてに話し合いました。5W2H(何が、いつ、どこで、誰、なぜ、どのくらい、どうやって)という問いをもとに分析していくことで見えてくるものを探究する活動でした。生徒はそれぞれのグループで必ずしも明快な解答のない問いに取り組み、次のような感想を持ちました。

 ・テーマについての問いをしっかり広げることができたのでよかった。

 ・1つのテーマから様々な問いを広げられてよかったです。

 ・みんなで話をしてテーマを出して、探究したいテーマを考えて、協力して楽しく面白いことを考えて、あっとい  う間だったので、次回もがんばりたい。

 総合的な探究の時間を通してなにごとにも疑問を持ち、探究し、自分なりの問いを立てて考察する力を養ってほしいと思います。

 

 

R4 内高ダイアリー 0519

1学期中間考査days
今日から全学年1学期中間考査です。4月の始業式から昨日までの授業内容がテスト範囲です。これまで学習してきた成果を出し切りましょう。知識だけを問う問題だけではなく、既知の知識や考え方をもとにした思考力を問う問題にも挑戦させています。1点でも良い点が取れるようがんばってください!テスト終了時には各教科の提出物があります。期限を守りましょう!今日はテストを受けている生徒の様子です。

R4内高ダイアリー 0518

2年進路ガイダンス【働き方&収入仮想ワーク】

  今日は(株)ライセンスアカデミーの佐藤和広様をお迎えし、2年生の進路ガイダンスをおこないました。2年生になって1か月余り、生徒は2年生になった今すべきことを考え、1年間の目標をたてることができるようにとの意図での開催です。今回のガイダンスは正規雇用とアルバイト雇用の生涯にわたる収入の比較を、グループ活動をとおして楽しく理解するというものでした。後半のグループ活動では「働き方&収入 仮想体験ワークショップ」というすごろくゲームをとおして、生徒たちは楽しみながら学んでいました。

【生徒の感想】

・グループワークではフリーターより正社員のほうが予想よりも収入が多いことがわかったので、絶対正社員になりたいと思いました。

・とても楽しかったし勉強になりました。

・講話では「行動しない人は損しない。行動する人は特をする」という言葉に納得しました。また「遅刻、欠席、早退」は不利になるとわかったので、今日から気を付けようと思いました。

 

R4内高ダイアリー0517

内高には軽音楽部があります
本校には軽音楽部があります。内灘町のイベントや保育所、介護施設などで演奏しています。コロナ前は「アカシアロマンチック祭」やうちなだの里の「うち福祭」にも出演し、会場を盛り上げてきました。また全国総合文化祭の軽音楽の部に出場し、全国大会の経験もあります。今後コロナ感染の状況がどうなっていくかわかりませんが、感染対策をしっかりして、内灘町の公民館行事や夏祭り、保育所、介護施設などに出演したいと思っています。その日が来るのを楽しみに放課後の部活動で思いっきり練習しています。
「地域から信頼され、必要とされる内灘高校」として、これからもがんばります!
軽音楽部への演奏依頼は学校までお電話ください。

R4内高ダイアリー 0516

もうすぐ中間考査

 いよいよ5月19日から今年度最初の1学期中間考査がはじまります。中間考査は言うまでもなく生徒一人ひとりがこれまで取り組んできた学びをはかるものですが、今年度からは考査を含めた評価そのものについて、大きな改善が文部科学省の指導の下、おこなわれています。すなわち、生徒の学習の目標として①生きて働く「知識・技能の習得」、②未知の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力等の育成」、③学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性等の涵養」としています。
 考査に向けてこれまでの授業を復習したり、演習問題に取り組むことは大いに重要ですが、もっとも大切なことは日々の授業でどのように取り組んでいるかです。本校の授業は個々の生徒に応じて、できることを精一杯取り組んでいることを評価します。わからないことやできない問題があってもくよくよせず、先生に質問するなどして少しでも取り組む姿勢がまさに「学びに向かう力」です。いまから、ここから。先生と一緒に取り組んでいきましょう。

R4内高ダイアリー0513

令和4年度 花を育てる事業「花*花*内高プロジェクト」スタート
12日(木)生徒会役員のお花担当とボランティアの生徒で花の植え替え作業をおこないました。ボランティアで参加した生徒は終礼で「放課後に生徒玄関前の花の植え替えをするので手伝って」との呼びかけで集まってくれました。(^o^)
内灘高校では学習して知識を身に付けるだけでなく、一人の人間として「思いやり」「倫理観」「道徳観」を兼ね備えた大人への成長をサポートする学校です。積極的にボランティア活動に参加してくれる生徒を応援していきます。
この「花*花*内高プロジェクト」事業の目的は、植物を育てる過程を通して、生徒に心優しく、心豊かに、小さなことにも気配りできる人間性を養ってもらうことです。さらに共同作業をすることで、生徒・教職員ならびに保護者間の交流を促進し、コミュニケーション能力を高め、健全な人間関係の構築と母校愛を育てたいと願っての取り組みです。

R4内高ダイアリー0512

1年生 防犯教室をおこないました
11日(水)に1年生を対象に防犯教室をおこないました。石川県警察本部生活安全部の林義治氏と県教育委員会学校指導課の至極功氏をお迎えして、SNSトラブル等の事案を通して気をつけなければならないことを話していただきました。一人で抱え込まず「相談」することが大事だということと社会規範を遵守することの重要性を認識することができました。自己責任について学習するための重要な機会となりました。ありがとうございました。

R4内高ダイアリー0511

「PTA総会」と「海岸清掃」をポスターにまとめました

「PTA総会」と「海岸清掃」をポスターにまとめました。「PTA総会」では多くの保護者様が来校され、授業の様子を見ていただき、令和4年度総会、各学年の懇談会と参加していただきました。皆様からの貴重なご意見を今後の学校運営に活かしていきます。「海岸清掃」は内灘高校の特色の一つです。地球環境を守る視点でおこなっています。内高生は内灘町の財産「内灘町海水浴場」を守っていきます。

R4内高ダイアリー0510

校舎前の舗装をリニューアル

 校地内で保護者の方が生徒を送迎する際の利便性を考慮して、白線を引きました。また一部、くぼみなどを補修しました。なおあらためて送迎の際、生徒を含む歩行者等にお気を付けて運転をお願いします。

R4内高ダイアリー 0507

PTA総会と公開授業を実施!

 本日土曜日を登校日として(代休:5月9日)、1限から5限まで公開授業を行い、その後PTA総会、進路説明会、学年別懇談会等を行いました。公開授業では石川県教育委員会事務局学校指導課の山崎主任指導主事のご訪問を受け、授業を見ていただきました。山崎主任指導主事は生徒が積極的に授業に取り組んでいると評価していただきました。保護者の方々からはアンケートで次のようなご意見をいただきました。

 ・クロームブックを使って友達と相談しながら授業を受けていて中学校の時より楽しそうで安心しました。

 ・とても子どもと近く対応されていて良かったです。これからもよろしくお願いします。

 ・子どもが楽しい学校生活を送る努力をしていただきありがとうございました。

 ・「公共」の授業がわかりやすい説明で楽しく授業を受けていたのでうれしかったです。

 ・高校の皆様が生徒一人ひとりを手厚く見てくださっている様子を実感できました。

 ・楽しそうに身体を動かして体育の授業を受けていました。生き生きとしている姿を見て安心しました。

 ・コロナ感染対策がしっかり(いつも)してあるので安心して子どもを通わせることができています。

 その後のPTA総会で、中根会長は冒頭の挨拶でコロナ禍の昨年度を踏まえて今年度は一層の交流を図りたいと述べられました。小篠校長は現在重要なこととして「18歳成人・自己決定する力、社会参加する力」「挨拶」「黙食」について話しました。生徒玄関の「キラキラハッピーボード」に生徒のさまざまな活動の跡を多く掲示していることに関連して自己表現力の涵養に触れ、本校における「お互いに学び合う環境」を強調しました。

 学校からの報告では教頭、教務課、生徒課、進路指導課、保健相談課より報告があり、特に進路指導課は進学、就職に向けて、保護者の方々にお願いしたいことをお話ししました。

 学年別懇談会では特に3年生の保護者は担任などに対してマンツーマンで質問する様子が見られ、保護者の方の熱い思いを感じることができました。 

公民科の授業 国語科の授業
中根PTA会長の挨拶 小篠校長の挨拶
川島副会長による報告 竹中教頭による学校重点目標の説明
 
 進路説明会 学年別懇談会(1年生) 
学年別懇談会(2年生) 学年別懇談会(3年生)

 

R4内高ダイアリー0506

全学年 遠足を実施しました
5月2日(月)に遠足を実施しました。3年生はいしかわ四高記念公園で集合し、金沢城公園、兼六園、県立美術館をまわり、金沢の歴史文化に触れました。1・2年生は学校から内灘町総合公園まで歩き、レクレーションを楽しみました。「ドッチビー」はクラス対抗リーグ戦でおこない、「パークゴルフ」はチーム対抗戦で順位を競いました。
クラスの仲間との親睦が深まり、有意義な1日でした。クラスとして、学年としてまとまり、これからの学校生活や行事に向けて一致団結の気運が生まれたように見えました。

R4内高ダイアリー 0502

今年度も出します。内灘高だより!

 中身の濃い4月もあっという間に過ぎ、内灘高だより第1号(4月号)を作成しました。内灘高だよりは本校生徒保護者、教職員全員に配付するばかりでなく、内灘町役場や内灘中学校はじめ近隣の中学校やご来賓など多くの方々にお渡しして本校の生徒の活動や活躍を知っていただきたいと考えています。今年度もよろしくお願いします。

         「内灘高だより」のページに掲載しています。

 

防犯教室(4月27日)のポスターができました

   校内で掲示しています。

 

R4内高ダイアリー 0428

内灘町海水浴場 海岸清掃をおこないました
内灘高校全校生徒で内灘海岸清掃をおこないました。小篠校長から挨拶と闘魂注入(う~ち~な~ダァー!)のあと清掃を開始しました。内灘高校は「地域に信頼され、必要とされる学校」を目指し、そのための活動をおこなっています。内灘町唯一の高校として、内灘の財産「内灘海岸」を清掃することは内灘町の役に立ち、貢献につながることだと思います。内灘町海水浴場では「ゴミの持ち帰り運動」を呼びかけており、ゴミをポイ捨てできないような美しい浜辺にしようと頑張りました。

海岸清掃の前には、家庭部による研究の発表を全校生徒で聞きました。タイトルは「身近な環境問題を考える~きれいな海のためにできることは何か~」です。内灘の海、石川県の海、世界の海は今どういう状況なのか。その現状をどう克服していくのか。私たち一人ひとりができることは何か。全校生徒に考えてもらってから海岸清掃をしました。清掃後は振り返り学習としてGoogle Formsを使用し、今回の活動を通して考えたことや今後の行動についてまとめました。

生徒からは「内高でしかできないイベントなのでできてよかったし、達成感も得ることができた。」
「内灘の海を少しでも綺麗にできたのでとても良かった。」
「去年よりゴミが多くなっていたように感じた。もっと海が綺麗になるようにしていく。」
「不要なものは買わない」
「春とは別に夏にも海岸清掃をやればいいと思います」
「自分のゴミは自分で持ち帰る」
「ちゃんと分別して捨てる。プラスチックごみがどのような環境破壊をするかや、生き物にどのような影響を与えるかなどを、もっとたくさんの人に知ってもらう。」

 

R4内高ダイアリー 0427

防犯教室  

 本日は石川県警察本部企画指導専門員の林義治様と津幡警察署警部補山本直司様をお迎えし、全校生徒を対象に防犯教室を開催しました。山本警部補はスマートフォンによるSNSの犯罪に巻き込まれないようにということなど普段の警察官としての活動を踏まえたお話をされたり、いじめが犯罪行為であることを話されたり、また暴漢に襲われたときの護身術を、生徒を相手に披露していただいたりしました。最後にみんなの幸せを真剣に考えている家族や学校、社会を大切にしてほしい、自分なりにしっかり考えてほしいと熱く語られました。生徒は矢継ぎ早の質問にも挙手をして対応し、重要なところはうなずきながら最後までしっかりと聞いていました。  

   
    
R4内高ダイアリー 0426

 バドミントン部の頑張り

 先週末に行われた令和4年度金沢地区高等学校バドミントン選手権大会で2年沢田俊、宮下琉唯組が個人ダブルスで3回戦に進出、ベスト32に入りました。バドミントン部は本校の部活動でも最も多くの部員を有しており、日夜練習に励んでいます。週末は顧問がマイクロバスを運転して、能登、加賀へと出かけ練習試合を積んできました。特に昨年度からは奥、笠原教諭の2人が積極的に部活動を率い、部活動以外にも勉強会を行うなど精神面でも指導してきました。

 顧問の奥教諭は「選手たちは大会でできたことは自信とし、できなかったところは今後の練習や練習試合で改善をしていきます!技術だけでなく、精神力の重要さに気づく選手も多かったように思います。」とバドミントン部のページで書いています。

 日々の練習の積み重ね、日頃の行い、心がけが「ここぞ」という瞬間に実を結びます。バドミントン部に限らず、どの部活動もがんばっています。来る県総体ではそれぞれの部員のやりきった笑顔を期待しています。

(詳しくは部活動のページをご覧ください)

R4内高ダイアリー 0425

バドミントン部 個人ベスト32で上位トーナメント進出
「令和4年度金沢地区高校バドミントン大会」男子個人シングルスで沢田俊(2年浅野川中卒)が3回戦泉丘に勝利し、ベスト32入りしました。29日(金)は城東市民体育館で上位トーナメントがおこなわれます。頑張れ!内高!
男子個人ダブルスでは沢田・宮下琉唯(2年内灘中卒)ペアが1回戦金沢桜丘ペア、2回戦泉丘ペアに勝利しましたが3回戦で金市工ペアに敗れました。男子ダブルスには他に3ペア、そして男子団体も出場しました。
女子ダブルスには川端初奈(3年港中卒)・谷口新結(2年内灘中卒)ペアが出場しましたが敗退しました。
またソフトテニス部は城北市民テニスコートで金沢地区大会がおこなわれ、男子個人ダブルスに出場しました。
各部の部員たちはペア同士お互いを信じて、「勝つため」に最後までシャトルやボールを追いかけていました。

R4内高ダイアリー0422

内灘高校PTA第1回役員会
内灘高等学校PTA役員会を学校でおこないました。5月7日(土)学校で開催するPTA総会に向けての打合せやPTA会計報告、今年度の予算案など慎重に審議していただきました。Withコロナとして、感染症対策を徹底しながらのPTA活動にはなりますが、保護者の皆様とともに内高生の成長を見守りたいと思います。今後とも内灘高校の発展にご協力をお願いいたします。

R4内高ダイアリー 0421

新聞ツリーとSC講演会(1年)

 4月20日(水)1年生は総合的な探究の時間で「新聞ツリー」をおこないました。
最初にワークシートで「探究ってなんだろう」ということを考え、探究学習で必要な力や身につく力について理解を深めたあと、4~5人のグループに分かれて新聞ツリー(新聞紙タワー)作りに取り組みました。少しでも高いものを作るためにグループで話し合う姿が見られました。
【生徒の感想】
・グループで話し合って協力してできたけど、もっと工夫すればよかった。
・みんなで何かをするのが好きになった。
・みんなで協力することの楽しさを知った。
・みんなが意見を出していた。もう少し急いだ方がよかった。
・仲間の案がすごかった。

     

 

 LHの時間ではスクールカウンセラーの安田幸先生による講演会がありました。全員立ち上がってそれぞれで自己紹介する交流タイムから始まりました。どの生徒も笑顔で積極的に関わっている様子が印象的でした。

 

R4内高ダイアリー0420

生徒一人ひとりの魅力アップへ
内灘高校のホームページは毎日更新しています。日々の何気ないことや授業中の様子、部活動や学校行事で活躍する姿などをお伝えしています。すべての生徒があらゆる活動の中で主役になり、リーダーシップを発揮する場面を作り、生徒たちにはこれまで経験したことのない違った景色を見せてあげたいと思っています。内灘高校での日々の活動が「自己肯定感」を育み、仲間から信頼され必要とされて「自己有用感」を得ることができます。それが「本人の自信」につながり、もっと頑張ろうという「向上心」も高まります。
そんな思いで毎日更新していきます。魅力アップ内高オールスターズ!

R4内高ダイアリー0419

クロームブック(Chromebook)とGIGAスクール構想

 今年度から本校では生徒全員にクロームブックが配付されました。生徒は朝のショートホームから放課後までクロームブックをいつでも使えます。私(教頭)も授業で、これまでのアイパッド(ipad)によるパワーポイント(Microsoft PowerPoint)だけでなく、クロームブックを使うことで生徒はより前向きに取り組んでくれているように思います。

 日本史Aの授業。本時の目標は「カレーライスの歴史を知ること」。まずはクロームブックを使い、グーグルフォーム(Googleform)で教科書に基づく短答問題や各自のアイディアを入力してもらいました。カレーライスはみんな大好きなので、チャンピオンカレーやターバンなど金沢カレーの話で一通り盛り上がりました。教科書に載っているように明治時代は高級だったカレーライスが大衆に広まったのはなぜか?最近レトルトの方がルーのカレーより売れているのはなぜだろう?いろいろ頭をひねってもらいました。最後のまとめは食文化も含めて必ず歴史があり、変化の必然性があるということ。そうした歴史を学ぶことは今、そして未来を考えるということです。次回の授業では生徒自身に今日の授業で学んだことからクイズを3題出してもらって、みんなで考えます。覚えているかなあ。クロームブックを有効なツールとして、生徒自ら思考し、アイディアを生み出すことができれば、それがGIGAスクール構想のねらいと重なるものと考えます。

 

R4内高ダイアリー0418

自転車競技部 全国選抜結果を内灘町長に報告
3月に大分県でおこなわれた全国高校選抜大会自転車競技で女子スクラッチ3位の北岡マリア(2年星稜中卒)女子500mタイムトライアルで5位の米田千紘(3年内灘中卒)が、内灘町役場で、川口町長に大会結果を報告しました。川口町長から「練習でのけがに注意してインターハイに向けて頑張ってほしい」と激励がありました。選手たちは口をそろえて「さらに上を目指すために努力していく」ことを誓いました。小篠校長と守屋先生(自転車競技部顧問)も同行しました。

R4内高ダイアリー 0415

部活動登録をしました

 本日、1年生全員が部活動を登録し、3学年そろった部活動が始動しました。生徒会役員が準備、司会、進行を務めました。体育館でそれぞれの部活動の部長らが看板を持って勧誘し、1年生は思い思いの看板の下に整列。その後先輩の誘導でミーティングの部屋へ。最初の部活動ミーティングでは顧問や先輩から丁寧に説明を受けたり、1年生が自己紹介するなどしました。前年度より大幅に部員が増えた部活動もありました。内灘高校の部活動!一層の活性化を期待しています。がんばれ!

 

R4内高ダイアリー0414

1年生オリエンテーションがありました
1年生のオリエンテーションが12日(火)におこなわれました。小篠校長からは『人間力』とは『信頼』。『信頼』は人と人とのつながりを強くする。『人格(人柄・品性)』と『能力(できること)』の両方を持ち合わせることで高い『信頼』を得ることができ、『人間力』が高くなる。そして、①自分の願望や夢を強い信念にする②自分との約束を守る③学び続ける」ことを常に意識した日々を送ろうと激励がありました。その他に、教務課の笠野先生から「高校の成績について」、生徒指導の片岡先生からは「社会の目を意識する生徒になろう」、進路の山口先生からは「3年後の進路実現」、保健相談課の守屋先生・三宅先生・長原先生から「保健室の利用方法やスクールカウンセラー、感染症対策」などの説明やお願いがありました。内灘高校で充実した高校生活を送ることを強くイメージしていました。

R4内高ダイアリー 0413

あいさつ運動スタート

 生徒会役員が中心となって生徒玄関であいさつ運動をはじめました。今年度は本校の指導の中核を「あいさつ」に置いています。授業のはじめと終わりに「相手に伝わる挨拶」を心がけて「お願いします」「ありがとうございました」のあいさつを生徒、教員両方がおこなっています。まずは朝のあいさつから。そして普段のあいさつへ。全校で取り組みます。

    

 

R4内高ダイアリー 0413

部活動紹介をしました

 4月12日、1年生全員が視聴覚室に集合。次々と2,3年生がそれぞれ部活動の紹介をおこないました。生徒会役員が司会進行をつとめ、各部が準備をしてきたプレゼンをおこないました。各部の部紹介は、5限目①自転車  ②野球  ③ボウリング  ④バドミントン⑤サッカー  ⑥ソフトテニス  ⑦卓球  ⑧家庭 6限目に⑨軽音楽  ⑩美術  ⑪アクピス  ⑫バレーボール ⑬華道  ⑭英語  ⑮演劇 の順番で行われました。

 各部とも活動日や普段の練習の様子を紹介したり、昨年度の部活の成績を紹介するなど、各部とも工夫をした内容で部員獲得のためにアピールしていました。各部の代表者は、1年生の前で緊張しながらも先輩らしく堂々と発表していました。
 1年生は、気になることを「質問用紙」に書きながら、これからの3年間の高校生活をイメージしつつ各部の紹介を聞いており、どの部活動に入ろうかと迷っている様子でした。放課後はもうひとつの高校生活の時間。大いにチャレンジしてほしいと思います。この後、部活動登録が4月15日(金)放課後にあります。

 

R4内高ダイアリー0412

入学式・新任式・始業式・自転車全国選抜報告

生徒会認証式・各クラス担任紹介 ポスター
入学式・新任式・始業式・自転車全国選抜報告・生徒会認証式・各クラス担任紹介のポスターができあがりました(^^♪
前向きな気持ちで新年度のスタートを切りました!
このポスターは内灘高校の名所?名物?生徒玄関の壁一面にある掲示コーナー。
その名は「キラキラ☆ハッピーボード」。にも掲示してあります。迫力の大ポスターです。
是非見に来てください!

R4内高ダイアリー 0411 

全学年「課題テスト」に挑む
今日から本格的に授業が始まります。まずは「第1回課題テスト(基礎力診断テスト)」をおこないました。
このテストは高校生としての学力を診断し、これまでの学習が自分の力になっているのか、今後どのように学習に取り組めば良いのかなどを生徒自身が理解して、日々の「学び」につなげることを目的にしています。
「学習到達ゾーン(GTZ)」という指標が示されるので、進路選択の目安や大学への合格可能性もわかります。
また「学習状況リサーチ」では生徒の「進路意識」や「生活」、「自分らしさ発見」などのアンケートがあり、今後の面談に利用していきます。生徒の可能性を伸ばし、進路選択の幅を広げていけるようにサポートしていきます。

R4内高ダイアリー 0408

令和4年度第37期生入学式

 今年度新入生を迎え、入学式をおこないました。小篠校長は式辞で本校の校木タブノキについて触れ、これまで37年間先輩を見つめてきたタブノキに見守られながら、新入生も足下を固め、大きく成長してほしいと話しました。また校歌の一節「無限の明日へ、いま羽ばたかん」を引用し、本校で学び深めたことを自分の力とし、社会が求める人間として未来を切り開き羽ばたこうとエールを送りました。また同窓会長の山上智之氏は祝辞で、本校の校是である「時を守り、場を清め、礼を正す」の重要性を説かれ、挨拶をすれば人間関係がよくなるから、人より先に挨拶をすることが楽しい学校生活の第一歩と話されました。また中根PTA代表からはビデオによる祝辞をいただき、高校3年間で何でも話し合える真の友を見つけることの大切さを話されました。その後、新入生を代表して竹内君(内灘中出身)が入学者宣誓をおこないました。入学式後、担任、副担任等の紹介をおこない、新入生にはクラスで来週からの学校生活に向けての担任からのお話がありました。同時に体育館では保護者説明会をおこない、教頭、教務課、生徒課、進路指導課、保健相談課、総務課、事務部より学校生活への心構えや重要なポイントについて説明をしました。教頭は本校における①わかる授業②自分で考えること③地域との連携の3つの柱を中心にお話ししました。さまざまな期待や不安が入り交じる4月ですが、私たち教員が一丸となって安全安心な学校生活を進めてまいります。新入生諸君はどんな些細なことでも担任をはじめとする先生に話してくれれば不安なこともおのずと道は開けると思います。保護者の方々もこれから3年間よろしくお願いします。またこのホームページを見ていただいている地域の方々、同窓生の方々、これからもよろしくお願いします。

   
   
  新入生入場
   
 入学許可 小篠校長による式辞
   
 山上同窓会長による祝辞  中根PTA代表による祝辞
   
入学者宣誓 1年学年団紹介
   
  来週からの学校生活に向けてのホームルーム

 

 

R4内高ダイアリー 0408

新任式、始業式

 今年度のはじまりです。新任式、始業式をおこないました。新任式では4人の先生方をお迎えし、代表で挨拶をした小篠聡(こしのさとし)校長は野球のベースの各塁を学年に例えて、1つ1つの塁を大切にして卒業、進路実現というホームベースを目指してほしいと話されました。始業式でも小篠校長は訓辞の中で、「社会」に参加するうえで大切なことは「挨拶」である。どんな社会でも誰かと協力したり頑張ったりするために、お互いの心を通じ合わせる挨拶が何よりも大事であると強調されました。また新型コロナウイルス対策として引き続き、気を引き締めるというお話のなかで「黙食」と書かれたうちわを示され、昼食時の黙食の徹底が学校生活でとても大事な行事を楽しむことにつながることを話されました。生徒はやや緊張した面持ちでしっかり聞いていました。

新任式 始業式

  その後、生徒会役員認証式と全国選抜自転車競技大会報告会をおこないました。生徒会長の3年樋龍樹は「明るい学校にしていきたい」と抱負を語り、自転車競技部3年の米田千紘は「自分の持ち味を出せる練習をする」と前を見据えました。

認証式に臨んだ前期生徒会役員
(左から)自転車競技部の2年山下翔太郎、2年北岡マリア、3年米田千紘

全国選抜自転車競技大会成績 3月22日(火)~25日(金) 大分県別府自転車競技場他

 女子500mタイムトライアル 5位 米田 千紘(新3年)

                6位 北岡マリア(新2年)

 女子スクラッチ(6Km)   3位 北岡マリア(新2年)

 女子ケイリン             8位 米田 千紘(新3年)

 女子 総合成績        6位

 男子1kmタイムトライアル   15位 山下翔太郎(新2年)

 

R4内高ダイアリー 0407

準備万端!明日(4月8日)入学式・始業式
いよいよ明日、入学式。新入生53名が内灘高校に入学します。本校は地元内灘町の期待のもと、1986年(昭和61年)に創立し、現在37年目を迎えています。小規模校ではありますが、その分一人ひとりの生徒へのサポートは石川県です。教職員一同、新入生と会うことを楽しみにしています。高校生活3年間を充実したものにしていきましょう!
また明日は新2・3年生にとっては始業式。進路実現に向けて新たな気持ちで前向きに努力していきましょう!
入学式、始業式の準備は万端です!

R4内高ダイアリー 0405

小篠(こしの)新校長挨拶

石川県立内灘高等学校のホームページにお越しいただきありがとうございます。

石川県と地元内灘町の期待のもと、内灘高校は1986年(昭和61年)に創立し、現在37年目を迎えています。すでに卒業生は5,800名を超え、県内をはじめ、全国各地で活躍しています。特に、金沢・河北を中心とする地元においては、地域経済の中核を担い、その活性化に大いに貢献しています。

本校は生徒の多様な進路実現に向けて、生徒一人ひとりに適切な指導と支援をおこない、希望通りの進路を実現しています。
学校設定科目「内灘ベーシック」を中心に「学び直し」を計画的に取り入れ、基礎的、基本的な「知識・技能」を確実に習得しています。これらを活用して自ら考えて、調べて、動いて、課題を解決するための「思考力・判断力・表現力」を身に付け、何事においても自分ごととして捉えて「主体的に学習に取り組む態度」を育成しています。そして、各種検定試験で資格取得、課題探究活動で自己の考えを広げ深めることで人間力を高めています

「地域から信頼され、必要とされる学校」を目指し、生徒の資質・能力を最大限に伸ばす教育活動に教職員一同、一致団結して日々取り組んでいます。同窓会や地域の方々と協働しながら様々な社会変化に対応できる生徒を育てていきます。

2022年(令和4年)今年の4月1日。民法で定める成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。つまり、高校生活の間に成人になるということです。18歳で大人となれるように、近づけるように、情報の真実を見抜く力を身に付ける必要があります。自己決定する力や積極的に社会参加する力を高校生活で学ばせたいと考えています。

生徒一人ひとりに、これからの社会で通用する力を身に付けさせる教育活動を展開していきます。皆様の御理解と御協力を賜りますようお願いいたします。

校長 小篠 聡(こしの さとし)

R4内高ダイアリー 0404

制服渡しと夕陽

4月4日(月)

 今日はひさしぶりに生徒で賑わいました。新入生が先日注文した制服を受け取りにやってきました。緊張した面持ちの生徒は保護者とともに制服や体操服を受け取っていきました。声をかけると生真面目な受け答え。あらたな制服に袖を通し、あらたな思いで高校生活をスタートさせてほしいと願うばかりです。日本海に沈む今日の夕陽はことのほかきれいに見えました。

 

R4内高ダイアリー 0401

令和4年度スタート

令和4年4月1日

小篠 聡(こしの さとし)新校長、ほか3名の教諭をお迎えし、第1回職員会議を行いました。小篠校長は学校のホームページについて、学校での大きなイベントはもちろん普段の何気ない生徒の様子も積極的にお伝えしていく方針を打ち出されました。内灘高校の生徒の活躍はもちろん、日々の学校生活の一端をお伝えしていければと思います。今年度も昨年度に引き続き、よろしくお願いします。

内灘高校「3つの方針」

本校の「3つの方針」

 【内灘高校・普通科】3つの方針.pdf

 【内灘高校・普通科】3つの方針〔構想図).pdf

 

高等学校における「3つの方針」の策定・公表に関わる省令
◯中教審答申等において、高等学校の特色化・魅力化が提言されたことを踏まえ、学校教育法施行規則等の一部が改正され、高等学校は「3つの方針」を定め、公表することが定められた。この改正は、令和4年4月1 日から施行される。

学校教育法施行規則
第百三条の二 高等学校は、当該高等学校、全日制の課程、定時制の課程若しくは通信制の課程又は学科ごとに、次に掲げる方針を定め、公表するものとする。
 一 高等学校学習指導要領に定めるところにより育成を目指す資質・能力に関する方針
 二 教育課程の編成及び実施に関する方針
 三 入学者の受入れに関する方針

 

令和3年度内高ダイアリー

全国高校選抜自転車競技大会 速報

3月22日(火)~25日(金) 

   大分県別府競輪場で行われている全国選抜大会で、1年北岡マリアが全国3位に入賞しました。そのほかの結果を速報としてお知らせします。

女子スクラッチで3位に入賞した北岡マリア
女子スクラッチ決勝 3位 北岡マリア(1年・星稜中出身)
500mタイムトライアル決勝 5位 米田千紘(2年・内灘中出身) 6位 北岡マリア
1kmタイムトライアル決勝 15位 山下翔太郎(1年・港中出身)
女子ケイリン 8位 米田千紘

             

令和3年度内高ダイアリー

3学期終業式と離任式

3月24日(木)

 今年度の最終登校日です。終業式では朝田校長がこれまでの1年間を振り返り、1つ学年が上がる来年度をしっかり見据えることを力強く話しました。離任式では離任される先生方のひとこと一言に静かに聞き入っていました。ある先生は「先生は必ず生徒の味方」と励まし、また他の先生はそれぞれ「内高生が大好きだった」「いいことしか思い浮かばない。みんな可愛らしかった」「内高生が元気に挨拶してくれることがうれしかった」と振り返り、さらに「今しかできないこと、今を大切に」と餞(はなむけ)を送ってくれました。終業式では生徒課の宇波先生から、この一年間の成長をふまえ、「自己管理」と「時間管理」をしっかりするようにと話されました。みんな4月に元気な姿を見せてほしいと思います。

 

令和3年度内高ダイアリー

内灘町議会議員の方々と直接お話をしました

3月23日(水)

 3月3日に本校生徒が内灘町議会を傍聴しました。町議会だより掲載の取材として内灘町議会議員の七田満男様、土屋克之様が本校を訪問され、生徒会役員の生徒がインタビューを受けました。 

 七田議員より「生徒会としてどんなことをがんばっていますか」の問いに、2年生の蔵田が「生徒の意見を広く聞くために意見ボックスを置いてみました」と答え、七田議員は「それはまさに議会と同じことですね」と話され、生徒たちは町議会と生徒会の役割について共通のものがあることに納得の表情を浮かべました。 

 また、内灘町のよいところ、困っているところなどを問われ、生徒は「海がきれいで、静かな環境」「サンセットブリッジがすてき」「人のつながりが深くて、挨拶を返してくれる」などと話すとともに「自転車で走っていると道路整備が不十分なところがある」「街灯を増やしてほしい」などの意見を述べました。 

 さらに、来年度18歳になったら投票に行きますかと問われ、生徒全員が「必ず投票に行きます。学校で模擬選挙をしたときにその大切さを学んだことと、政治についての知識を深めることは大事なことだから。」と答えました。 

 土屋議員からは生徒会立会演説会で全校生徒の前でステージに立って演説をしたことに触れ、「すごいですね。その勇気をもってぜひ社会に挑戦してください」と激励をしていただきました。 

 生徒たちは緊張しながらも自分の意見を堂々と述べる姿が印象的でした。 

 

    

令和3年度内高ダイアリー

体育館プロジェクタ・スクリーンセット披露式

 3月24日(木)

  常日頃より何かとお世話になっている同窓会から、このたび体育館に大型プロジェクタとスクリーンのセットをご寄贈いただき、本日披露式を行いました。

 今年度の生徒の活動を動画としてまとめた映像を同セットで全校生徒ともに視聴しました。大型スクリーンでの鮮明な画面に生徒たちも食い入るように見つめていました。

 視聴したあと、山上智之同窓会長にお話しをしていただきました。これまでご寄贈いただいた生徒ロッカーや電子黒板機能内蔵プロジェクタ、非常用持ち出し袋などを踏まえ、学習活動や部活動などに大いに役立ててほしいと話されました。

 あらためまして同窓会の皆様、ありがとうございました。

 

   

 

令和3年度内高ダイアリー

学校の前に花の苗を植えました

3月22日(火)

 本校生徒と部活動の代表生徒は学校北側にある花壇で今年も花の苗を植えました。今年は世界情勢を鑑みて世界平和を願い、架け橋となるよう「虹」をテーマとしました。昨年度に引き続き、地域で活動されている「千鳥台チェルシーフラワーズ」代表の福家理恵さんにご指導をいただきながら、生徒は整地をしたうえでビオラやマーガレット約100株を植え、雑草を取り除くなどの作業に取り組みました。生徒会長の樋龍樹は「内灘高校の前を通る人が明るく元気になってくれるように、また世界平和への祈りを込めて植えました。ぜひ見に来てください」と話しました。

令和3年度内高ダイアリー

予備入学

3月22日(火)

 令和4年度本校入学を予定している生徒を対象に予備入学を行いました。やや緊張した面持ちでしたが、教頭や生徒指導、保健相談担当の先生のガイダンスをしっかり受け、その後制服の採寸や物品販売を行いました。

 

令和3年度内高ダイアリー

みんなでインボディ測定

3月17日(木)

 昨年12月に続き、今年度2回目のインボディ測定を行いました。前回はサッカー部中心でしたが、今回はバドミントン部やバレー部の生徒や教職員が参加して、インボディ(InBody)370(体成分分析装置)測定を行い、「自分の身体ついて知る」貴重な機会となりました。前回同様「サポート910」の工藤様から各部の生徒に対し、丁寧にご説明をいただきました。各部の顧問も参加し、今後の指導に繋げるきっかけにもなったようです。生徒も一人ひとりが耳を傾け、”自分ごと”として捉えている姿が印象的でした。卒業式や入試があり、十分にトレーニングできていなかったためか、悲鳴のような声を上げる生徒もいて、今日をきっかけに少し生活習慣について、反省し、次につなげるきっかけにあれば幸いです。次回の測定は高校総体前の約2か月後の5月頃を予定しております。先を見据えて、一日一日を大切に過ごしてほしいと思います。

 

令和3年度内高ダイアリー

令和4年度前期生徒会立会演説会と自転車競技部全国選抜大会壮行式

3月16日(水)

 新年度を控え、内高祭など重要な仕事を担うことになる前期生徒会役員選挙を行いました。生徒会長候補の2年樋龍樹は「今年度取り組んだ意見箱について、さらに充実させ、迅速に回答が出せるよう取り組みたい」と決意を表明し、全校投票の結果、会長1名、副会長4名、書記4名、会計4名の13名全員が信任されました。

 その後行われた全国高等学校選抜自転車競技大会壮行式では自転車競技部の3名(新3年米田千紘、新2年山下翔太郎、北岡マリア)が力強く、抱負を語りました。全国選抜大会は3月22日(火)から25日(金)の予定で、大分県別府競輪場などを会場に行われます。

   
   

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

米田千紘(2年)さん内灘町ジュニアスポーツ奨励賞受賞

3月16日(水)

 2年米田千紘さんが3月16日、内灘町ジュニアスポーツ奨励賞を受賞しました。
 米田さんの自転車競技部における北信越大会や全国高校総体での輝かしい成績を納めたことによるもので、内灘町役場にて桐山一人教育長様より授与されました。顧問の守屋先生と朝田校長が同行しました。
 米田さんは中学校時代に桐山教育長様に社会科を習っていたことを思い出し、終始にこやかに話が進みました。桐山教育長様から今月21日から全国選抜大会に臨む意気込みや3年生として一層の活躍を期待していますと励ましのお言葉をいただき、米田さんは頑張りますと決意を述べました。
 次回は良い報告ができること期待して、退室する際は、桐山教育長様自らグータッチでエールを送ってくださいました。

   
 桐山教育長より授与  授与後の記念撮影
授与後の記念撮影3人 授与後の懇談
令和3年度内高ダイアリー

一般入試合格発表

3月16日(水)

 本日、本校生徒玄関前で合格発表を行いました。保護者とともに訪れた中学生の歓声が響きました。今の気持ちを大切に大きな夢と希望を胸に入学してきてほしいものです。(画像は一部加工しています)

 

 

令和3年度内高ダイアリー

鉢花を寄付させていただきました

3月4日(金)

 本校の生徒会では令和元(2019)年6月3日から内灘町の「ブリーズ ドゥ メール」様のご協力を得て昼休みにパン販売を行ってきました。学生ホールで開店する「かもめのパン屋さん」という名称はすっかり定着し、生徒の中には美味しいパンを待ち遠しく思っている人もいます。今年度のかもめのパン屋さんの利益の一部を使って、コロナ禍で大変ななかでも花を見て心を癒やしてもらいたいと鉢花を購入しました。鉢花は学校の玄関や各教室前の廊下などに置き、先日の卒業式でも玄関を彩りました。一部は学校行事やボランティア活動でお世話になっている感謝の気持ちを込めて内灘町役場と障害福祉サービス事業所ふれあい工房たんと内灘へ寄付しました。

川口克則内灘町長に直接鉢花をお渡しさせていただきました。
障害福祉サービス事業所ふれあい工房たんとにて

 

 

令和3年度内高ダイアリー

内灘町議会を傍聴させていただきました

 3月3日(木)

 生徒に選ばれた生徒会役員が、今後どのような方針や考えで生徒会活動をより活性化するのかを考える良い機会とするとともに、選挙権年齢が引き下げられることから主権者教育として議会のしくみを学ぶことをねらいとして、内灘町議会を傍聴してきました。

 本校は内灘町に1校しかない高校であり、内灘町の役場や企業等から色々とご支援をいただいています。また今年度、本校が内灘中学校とともに7年ぶりに子ども議会に参加する予定でいましたが、新型コロナでやむなく中止となりました。本校では生徒会役員選挙が年2回行われ、現在の生徒会役員の皆さんは、自ら行動したり他の生徒の意見を聞いたりして、生徒会行事や町連携事業への参加などの明るい学校生活に活躍してくれていて、大変頼もしい存在です。

 生徒会役員の中核をなす2年生は令和4年4月より18歳になれば選挙権が得られます。生徒たちは興味津々で厳かな空気の中、緊張感をもって内灘町議会をしっかり見て、聴いてきました。今後ますます主権者としての自覚をもって行動してくれることを願います。

内灘町議会を傍聴する内灘高校生(プライバシー保護のため一部写真を加工しています)

 

令和3年度内高ダイアリー

第34回卒業式

3月2日(水)

 本日、PTA会長および同窓会会長をお迎えして第34回卒業証書授与式を挙行いたしました。朝田校長は式辞でコロナ禍やウクライナ問題のような状況下であっても「夢は大きく根は深く」(相田みつを)の言葉とともに卒業生一人一人が大きな花を咲かせることに期待を込めました。 来賓の中根PTA会長は、「鍛錬千日之行 勝負一瞬之行」 の言葉で卒業生、保護者にこれまでの苦労をねぎらうとともに将来に向けてのはなむけの言葉とされました。また内灘町長川口克則様、同窓会会長山上智之様からそれぞれ祝辞を寄せていただき、卒業式のしおりに載せさせていただきました。34期卒業生64名は3年担任の奥教諭、小林教諭の呼名に元気よく返事をし、卒業証書授与式を終えました(卒業証書授与代表森下玲奈、加登伊織)。
 退場の際、保護者席の前に整列し、一斉に感謝の言葉を述べる姿に目頭を押さえる保護者の姿も見られ、感動的な式となりました。
 その後表彰式では第9回内灘町長賞に江戸拓杜が表彰され、他に奨励賞5名、三カ年皆勤賞8名が表彰されました。卒業記念品贈呈式では代表丹保龍之介から記念品のICT機器の目録が朝田校長に渡されました。他に生徒会記念品贈呈が行われました。
 さらに同窓会入会式が行われ、登壇した山上智之同窓会長が同窓会入会を許可し、34期同窓会代表幹事の八十出将輝は入会に当たっての宣誓文を読み上げました。 

 

式辞 朝田校長

 

祝辞 中根PTA会長

送辞 在校生代表2年 樋 龍樹

答辞 卒業生代表 江戸 拓杜

 

内灘町長賞 江戸 拓杜

 

卒業記念品贈呈 丹保龍之介

生徒会記念品贈呈(卒業生代表瀬川想と

在校生代表2年髙橋美羽)

同窓会入会式 

山上智之会長に宣誓文を渡す八十出将輝

保護者にお礼の言葉を述べる卒業生  
 

  保護者様をはじめ多くの方々に支えられて卒業生は巣立っていきました。あらためて深く感謝いたします。卒業生諸君は今後も同窓会員として内灘高校を支えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

 

令和3年度内高ダイアリー

第2回学校関係者評価委員会

2月22日(火)

 7月に続いて第2回学校関係者評価委員会を、本校学校評議員3名とPTA会長で構成する学校関係者評価委員の方々にご参集いただき、開催しました。

 朝田校長の挨拶のあと、教務課、総務課、生徒課、進路指導課、保健相談課から各課主任より今年度の取組について報告し、その後自己評価計画書に基づいた最終報告案について委員よりご指導とご助言をいただきました。

 高島要委員(石川工業高等専門学校名誉教授)からは、生徒ひとりひとりについての取り組みについてお褒めいただいたうえで、社会に出す学校として「育てて出すことが大事」とご指導いただきました。中富淳委員(進学塾グッジョブ塾長)からは、スマートフォンの使い方について、利用時間という見方から利用内容に目を向け、情報ツールとして取り入れる場面も考慮するご助言をいただきました。佐々木いずみ委員(元PTA会長)からは、内灘高だより等によりさまざまな社会人、同窓生を紹介している取り組みにお褒めをいただき、生徒にとって何事もやればできるという気持ちになることが重要とご指導いただきました。中根太介委員(現PTA会長)からは、生徒の日々の活動が最終的に卒業後の進学就職につながっていくことが重要とのご助言をいただきました。

 本校では皆様のご指導とご助言を受けて、今年度の教育活動をしっかり検証し、次年度の教育活動に邁進して参ります。4人の学校関係者評価委員の皆様、お忙しい中ありがとうございました。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

第3回PTA役員会

2月22日(火)      

今年度最後となる第3回PTA役員会が開催されました。

大雪の足下の悪い中、9名の役員の方にお集まりいただき、今年度の中間報告と来年度の活動に向けての審議、そして学校活動報告が行われました。

今年度は、コロナ情勢を鑑みて第2回役員会は書面評決としたり、活動の規模を縮小したりしながらも、できることをしようというお気持ちからたくさんのご尽力をいただきました。

会終了後は3年生役員の方々の送別として、1,2年の役員の方々から花束が手渡され、お一人お一人3年間の活動の思い出を語っていただきました。最後に中根会長から3年間の感謝の言葉をいただき、「楽しんでできるこのPTA活動をできることで来年度も盛り上げていこう」としめくられました。

卒業生のPTA役員の方々へ在校生の役員から花束贈呈。さらに中根会長から感謝の言葉。

 

     

令和3年度内高ダイアリー

1年進路(分野別)ガイダンス

 2月16日(水)

 5、6限目に1年生を対象に令和3年度進路(分野別)ガイダンスが行われました。生徒は事前に興味のある職業や分野を選び、それぞれ教室を分けて、その模擬授業や職業体験を行いました。興味のある分野や職業でも知らないことが多く、生徒にとって刺激となっていました。また、生徒の生き生きとしている表情が印象的でした。今後も積極的に大学や専門学校、職業を調べ、「この企業がいい」と熱意を持って就職できる企業に出会えることを願っています。

【生徒の感想より】

・体験授業ではプログラミングしたとおりにキャラクターが動いているのが印象に残りました。プログラミングをやってみて、こっちもありだなと思いました。これから社会に出るために学校の授業を今よりもっと理解しようと思った。

・これからは将来のために、色んな仕事の情報に興味を持っていくようにしたいと思いました。

・自分の想像力でデザインしたものを実現するのがすごいとわかった。将来はまだ決まっていないため、もっといろんなことを知ってから決めようと思った。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

選挙体験講座(2年)

2月16日(水)

 2年生を対象に「選挙の体験講座」を実施しました。選挙年齢が18歳に引き下げされたことを受けて、選挙の仕組みを学び、実際の選挙の投票の方法を体験する講座です。竹中教頭より選挙の意義や選挙制度に関して説明を受けた後に、実際の投票場を模した疑似投票場で投票を体験しました。

 各選挙の係も生徒が行い、しっかりと役割を果たしていました。実際に開票して当選者が確定していく過程も目の前で見ることで、自分が大切な一票の「有権者」であると実感できた様子でした。

 いよいよ来年高校3年生になった際に自分たちが18歳の有権者になったときに、どのように行動すべきかを考えるきっかけになりました。

 終了後のアンケート(Googleformによる集計)によると、今日の講座を受ける前は「政治や選挙に関心があった」生徒は全体の35.7%でしたが、「講座を受けたあと関心が高まった」生徒は76.2%となり、特に「選挙制度や投票の仕方」や「投票しないことによる社会への影響」について考えてくれる生徒が多かったようです。

 

令和3年度内高ダイアリー

バドミントン部の勉強会

2月11日(祝)

 今日は試験前ということで部活動をせず、学校で勉強会を行っています。顧問の奥、笠原教諭の指導の下、それぞれ熱心に取り組み、ディスタンスを取りながらお互いに教えあう姿が見られました。

令和3年度内高ダイアリー

3校合同課題研究成果発表会

2月9日(水)

 羽咋高校・宝達高校・内灘高校の3校合同で課題研究成果発表会がありました。内灘高校はリモートにて1,2年生が参加しました。本校からは1月19日(水)の内高万博で選出された2年生代表2グループが発表を行いました。

 ひとつのグループは「プロの世界~バスケ編~」をテーマに、地元のプロバスケチームである金沢武士団(さむらいず)について、もうひとつのグループは「【声優】三浦勝之に迫る」をテーマに、普段なかなか知ることができない声優という仕事について、インタビュー内容を中心に発表しました。

 日常生活ではあまり関わることが少ないプロの職業人にインタビューをした内容は貴重なものであり、他校の皆さんにもインパクトを与えた様子でした。また、他校の発表内容は課題設定やデータのとり方、発表スライドの作成方法など工夫がされており、大変勉強になる内容ばかりでした。

 石川県探究型学習推進事業で本校の探究アドバイザーをしていただいている福井大学教育・人文社会系部門の遠藤貴広准教授からは発表後の質疑応答で「インタビューの前と後でどんな違いがあったのか」「今後どんなことを調べるのか」と言ったご指摘をいただき、金沢武士団についてインタビューをした生徒は「プロというのは実力がすべてでファンの交流は二の次と考えていましたが、そんなことはないと知りました」などと答えていました。

 本校の中でも各教室でリモートで3校代表の発表を1,2年生全員が視聴しました。来年度に向けて、特に2年生は探究能力を深め、進学就職に向けて自己研鑽につなげてほしいと思います。

【生徒の感想】

・色々な学校からそれぞれが調べたことを聞き、それについての意見を聞くことができ、学びになりました。

・みなさん研究テーマがしっかりしていてとても面白かった。

・各学校とても詳しく説明したり表やグラフなども使っていてよかったです。

・今回3校合同で発表会をして、他の学校のいいところなども分かったし、自分たちの改善点もわかったのでとてもいい会だったと思います。

・3校合同の発表を聞いて、どの高校も良かったし、相手に伝わりやすい内容だったり、各グループの構成とかも良かったと思いました。今後に活かせる内容もあったのでよいと思いました。

・いろいろな見方を知れて良かったと思うし、見方を変えるというのは大切なことなんだなということがよく分かりました。

 

令和3年度内高ダイアリー

3年着こなし講座   

1月26日(水)

 本日5限目、3年生を対象に株式会社AOKI金沢松村店の藤村様と右近様をお招きして着こなし講座が開催されました。生徒は身だしなみの必要性や、スーツ・礼服の選び方、着こなしの方法について説明を受けました。そしてそのあと実際にネクタイを結ぶ練習をしました。多くの生徒が初めてのネクタイに悪戦苦闘しました。また、代表生徒5名が実際にスーツに着替えて他生徒の前で披露しました。生徒にも絶賛で、改めて身だしなみの大切さを実感できました。

令和3年度内高ダイアリー

「県議会だよりいしかわ」のタイトルに本校生徒の作品が掲載されました

 

令和4年1月26日

 このたび石川県議会事務局からご依頼をいただき、「県議会だよりいしかわ」第39号(1月25日発行)の毛筆によるタイトルに本校3年の飯田こはるの作品が選ばれました。本校から飯田のほか3年苛原、冨田、出島が作品を提出し、このたび県議会だよりいしかわを届けていただきました。ありがとうございました。 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

安全な登校に向けて

1月21日(金)

    これまでも生徒の皆さんには「荒天時においては時間に余裕をもって登校すること」を連絡してきました。

 先日19日朝も今年一番の積雪があり、出勤してきた教職員が除雪を始め、次々に除雪の輪が広がっていきました。学務員の上田さんは、朝7時頃に出勤され、足跡のない一面真っ白な生徒玄関前の除雪をしてくださいました。

 他校ではクラス毎に当番制で除雪をしたり、朝練習の部活動生徒がボランティアしているとも伺いました。

 本校では、教職員の勤務時間は8時15分からですが、皆さんの安全な登校を心配する教職員が早めに出勤しているのです。

 本校では、生徒玄関に除雪スコップとスノーダンプが用意してあります。

 生徒の皆さんにできることがあります。例えば朝や昼休みなどにちょっとだけみんなのために除雪してみませんか。きれいになるとなんとも言えない達成感と幸せな気持ちになるかもしれません。

 

令和3年度内高ダイアリー

内高万博(探究学習校内発表会)

1月19日(水)       

 本日、内高万博2022を開催しました。この行事は「総合的な探究の時間」の活動の成果発表を全校生徒で行うものです。

 1年生は一人ひとりが興味関心を持ったテーマでポスターを作成し上級生に対し発表を行いました。2年生はグループでテーマを設定し、その道の職業人にインタビューを行い、スライドにまとめ発表を行いました。3年生は個人で、自分の進む業界について探究し、後輩へのアドバイスも含めスライド発表をしました。

   学年の枠を超えて他学年の活動に触れることができ、生徒たちにとっては良い刺激になったようです。

この行事には内灘町町議会議長清水文雄様と本校同窓会会長山上智之様にご参観いただきました。本校生徒たちの発表をじっくり聞いていただき、お褒めの言葉をいただきました。

 

開会式の校長挨拶 1年生によるポスター発表
ポスター発表を参観される来賓の方々 1年生によるポスター発表
2年生による発表 2年生による発表を参観する来賓の方々
2年生による発表 2年生による発表
質問に懸命に答える2年生 2年生による発表
3年生による発表 3年生による発表
3年代表発表 丹保君 3年生の発表に質問をする2年生
3年代表発表 加登君 静かに聞き入っていました

【生徒の感想】

《1年生》

「ポスター発表とてもいやな思いだったけど、スピーチしたときいい経験になって本当に良かったと思いました。」

「自分も2・3年生になったらあのような素晴らしい発表ができたらいいです。」

「3年生の発表がとても上手でびっくりしました。」

「3年生の発表から今から何をすればよいのかがよく理解できたので、これからの学校生活や自分のこれからの勉強の参考にしていきたいと思います。」

「僕も大学に進学したいけど学力がないので先輩を見習ってがんばりたいと思いました。」

「いろんな人の考えたテーマを見れて楽しかった。知識が増えた。」

「2・3年生の前で発表をしてとても緊張したけど発表してとてもよかったと思った。」

「1回目はとても緊張して発表時間が少し長引いてしまったけど、友達の励ましのおかげで2回目は落ち着いて発表することができました。」

 

《2年生》

「これを機に、自分の進路についてもう一度考え直してみるのもいいのではないかと思った。」

「去年先輩方が発表しているのを見たり聞いたりして得られたものも大きかったので、来年スライド発表する今の1年生にとって、少しでも参考になれたらいいなと感じました。」

「2年生の発表では、スライドはこういう作りかたがあるんだとか、発言方法はこういう方法があるんだということが学べた。」

「3年生になりスライド発表する機会があるならば、次はしっかりと前を向いて発表できるようにがんばります。」

「丹保さんのスピーチは非常に聞きやすく、スライドも見やすかった。あのようなスピーチをできるようになりたいと思った。」

「3年生の発表を聞いて、夢に向かってがんばりたいなという思いが出てきました。」

「3年生が作ったスライドを来年つくらないといけないので一生懸命がんばりたいです。」

「緊張するかなと思ったけどあまり緊張せずリラックスして本番に挑めたんでよかったです。」

「1年生のポスターを見て、すごいカラフルで分かりやすくなつかしかったです。」

「一人ひとりに固められた想いがあって、強い意志を持って面接や試験に挑んでいることが分かった。」

「自分が将来なりたいものを今から考えて少しでも努力したいと思った。早めに考えて少しでも努力したいと思った。」

「友達とスライドを作ってみて、なかなか連携が取れなかったりしたので、これからこういうことがあったらこの経験を生かしてがんばりたいです。」

「発表するとき、最初はとても緊張したけど、回数を重ねるうちに慣れてきて声も出せるようになってきてよかった。」

「原稿づくりもスライド作りも時間がかかり大変だったけど、グループの関わりが深まったと思います。」

「やりたいことを決める。進学ならもっと勉強する。目標を具体的に決める。」

「最初のテーマを決めるのが時間がかかってしまったけど株式会社ハチバンに決めてよかったです。」

「みんなで協力できたし、いろんな人の話を聞いて、いろんな情報を収集でいたので今後に生かせるようにがんばります。」

「ポスターは一人ひとりの個性が出ていました。」

「他の発表を見て、知らないことをいっぱい学んだ。」

 

令和3年度内高ダイアリー

3学期始業式

1月7日(金)

 今日から3学期が始まりました。生徒はみな元気に登校しました。始業式では朝田校長から相田みつをの「人生において最も大切な時 それはいつでもいまです」という言葉についてお話しがありました。今という瞬間を大切に精一杯生きること。今頑張らずに「そのうちに」とか「後で」と言っていると「未来を変える」ことにつながらないということ。生徒は緊張感をもって聞いていました。特に3年生はいよいよ大詰めを迎えますが、全員がぜひこの言葉を胸に過ごしてほしいものです。

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

保護者懇談会

12月22日~24日

 全学年でそれぞれの教室を会場として行いました。ほとんどの保護者にご来校いただけました。成績のこと、友人関係のこと、将来のこと。いろいろと懇談させていただいたと聞いています。この冬期休業を経て、生徒自身が人間的にも成長していくことを期待します。

保護者面談のための控え室にて

 

 

令和3年度内高ダイアリー

冬季補習

12月24日~1月7日

 夏季補習に続き、1年生、2年生ともにそれぞれ基礎定着講座受講コース、弱点克服動画配信コース、最新ニュースピックアップコースに分かれて行っています。生徒は自らの弱点克服と学力増進のため、冬休み中も一日一日を大切にという気持ちで補習を行っています。また3年生は個別の進路に応じたマンツーマン指導に基づいて最後の追い込みをかけています。

 

   

 

令和3年度内高ダイアリー

終業式・表彰伝達式・ALT新任式

12月23日(木)

 2学期の終業式を行いました。今年度はコロナ禍のもと、学校行事などもなかなか通常どおりに行うことができないなか、生徒たちは元気に登校しました。

 表彰伝達式では石川県高等学校新人体育大会入賞の自転車競技部員や全国商業高校協会珠算電卓実務検定で1級に合格者が表彰を受けました。日々の研鑽のたまものと言えます。今後一層の精進を期待します。

 また10月下旬に赴任したALTのベンジャミン・ジョンソン先生は流ちょうな日本語を交えて挨拶をしていただきました。

 終業式では朝田校長が始業式の時に話した3つのことに触れ、各学年ごとの目標を達成できたかの振り返りを大切にし、来年に向けて努力することを話されました。また山口進路指導主任は特に1、2年生に対して、将来に向けて選択肢を広げることを強調しました。

 新型コロナウイルス感染症はまだまだ予断を許さない状況ですが、3学期も元気に登校してくれるよう祈ります。

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

球技大会

 

12月21日(火)・22日(水)

 2学期末恒例の球技大会を行いました。生徒全員がクラス対抗でバレーボール競技に臨みました。この日を目標に体育の時間を中心に練習を重ねてきた生徒たちは大いに盛り上がり、歓声を上げ、楽しみました。朝田校長が開会式で話したとおり、最後はノーサイドでさわやかにたたえ合う姿も見られました。

 

令和3年度内高ダイアリー

租税教室

12月15日(水)

 道前達矢税理士事務所所長の道前達矢氏をお迎えし、3年生を対象に租税について学ぶ講演会を行いました。次代を担う生徒が、租税の意義や役割を正しく理解し、社会の構成員として税金を納め、その使い道に関心を持ち、さらには納税者として国の在り方を主体的に考えるという自覚を育てることを目的としています。

 

【生徒の感想】

・日本の税金の種類が50種類以上あることに驚きました。所得税や消費税は聞いたことがありましたが、今回の話で、多くの税について知ることができました。税理士になるのも大変で、税理士の仕事も大変なものだと今回の授業で思いました。1億円のサンプルを初めて持ちましたがとても重たく衝撃を受けました。

 ・今回、税金についてよく知ることができました。租税教室を受ける前には、税金のイメージがあまり湧かずよく分からなかったけど、将来働くようになったら、いろいろな税金を払っていかなければならないと思いました。税理士の仕事について知れてよかったです。

 ・税理士と聞いてあまり詳しい仕事は分かっていなかったのですが、税理士は納税者にも国にも偏らず中立な立場であるのだなと思いました。税金は多く払わなければいけないけれど税金のおかげで公的な場所や道路がきれいに使えるので社会人になってしっかり納税しようと思いました。

 

お知らせ

令和3年度修学旅行(2年生)速報

12月10日(金)

参加生徒全員無事到着し、解散となりました。

ありがとうございました。

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第8弾

12月10日(金)

 いよいよ最後の見学地である富山県美術館です。生徒たちは思い思いに芸術品を見て回った後、解団式(最終ミーティング)をしました。

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第7弾

12月10日(金)

富山市のますのすしミュージアムにやってきました。ますずし作り体験では作った自分だけのますずしをお土産として頂きました!昼食のお料理も「ますずし」を始め,かにや昆布締めなども頂き、生徒は大変満足そうな顔がみられました。生徒たちはここでもお土産をたくさん買っていました。

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第6弾

12月10日(金)

本日午前中の写真です。

広貫堂資料館
 広く親しまれている富山の薬について学びました。置き薬から始まった″信頼″と″便利″の歴史に触れ、最後にはせっかくの機会とのど飴をはじめとしたお薬を買った者もいました。

富山市科学博物館
 生徒は体験型の資料等を実際に手を動かしながら見て触れて学ぶ経験をしていました。プラネタリウムでもブラックホールをテーマに学びを深めました。

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第5弾

12月10日(金)

 昨夜、今朝と修学旅行の生徒は全員元気に過ごしました。本日、体調不良者もなく、定刻通りホテルを出発しています。ホテルの感染症防止対策もしっかりしていたようです。

 

 

      

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第4弾

12月9日(木)

高山市内を班ごとに散策しました。

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第3弾

12月9日(木)

白川郷のレストラン忠兵衛でお昼ご飯です。朴葉味噌などの地元の食べ物に舌鼓を。豪華。
食べきれないくらいの量の中で,ご飯を2杯3杯おかわりする生徒もいました。(田向)

 
令和3年度内高ダイアリー

意見BOX設置について

  

12月9日(木)

 後期生徒会の活動として、お昼のパン販売の他に、2階職員室前に意見BOXを設置し「学校をよくするための意見」を全校生徒・職員から募集することにしました。意見BOXは、月末に生徒会役員が回収し、出された意見をまとめ、どのように対応できるかを生徒会で話し合い学校の活性化につながるよう対応し善処していく予定です。

    後期生徒会役員  代表 会長 樋 龍樹

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第2弾

12月9日(水)10:00

白川郷に到着しました。ここでガイドさんの案内を受けながら散策しました。それにしてもいい天気ですね。​

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度修学旅行(2年生)速報第1弾

 

12月9日(木)

 ひさびさに雨があがって旅行日和の日になりました。本日、8時30分、2年生は修学旅行に出発しました。保護者の方々へのご報告も兼ねて極力速報でお伝えします。(教頭)

朝田校長による訓示 久保学年主任による諸注意
 
10分前には全員が集合し、定刻出発  

 

令和3年度内高ダイアリー

DV予防啓発セミナー

12月8日(水)

 デートDVを題材として、身近な関係性の中に潜んでいる問題について認識し、適切な人間関係の構築に大切なことは何かについて学ぶことを目的としてDV予防啓発セミナーを実施しました。Wen-DoJapan代表福多唯様を講師に、「Been Together ~デートDVで考える、大切な関係の育てかた~」と題して講演をしていただきました。

 〔生徒の感想より〕

・もらった本の中に書いてある文やマンガが自分の周りの現実で起きる様には感じづらかったですが、講師の方に詳しく説明していただいたので、現実に起こるとどんな空気になるかなど想像しやすくなりました。自分の我慢できないことや少しのいら立ちで大切な人を傷つけるのは絶対にしてはならないと強くわかりました。

・福多さんの話を聞いて、人間関係を良くしていくためには、自分の物語の観察、考察、確認をすることが大切とわかった。もし、トラブルにあったりしたら本当にして大丈夫か、言っていいのか1つ1つ考えることが大切だと思った。

・今日話を聞いて、かっこうか(観察・考察・確認)やあまり聞いたことないデートDV、経済的な暴力などの言葉や意味を知れてよかったです。相談しにくいことや話しにくいことを話す相手がいることも大切だなと思いました。

 

令和3年度内高ダイアリー

修学旅行結団式

   

12月8日(水)

 明日から2年生は修学旅行に行ってきます。今年はコロナ禍の影響を受け、一泊二日の富山・岐阜への旅となりました。本日6時間目に結団式が行われました。朝田校長先生からの『内灘高校の生徒として、常に見られているという意識を持った行動を期待している。』という言葉を、生徒たちは真剣な眼差しで聞いていました。引率者の先生からのメッセージの中には、『先生がこの中で一番楽しむつもりだ!それ以上にみんなも楽しむつもりで!!』といったものもあり、生徒たちは旅行への期待を膨らませていた様子でした。明日からの二日間、良い学びと良い思い出を紡いでほしいと願います。(2年担当 長田)

 

 

お知らせ

サッカー部記事掲載しました。(部活動-サッカー部のページへ)

次のタイトルをクリックしてください。 

【初のインボディ測定!】

令和3年度内高ダイアリー

石川県高等学校教育研究会情報部会

12月2日(木)

 石川県高等学校教育研究会情報部会をリモート配信とのハイブリッドで行いました。リモート配信では東京都立高校の2名の教諭、ほか石川県内教員20名余と結び、さらに本校へ石川県教員総合研修センター垣内指導主事、県内高校教諭2名にお越しいただきました。情報部会長である本校朝田校長の挨拶のあと、研究協議会では「次年度の情報Ⅰについて」「プログラミング実践検討会」などが行われ、最後に垣内指導主事から「GIGA スクール構想と情報科」についての講義がありました。

 

令和3年度内高ダイアリー

赤い羽根募金ボランティア

12月1日(水)

 新型コロナウイルス禍の中、地域の方々と交流し、町の福祉向上のお役に立てればと、ボランティア同好会が赤い羽根募金ボランティアに参加してきました。場所は学校近くにあるコンフォモール内にあるマックスバリューさんの店頭です。生徒が2カ所に分かれ、店を利用する地域の方々に募金のお願いをしたところ、たくさんの協力金がありました。ご協力いただいた皆さんに感謝いたします。また、内灘町共同募金委員会の方から本校のボランティア同好会に図書券をいただきました。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

保護者対象進路説明会

 

11月30日(火)

 1、2年生の保護者の方々を対象に、(株)ベネッセコーポレーションから大友崇禎氏をお迎えして「進路実現に向けた保護者の心構え」について進路説明会を開催しました。1年、2年の保護者それぞれに学年に応じた内容で別々の説明会としました。山口進路指導課主任からは本校の今年度の進学、就職についての内定状況などの報告もありました。保護者の中には説明会のあとも質問をしていただくなど、実に積極的な姿勢が見られました。今回の説明会の内容をそれぞれご自宅でお子様へと共有していただき、来年度に向け、一日一日を大切にしていただきたいと思います。

 

令和3年度内高ダイアリー

教育資料ロビー展に出展

 11月26日(金)から12月9日(木)までの期間、金沢市尾張町にある文教会館の教育資料ロビー展に出展しています。先日、文教会館を入ってすぐ右側の大きなボードに展示して参りました。宇波先生による行事毎の特大ポスターと今年度から月一回発行している「内灘高だより」で、本校の特色ある取り組みをアピールしています。生徒の皆さんも保護者の皆様も、近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。また、展示の感想もお聞かせいただけましたら幸いです。(総務課 長田)

令和3年度内高ダイアリー

生活設計・家計設計 / 金融 トラブルセミナー     

 

11月24日

 3年生が生活設計・家計設計 / 金融 トラブルセミナーを受講しました。前半は内灘町町民福祉部住民課の池田寿美恵氏が講師として金融トラブルセミナーをしてくださり、トラブルになる勧誘の手口の紹介や、困ったときの連絡先などを教えてくださいました。後半はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の西山浩介氏・田村裕信氏を講師にお招きし、人生の三大資金についてや、先取り貯蓄の考え方などについて教えていただきました。

 生徒は「人生の三大資金がこんなにもお金がかかるとは思わなかった」、「収入 - 貯蓄 = 支出 と言った先取り貯蓄によって計画的に貯蓄を行う」、「貯蓄をして将来のことを実現しやすくなる」など建設的な意見を述べていました。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

GIGA出前サポート校内研修

11月22日(月)~12月2日(木)

 本校教員対象にGIGA出前サポート校内研修を行いました。GIGAスクール構想実現に向けた授業実践のあり方について、県教員総合研修センターより教科担当の指導主事を講師として招聘し、実践事例などを紹介していただくことで令和4年度に向けてスキルアップすることを目的としています。

 講師の方々は県教員総合研修センター指導主事である吉村恭子氏、高野真一氏、垣内貴司氏、東 篤洋氏、大田 新氏、越後正一氏です。本校の教員はそれぞれ国語科、保健体育科、理科、数学科、地歴・公民科、外国語科に分かれて本校での授業におけるクロームブックによるICTの有効活用についてご教授いただきました。多くの教員がクロームブックを使って授業を行っていますが、指導主事の先生方は豊富な知識と経験から私たちの知らない裏技などを披瀝していただき、またはクロームブックを通した授業の本質的なあり方に気づかせていただきました。来年度に向けてますますスキルアップしていきたいと思います。ありがとうございました。

   
田向教諭による情報の授業(11月22日) クロームブックでアルゴリズムを表現する
   
 地歴・公民科のGIGA研修(11月29日)  外国語(英語)科のGIGA研修(11月30日)

 

 

令和3年度内高ダイアリー

料理部と「たんと内灘」「おいCまち内灘」とのコラボ商品

11月29日(月)

 本校料理部の生徒が数年前に考案した「らっきょうざ」という商品があります。これは地元内灘町のらっきょうを使って作った餃子です。この「らっきょうざ」をもとにこのたび本校との新たなコラボ商品「水ギョウザハマナス」を開発した「ふれあい工房たんと内灘」施設長の谷本様と「おいCまち内灘」代表の西田様、内灘町社会福祉協議会の藤田様が本校に来られ、北國新聞社の取材を受けました。本校料理部3年中尾君と担任の奥教諭が同席しました。

【参考URL】

  ふれあい工房たんと内灘 http://tanto-2008.sakura.ne.jp/utigaiyou/utigaiyou.html

  おいCまち内灘     https://www.isico.or.jp/company/dgnet/2908.html

 

 

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

令和3年度 同窓会総会

11月27日(土)

 今年度同窓会総会が行われました。新型コロナウィルス感染症防止対策もあり、本校での開催と同時配信でZOOMによるリモート配信も行いました。

 冒頭、山上同窓会長による挨拶のあと、朝田校長による挨拶がありました。令和2年度同窓会の事業報告と会計報告に続き、令和3年度同窓会事業計画案と予算計画案を審議し、満場一致で可決されました。

 その後、朝田校長による学校の現状報告を行い、本校総務課長より学校の近況報告について、詳しく説明をしました。そして最後に同窓会の方から同窓会員へのメッセージを話していただきました。

 写真などは「内灘高校同窓会」のページにアップしています。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

いよいよ令和3年度 同窓会総会

同窓会会員の皆様へ

11月27日(土)

 18時半から19時半の日程で、本校会議室で行い、同時にオンライン(リモート)でも配信致します。山上同窓会長、朝田校長の挨拶のあと、令和2年度の決算報告、令和3年度の予算案などをお知らせしたあと、朝田校長が本校でどのような教育活動を行っているかをお届けする予定です。

 また同窓生の方々に近況報告をしていただいたり、懐かしい話をしていただくことにしています。

 このホームページをご覧になって参加されたいという本校同窓会会員は、卒業年とお名前をお書き添えのうえ、本校までメールにてご連絡願います。zoomのIDとパスワードをお知らせします。

 メールアドレス  uchinh@ishikawa-c.ed.jp

  例)平成20年3月卒業 内灘花子(旧姓:河北)

令和3年度内高ダイアリー

第3回社会人講話

 

11月17日(水)

  今年度3回目の社会人講話を1年生を対象として行いました。今回の目的は講師の仕事に対する熱意や魅力を感じ取り、自分はどんな仕事に就き、どのように働きたいかなど、生徒自らが自分自身をみつめ、未来を具体的に想像することで自分の将来を意識し考える機会とするものです。今回も生徒が講師の方をご案内し、司会進行をつとめました。

 これで今年度の社会人講話も3学年ともに本校OBOGの方々のお力をお借りし、これまでのご経験を赤裸々に語っていただくことで生徒の進路を考えさせることができました。これほど同窓生の方々にご協力いただく高校は少ないんじゃないかと思います。生徒の感想をあとに載せていますが、生徒は敏感に感じており、今後の人生に必ずや役に立ててくれると信じます。ありがとうございました。

 

【生徒感想】(一人称は「私」で統一しています)

・講師の先生たちは一人ひとり質問したことに対して、丁寧に教えてくださり、「自分の仕事が好きなんだな」と感じました。私は仕事をするからには自分が楽しいと思える仕事に就けるように努力したいです。

 ・自分は今やりたいことなどが決まっていないけど、今回の講話を聞いて、知識を付けたり、小さな目標を立てたりしていこうと思いました。どんなこともあきらめないことが重要なんだと思いました。

 ・講師の方が目的をしっかりと決めていることが素敵でした。私も目標を持ったら、やり遂げたいのでぶれずに頑張ります。

 ・苦しくてもなんとかなるんだなとわかったので、やりたいことはあきらめずに努力してやりたいと思いました。自分より経験してきた人の話を聞くのはとても参考になりました。

 ・今は自由な時間が多いから今のうちに時間を計画的に使う、現実を見て自分に厳しくする、必要がないと思っても勉強をするということが重要だと感じた。

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

スクールカウンセラー講演会

11月17日(水)

 今年度学年ごとに行ってきた本校安田幸先生によるスクールカウンセラー講演会。今回は3回目で3年生対象。「対人コミュニケーションを学ぼう」と題して、進学就職を控えた3年生に対して、人はコミュニケーションによって感情が大きく変化することや、より良いコミュニケーションを知っておくことは自分自身の幸せにつながること、感情や意見、情報など伝わることも受け取ることも増えることを中心にお話ししていただきました。

【生徒の感想と学び】(主語は「私」に置き換えてあります)

・私はコミュニケーションが苦手で「攻撃的」になったり「非主張的」になったりするので「3種のコミュニケーション」の中の「主張的」(自分の権利も相手の権利も尊重)を意識して、これからコミュニケーションしていきたいと思いました。ただ「主張的」でも「エネルギーを消費」したり、「結論に時間がかかる」ことをしっかり理解していきたいです。

・コミュニケーションはこれからの進学、就職などで必ず必要になる能力だと思うので、今回の講演はとてもためになりました。

・今回、あらためてコミュニケーションの大切さを学ぶことができました。頭でわかっていても、いざ実践となると気恥ずかしさもあり、なかなか難しいんだなと思います。親しい間柄の人なら気楽に話せても、初めて会った人やあまり話したことがない人とはいきなりラフに話すことは難しいですが、徐々にでもうまいコミュニケーションがとれるようになれればいいなと感じました。

・私は声のボリュームなどを気にしたことがないし、目線も合わせにくいので気をつけてコミュニケーションを取るように心がけたいなと思いました。また相手との距離や口調も考えてみたいです。

 

令和3年度内高ダイアリー

同窓会役員会

11月16日(火)

 今年度同窓会総会を11月27日(土)に控え、同窓会役員会を本校会議室で行いました。今年度は本校視聴覚室での開催に加え、ZOOMによるリモート参加も併せて行うことや、例年のような懇親会を開くことができないので、同窓会の方々の情報交換の場として、同窓会員の方々から高校時代の思い出や近況を話していただくことになりました。同窓会の皆さんには陰になり日向になってご協力をいただいております。27日の総会でもどうかよろしくお願いします。

 

令和3年度内高ダイアリー

 

内灘中学校で説明会をしました

11月12日(金)

 内灘中学校からお招きをいただき、中学3年生とその保護者の方々に本校について説明をさせていただきました。今回は私教頭と2名の教諭のほか、元気な3年生2人とともに説明会に臨みました。

 最後の質問では先生からの質問も飛びだし、和やかな雰囲気でみなさんに内灘高校のよさを知ってもらえたことと思います。内灘中学校3年生のみなさん、また多くの保護者のみなさん、ご清聴ありがとうございました。今後も本校についていつでもお問い合わせください。

 (写真は一部修正を施しております)

令和3年度内高ダイアリー

石川県高等学校新人大会

 

11月11日(木)~14日(日) 

 今年はコロナ禍のもと部活動を自粛する期間がありました。生徒はそれを乗り越えてこの大会に臨みました。

自転車競技部は男女ともに団体優勝を果たしました。

 

令和3年度内高ダイアリー

2年 進路ガイダンス

11月10日(水)

 進学、就職それぞれに複数の分野、職種などのガイダンスを選択し、講師に具体的な話を聞いて進路希望をより明確にする目的で、ライセンスアカデミー様による進路ガイダンスを行いました。

 石川県内の各大学や短期大学・専門学校16校、各分野の企業5社より講師をお招きし、各専門分野の内容や実際の各業種の仕事の内容についてご説明いただきました。会社概要や業務内容、各業種の特徴など、これから3年生に進級した際に就職活動を行う際に必要な有用な情報を沢山得ることができました。熱心にメモをとっている生徒もおりました。来年の進路選択に活かすとともに、近い将来社会人になるときに必要となる様々な内容も教わりました。大切にしていきましょう。

 〔生徒の感想より〕

・一番気になっていた職業だったため、今日詳しい話をきいてさらに興味を持ち、公務員になりたいなという気持ちが強くなった。

・地道に努力をして成果を出していくようなスタイルが魅力に感じました。あまり知られていなくても、実はとても重要な役割を担っている部分にやりがいを見つけられそうだと思いました。

・どの学校もしっかりと魅力があって、強みがあって、本当に選べない。1つ1つの学校をあらためて自分なりにしっかり調べて決めていきます。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度 第36回内高祭

11月3日(祝)

 1 ステージ発表

   ①11H 「動画を撮影して発表」

   ②12H 「とある先生達の裏側」

   ③21H 「先生に質問コーナー」

   ④22H 「YOUは何しに内灘へ?」

 2 1年生学年発表 「身近な環境問題を考える」

      ~SDGs「⑫つくる責任つかう責任⑭海の豊かさも守ろう」より~

 3 SDGs特別授業  講師:ぶんぶんボウル(吉本興業 よしもと石川県住みます芸人)

    ・SDGsから学ぶ身近な問題について

    ・1年生学年発表の講評

 4 PTAから全校生徒へのプレゼント発表

 5 2年生学年発表「インターンシップ」に参加して」

 6 3年生学年発表「就職・進学、進路決定までの取り組み」~求められる人材になるために~

 7 3年生によるビンゴ大会

11月4日(木)

 1 新人大会壮行式

 2 模擬店・展示CM

 3 生徒会企画  

 4 演劇部発表、軽音楽部発表

 5 模擬店などの公開(各教室:生徒は各会場に回り投票)

   11H クイズ探検隊

   12H Special dark expedition(宝探し、障害物、クイズ)

   21H ドーナツ&ドリンク

   22H ワッフル

   31H 唐揚げ弁当、カレー弁当他

   32H Pizza

   図書委員:宝探しクイズ&しおり・ブックカバーづくり(図書室)

   自分新聞(各学年教室棟講義室)

   その他、展示作品公開(第2体育館)

     ①掲示物企画 全校生徒「自分新聞」掲示 

     ②掲示物企画 「内灘高校の歴史」~卒業アルから見た35年の歴史~

               ③作品展示

              ㋐文化部(書道、美術、華道)*華道…華道部、各クラス代表者

                   ㋑料理部作品展示

                 ㋒「内灘町のステキな写真展」(協力:内灘町役場)

  6 表彰式、閉祭式、後期生徒会認証式

開会式で朝田校長 11H 「動画を撮影して発表」
   
 12H 「とある先生達の裏側」  21H 「先生に質問コーナー」
   
 1年生学年発表 「身近な環境問題を考える」 SDGs特別授業  講師:ぶんぶんボウル 
   
 SDGs特別授業は先生にも問題が出されました  ぶんぶんボウルのお二人に質問をする生徒
 
 PTAから生徒にステキなプレゼント(中根会長)  学年による発表
 3年生によるビンゴ大会(司会)  模擬店
 模擬店の看板  生徒全員が書いた自分新聞
 文化部による作品展示

 図書委員による宝探しクイズ&しおり・ブックカバーづくり

 

 コロナ禍のなか、生徒会が四苦八苦して今日の日まで企画を積み重ねて、時には崩して、また積んで・・を繰り返してようやくここまで来ました。生徒全員がそれぞれの持ち場で精一杯頑張った内高祭でした。この表情がそれを物語っています。みんな、よく頑張った。(教頭) 

 

 

お知らせ

令和3年度教育ウィーク

11月1日(月)~4日(木)

 今年度の教育ウィークは新型コロナウイルス感染症対応を踏まえ、次のような日程で行いました。

ただし今回の公開は保護者(人数限定)と学校評議員の方々に限定させていただき、ホームページ等での告知は控えさせていただきました。ご了承願います。

11月 1日(月)

1限 公開授業

2、3限 いしかわ教育ウィーク講演会

 「新型コロナウイルスと医学~医療の現場から~」 金沢医科大学教授 的場宗孝氏

4限以降 公開授業

11月 2日(火) 公開授業
11月 3日(祝) 内高祭第1日(保護者、学校評議員のみ公開)
11月 4日(木) 内高祭第2日(非公開)
11月 5日(金) (11月3日の代休日)

 詳しい内容についてはこのあと掲載します。 

 

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

いしかわ教育ウィーク講演会

11月1日(月) 

 11月1日から4日まで、いしかわ教育ウィークの一環としての取り組みを行っています。本日、本校において講演会を開催しました。講演会では、新型コロナウイルス感染症について、放射線医学の立場から診断にあたっておられる、金沢医科大学病院医師であり大学教授である的場宗孝先生がわかりやすく解説していただきました。いかにデルタ株によって第5波が大きな感染被害をもたらしたかということを生徒は実感したようです。

 あらかじめ生徒からの約80問の質問をお届けしてありましたが、そのうち約半数以上の質問の回答を含んだご講演でした。高校生の疑問に寄り添ったご対応に敬服いたします。講演後、生徒からワクチンの副反応についてや今後のコロナウイルス感染症の展望について質問があり、それに対しても的場先生はご丁寧にお答えいただきました。ありがとうございました。

【生徒の感想】

・コロナウイルスという、元にあったウイルスが「コピーミス」をして変異したのが新型コロナウイルスだということを初めて知りました。また肺炎になった肺の画像を見て、白くなっていて肺としての機能をしていなくてとても恐ろしく感じました。後遺症とかもあって治ったと思ってもまだつらい思いをしなくちゃいけないと思うと嫌だなと思いました。こんなウイルスが「常に身近な存在」だなんて恐ろしいです。

・コロナが流行してから医療従事者の方々のおかげで患者さんが助かっているのでとても感謝しているし、すごいと思いました。

・とても分かりやすく、そして詳しく教えていただきありがとうございました。コロナウイルスが流行して約1年半くらいだと思いますが、数々の行事などがなくなったり、いろんなことが制限されてしまい、以前のような生活ができなくなってしまったけど、世界中がコロナウイルスの感染予防対策をしたり、ワクチンの接種などコロナウイルスに対する意識を持ったからこそ、コロナウイルスの感染者が今は激減したと思います。このまま感染予防対策を続けていきたいです。

 

 

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

新人大会空手道競技、1回戦勝利

10月24日

令和3年度石川県高等学校空手道新人大会(七尾市武道館)

 2年堀田真成は1回戦vs金沢桜丘高の選手と対戦し、判定4-1で勝ちました。残念ながら2回戦では小松大谷高の選手に敗れましたが、この初戦勝利は自信になったようです。応援に駆けつけた朝田校長は「(堀田は)県大会では悔しい思いをしたが、この新人大会に向けて稽古に励んだ。試合前のアップでは表情が引き締まり、2試合とも堂々としていた。今後も練習に一層励んでほしい。」と振り返りました。

本人のコメント
 今回の大会ではまずは初戦、勝てたので良かったです!
ただ2回戦で負けた敗因は明らかに練習不足なので次回の大会までにしっかり練習に励みたいです。ありがとうございました。

 

令和3年度内高ダイアリー

大根布小学校と清湖小学校の授業参観に行ってきました

10月22日(金)

 先日の内灘中学校に続いて、内灘町内の2小学校を訪問し、授業を参観させていただきました。大根布小学校は「自ら学び、思いや考えを伝え合う児童の育成」を研究主題とした研究発表会を控えています。6年生でクロームブックを使った算数の授業は、サッカーの試合の組み合わせを例に「場合の数」を考えるものであり、児童は元気に自らの考えを発表していました。清湖小学校では1年生から6年生まで縦割り授業において、6年生が中心になって下級生のきらきらカード(他の児童のよいところを書いたカード)をみんなで共有していました。先生方の子供たちへの目配り気配りや声かけなど大いに参考にさせていただけるものでした。今後も交流を続けていきたいと思います。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

「愛と平和の祭典2021 in NANAO」に生徒・保護者・教員が参加しました

 

10月17日(日)

 七尾市の能登演劇堂にて開催されました。本校から2年高橋美羽さんと徳中梨緒さん、保護者、朝田校長と久保が参加しました。

 

 午前中は高校生平和大使との意見交換会、午後は作詞家・ジャズ評論家の湯川れい子さんと高校生平和大使によるトークセッションとコンサートがありました。

 今回の祭典は、能登半島沖地震が起きた2007年に長崎高校生平和大使が街頭募金で集めた義援金を能登半島に寄贈してくれた経緯もあり、戦後76年を迎えるにあたり、風化しつつある過去の歴史を振り返り、平和の尊さに思い至り、次世代にも平和について関心を持つ機会になることを目的に企画されました。また、高校生平和大使のテーマ曲でもある七尾市在住作詞家の椿れいさん作曲『GAIA HARMONY』がミュージックビデオとともに披露されました。さらに、高校生平和大使の活動は24年間にわたっており、近4年間はノーベル平和賞にノミネートされています。

 午前の部は、平和大使2名による活動報告、石川県高校生による活動報告があり、本校を含めて8校が参加しました。高橋さんも質疑応答で意見交換に参加しました。

 湯川さんが「音楽がいつでもどこでも聞ける環境こそが平和と感じる。高校生としての発信が世界を変えるきっかけになる」とのお話しに対して、平和大使の大隈さんと大澤さんが「何が平和であるかを考えることの大切さや平和を訴え続ける信念を持つこと。私達の行っていることは微力だけど無力ではないことを広げたい」との言葉がとても印象的でした。

 参加した高橋さんは「長崎の高校生平和大使が行っている原爆の体験をまとめ、後に残していくことで、核を失くそうとしている活動だったり、町おこしの動画をつくっていたりなど、いろいろな人が自分の目標に向かって進んでいて、私も目標を見つけて進んでいきたいと思いました。スピーチはすごく自信を持っていて、自分の意見をはっきり言い、それでいて言葉づかいもとてもきれいで、同じ高校生とは思えず、圧倒されて、あんなに上手にはできないけれどスピーチをするときは参考にしようと思いました。」

 また、徳中さんは「どの高校も自分たちが高校生であるという立場で理解したうえで自分たちに何ができるのか、自分たちの地域などにどう貢献できるのか(助け合えるか)を考え、その考えたことを実際に行動に移して有言実行しているのがすごいと思ったし、また、そういうところを見習わなくちゃなぁと思いました。」と感想を話してくれました。

 朝田校長は、「平和と戦争だけでなく、東日本大震災や新型コロナ禍についても同様に考えたとき、私はふと相田みつをさんの詩「わけ合えば」を思い出しました。本校の図書館にもあるのでぜひ読んで欲しいし、生徒たちがどのようなことを考えているかを聞いてみたいものです」と話されました。

 引率した久保は、「どの高校の生徒も自分たちの取り組みの意義と価値を明確に理解し発表しており、大変勉強になるものであったと思います。今後、他校の生徒と交流する場に積極的に臨みたいですね。」と振り返りました。

 (担当:久保)

 

令和3年度内高ダイアリー

令和3年度体験入学

10月16日(土)

 8月3日に実施予定をしていた体験入学が県下一斉に延期または中止となりましたが、本校では延期とし、本日の開催となりました。

 まず中学生、保護者のみなさんに朝田校長が、この体験入学が本校生徒会の進行によって行われることを学校案内リーフレットを使ってお話ししました。その後生徒会役員がスライドを使って本校の授業や行事、部活動について詳しく説明しました。

 その後、参加者は公民科、数学、英語の授業を体験した後、スクールツアーとして校舎見学やバドミントン部・バレーボール部・卓球部・軽音楽部などの部活動見学を行いました。

 今回の体験入学に来られた方、また参加できなかった方々も、今後本校を見学されたい方は随時受け付けております。お電話でお知らせください。

(なお写真はプライバシー保護のため一部加工を施しています)

 



オープニング 体験授業(公民科)
R
体験授業(英語) 体験授業(数学)


軽音楽部を見学 生徒玄関のキラキラハッピーボードを見学

参加した生徒、保護者から多くのご意見、ご感想をいただきました。

 ・わからないことが多かったけど、今回の見学でわかったし、先生や先輩に話をして、すごく楽しかったです。

 ・とてもいい学校で、先生方もとてもフレンドリーだなと思いました。

 ・とっても楽しいだろうなと思っていたけど、想像以上で、みんなが笑顔で部活をやっていて授業も楽しくて、この学校に入ってみたいと思いました。

 ・授業のわかりやすさ、仲が良く明るい学校だと感じました。

 ・今回の体験を通しての感想は、掲示もすごくきれいで、(体験授業の)社会とかもすごくわかりやすかった。部活も楽しそうでよかった。

 ・面白かった。クロームブックがよかった。

 ・数学の楽しさがわかった。

 ・グループで話し合ったりして楽しくできた。

 ・学生さんの学校紹介でとてもしっかりしていて、素敵な皆様に感銘し、子供にもできたらいろんな体験をこちらでできたらいいなと思いました。

 ・大変参考になりました。体験授業も少し見学させていただきましたが、すごくわかりやすくて工夫してあるのがわかりました。

 ・今日来てよかったと思います。本人も受験に向けてがんばってくれればいいなと思います。良い学校だと思いました。

 ・小規模での学校の良さを感じました。先生方も丁寧で、子供が入学できたら安心してお任せできると感じました。生徒さん方も穏やかな方が多いとお聞きして良いなあと思いました。

 

参加された皆さん、ありがとうございました。オープニングで司会進行をした本校生徒会の生徒も今回の体験入学を機会に本校に目を向けてくれればという思いを語ってくれました。

 

令和3年度内高ダイアリー

内灘中学校公開授業に参加

  10月15日(金)

 内灘中学校で公開授業がありました。本校から朝田校長、教頭はじめ複数の教員が授業を参観させていただきました。「地域交流による高等学校活性化事業」は令和3年度県教委指定事業のひとつですが、実際に内灘中学校を訪問し、生徒や先生の様子、校内の様子を見せていただくことで高校での教育実践に大いに資することを実感しました。今年度から本格実施されているGIGAスクール構想についても来年度以降高校生となる生徒たちの学びを見ることができて、有意義なものとなりました。今後大根布小学校、清湖小学校の授業も見せていただく予定です。勉強させていただきます。よろしくお願いします。

(この記事は地域交流による高等学校活性化事業のページにも掲載しています)

 

令和3年度内高ダイアリー

華道部の生徒が校長室にやってきました

10月15日(金)

 校長室にきれいな花を飾ってくれる華道部の生徒が、あらたにお花を生けてくれました。華道講師の辻森正美先生、顧問の長原養護教諭とともにやってきた華道部の2人は今回の生け方について丁寧に説明してくれました。

校長に花の名前を説明する12H久司と22H外蔵

 

令和3年度内高ダイアリー

防災訓練

10月13日(水)

 全校生徒、教職員で防災訓練を行いました。今回は、地震が起きた時に津波が来ることを想定し、避難場所を4階に設定しました。生徒も職員も真剣な面持ちで訓練に臨んでいました。緊急時の連絡体制や救護を要する者への対応法を再確認すると共に、トランシーバーや災害時アクションカードを用いて細かな手順を確かめました。『備えあれば憂いなし。』天災はいつ何時訪れるかわからないので、職員も日頃から高い防災意識を持って職務に当たりたいと思います。

 また、今回の訓練にもPTAの有志の方にご参加いただき、避難の様子を見ていただきました。終了後の反省会では厳しいご意見もいただきました。いつも以上に気の引き締まる訓練が出来たように思います。ご協力ありがとうございました。

 

地震発生の放送ののち安全行動の訓練(机の下へ) 職員室に集まった教員に災害時アクションカードを渡して指示
誘導された生徒は指示された場所で待機 対策本部で避難の確認

 

 

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

看護の出前講座

10月13日(水)

 このたび石川県看護協会より2名の現役の看護師をお招きし、看護職における仕事の魅力や社会における看護職の役割について講話をしていただきました。高校生としての社会貢献の視点から職業倫理ややりがいの意識を培うことを第一の目標とし、さらに本校における医療系志望の生徒の意識向上をめざしたものです。

 今回は金沢医科大学病院主任看護師であり、がん放射線療法看護認定看護師の灘村真希氏と看護師橋場杏奈氏の2名の方々にお話をしていただきました。特に新型コロナウイルス感染症対応の防護服を生徒に実際に着せて、現場の看護師の立場を考えさせていただけるなど、生徒にとって看護や医療ということについて深く考える機会になりました。

【生徒の感想】 

・コロナはどこでうつるかわからない怖いウイルスですが、その治療をしている看護師がとても大変だということがわかりました。そして看護師に負担をかけないように自分たちもしっかり対策をしていかなければならないと思いました。

・看護師はがんやいろいろな病気の人々を守ってくうえで、亡くなっていく人を見届けることは本当につらいと思うのに、色々な人を優しく守ってくれてとてもかっこいいと思います。

 

  なお、北國新聞社、中日新聞北陸支社、MRO北陸放送の取材をいただき、MROテレビでは10月13日夕刻の番組「レオスタ」で放映していただきました。

 

令和3年度内高ダイアリー

【サッカー部・選手権大会を終えて…】

10月12日(火)

いつもご声援ありがとうございます!

本日は、10月9日に行われた選手権大会1回vs大聖寺高校との試合についてです。

 結果は0-12

大敗でした。とても悔しい思いでいっぱいです。

ただ、初心者が8割を占める内灘高校サッカー部で、40分ハーフの試合を単独チームでやり切ったことはとてもすごいことだと感じています!

試合後のミーティングでは、「来年の総体・選手権大会でのリベンジ」を中心に話をしました。最後の試合を迎えた3年生からも一言。自分なりの思いを後輩に語っていました!

また、前年度まで本校におられた神田先生にもお話しを頂きました。

悔しい思いの中にも次を見据える思いを持った選手が多くいました。本当に頼もしくなりました。

 「次こそは!」その思いで日々の練習にも取り組んでいこうと思います!!

練習したことは無駄にはならない。

間違いなく、選手は上手くなっていますし、特に顔をうつむけず試合を走りぬいたことや試合後の雰囲気などからも”メンタル面”の成長は著しいなと感じています!

 さて、次は11/11(木)~新人戦です。

単独チームでの出場は難しいですが、私も含め一人ひとりが今回学んだことを次につなげるよう日々取り組んでいきます!!

※試合前や試合中の写真を載せます。良い雰囲気…伝わるでしょうか?笑(顧問 田向)

 

お知らせ

令和3年度 同窓会総会 延期のお知らせ

同窓会会員の皆様へ

 10月23日(土)に予定していました令和3年度同窓会総会ですが、このたび諸般の事情で延期をさせていただき、11月27日(土)にオンライン(リモート)の形で行う予定で進めております。当日は山上同窓会長、朝田校長の挨拶のあと、現在本校でどのような教育活動を行っているかをお届けする予定です。つきましてはこのホームページをご覧になって参加されたいという本校同窓会会員は、卒業年とお名前をお書き添えのうえ、本校までメールにてご連絡願います。

 メールアドレス  uchinh@ishikawa-c.ed.jp

  例)平成20年3月卒業 内灘花子(旧姓:河北)

 

お知らせ

サッカー部記事掲載しました。(部活動-サッカー部のページへ)

次のタイトルをクリックしてください。 

【選手権大会に向けて…】

令和3年度内高ダイアリー

クリエイティブ人材育成事業「鉄工機電協会」 講演会

10月6日(水)

 本日は石川県鉄工機電協会事務局長の山本孝様にお越しいただき、ご自身の経験をもとに仕事のやりがいや素晴らしさを話していただきました。最初の挨拶で朝田校長は今回の講演会のねらいを次のように話しました。

1 2年後に進学就職を控えた1年生に「働くこと」について考えてもらうきっかけとすること

2 県内企業の方から直接お話を聞くことで、地元の産業や企業の魅力を知り、将来の地元就職への意識を持ってほしいと言うこと

 山本様は「石川のニッチトップ企業」(石川県商工労働部)に掲載されている石川県の企業を映像とともに紹介され、「山椒は小粒でぴりりと辛い」企業が世界レベルで活躍していることを強調されました。

 質疑応答である生徒は「どのような人がこうした仕事に向いていると思われますか」と質問し、「柔軟性のある人。生きがいを持って取り組んでほしい」と答えていただきました。また「高校時代にやっておくべきことは何でしょうか」の質問に対しては「英語を勉強すること、何事も一歩進む気持ち、いろんな考えを吸収していくことが大事」と答えていただきました。さらに「働く上で乗り越えるべき壁にぶつかったときはどうすればよいですか」という質問に対して「先輩や友人と発散するなどして、人の輪を広げていくといい」と答えていただきました。

【生徒の感想】

・山本さんの話を聞き、人生は失敗と成功の繰り返しであることが分かったので、これからは目標をもって頑張りたいと思った。

・石川の産業は機械、IT、食品など幅広く展開していることがわかりました。「鉄工機電協会」の人たちは機械だけでなく人材育成や人員の確保なども支援もしており、一つひとつリンクしていることが分かった。

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

内灘町教育長表敬訪問

9月29日(水)

 このたび日頃よりお世話になっている内灘町久下教育長を訪ねました。朝田校長は自転車競技部の3年浦幸太朗と卓球部の2年岡部陽典とともに、内灘町から部活動振興についてご援助をいただいていることのお礼を申し上げました。久下教育長はこれまでの活動について労いの言葉をいただくとともに今後の部活動に向けて激励をしていただきました。ありがとうございました。

 

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

1年生進路探究学習 in ジョブカフェ石川

9月29日(水)

 今日の総合的な探究の時間では自らの進路について考えるきっかけとし、進路選択を迎える前の目標を見出すため、ジョブカフェ石川(金沢市)を訪問し、勉強させていただきました。2年生に向けて自らと向き合い、大いに葛藤し、目標を見いだしてほしいと思います。

 

【生徒感想】

・今回学んだことはこれからずっと役に立つことばかりで、働くことの大切さを改めて知ることができたと思います。働くことはとても大変なことだと思うけど、やりがいを感じ、時には楽しむことが大切なのだと思いました。

・一般的な就職・進学の参考になってとても楽しかったです。今後の学校生活にも日々活用していこうと思います。

・日常生活でも生活態度を改め、正しい敬語を使う心がけをしようと思った。人との出会いを大切にしてたくさんの人とコミュニケーションをとっていこうと思った。

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

第2回高校生自転車乗車マナー県下一斉指導

グッドマナーキャンペーン(石川県主催)

 9月22日(水)、24日(金)8時~8時25分の間、学校近隣の4カ所の交差点等において行います。6月の第1回自転車乗車マナー一斉指導は中止となりましたが、9月の第2回については石川県主催の「グッドマナーキャンペーン」に合わせ、実施となります。

 9月22日、24日の両日、天候に恵まれ、PTA会長中根 様をはじめ、担当の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。次の写真は22日の開始式の様子です。

(なお、この記事を含めてPTAに関する記事はPTAのコーナーに掲載しております)

 

令和3年度内高ダイアリー

1年「トップが語る石川の産業の魅力」講演会

9月22日(水)

 今回は県内企業のトップに、その経験をもとに、仕事のやりがいや素晴らしさ、チャレンジ精神、リーダーシップ等について語っていただく講演会を行いました。

 今回の講師は(株)石野製作所代表取締役の石野晴紀様にお越しいただきました。回転寿司ベルトコンベアの全国トップメーカーである石野製作所のこれまでの取組みについてお話をいただき、さらに石川県の多くの製造業について熱くお話されました。最後に高校1年生に教訓として「自分の思っていることを相手に伝える努力をしなさい」と語っていただきました。1年生としてこれから社会に目を向けていくなかで必要な多くの学びをいただきました。ありがとうございました。

【生徒の感想】

・今日の石川の産業の魅力をきいて外国でも和食が増えたり、回転寿司で使われたりしているものが日本以外でもたくさん使われているということを知ることができました。回転寿司のベルトコンベアで全国60%のシェアを占めている石野製作所で、これからも新しいスタイルをたくさん生み出してほしいと思いました。また見えない場所でいろいろな技術が使われていることを学ぶことができて良かったです。

・講師である石野さんの話をきいてとても大切だと思ったのは、「歴史・文化・産業」を知ること。そして英語をしっかり勉強することです。日本にはたくさんの伝統工芸品や地場産場が多く、世界に進出していてすごいと思いました。これからも自分の思いを相手に伝える努力もしていきたいと思いました。

  

 

 

朝田校長と歓談される石野晴紀様(左から二人目)

令和3年度内高ダイアリー

2年インタビュー講座

9月22日(水)  

 2年生は総合的な探究の時間で職業についての探究学習を行っています。10月には2年生全員がそれぞれ興味のある仕事に携わっている方へインタビューをし、さらにスライド発表をすることを通して職業への理解を深めることを目的としています。

 今日は「取材のキホン」と題してインタビュー講座を行いました。TBSテレビで番組制作にも携わっている株式会社オールアウトディレクター牧野智也氏による講演でした。

 牧野氏は

 ①インタビュアーとしての心得について

 ②インタビューの効果的な方法について

 ③自分たちのインタビューの実践に活かすには 

についてご講演いただきました。取材の方法や、依頼・交渉の仕方等、実際に役立つ様々な具体例を示していただきながらお話いただきました。ZOOMによるリモートでの実施となり、生徒は各教室での受講となりましたが、プロフェッショナルのお話に聞き入っている様子であり、質疑応答も盛り上がりました。

牧野智也氏(左上)の講話を聞く生徒

(スライドの内容は一部編集済み)

〔生徒の感想より〕

・今まさに自分の知りたいこと興味のあることや憧れの人に取材をするチャンスが来ている中どういう意識を持ち、どう取材をするべきかを知ることができました。ありがとうございます。

・ADやディレクターは楽しいこともつらいこともたくさんあるが、やりがいもあってとてもいい仕事だと思った。取材の方法で詳しく何をすればいいかなどが分からないところもあったが意識したらいいところなどが分かって分かりやすかった。

・インタビューについて色々基本を学ぶことができました。特にインタビューすることは、他の人がいいと思うかばかり考えてしまい、自分の聞きたいことについて全然考えることができていなかったので、次にインタビューするときには自分の聞きたいことを訊いてみようと思いました。今日はお忙しい中ありがとうございました。

 

令和3年度内高ダイアリー

教員研修「生徒のSOS」

9月22日(水)

 本校のスクールカウンセラー安田幸先生に生徒と接する際のSOSのサインについて、講義をしていただきました。冒頭、朝田校長は日頃、生徒と接していることに加えてプラスアルファの気づきを、と話されました。

 安田先生は生徒の多彩なSOSサインを知ることと、より正しい評価をして支援の方法を適切に選択できることをねらいとして話され、日々生徒をしっかり観察することをあらためて強調されました。本校教諭からは生徒に紹介するために適切な書籍は?といった質問が飛び出しました。経験を重ねた教員ほど論理的な理解が必要だと考えさせられるよい研修となりました。

 

令和3年度内高ダイアリー

全日本高等学校女子サッカー選手権大会石川県大会2回戦


9月20日(月祝)

 2回戦 内灘、金市工、金沢商、大聖寺の合同チームは星稜高校と戦い、1対9で敗れました。本校選手については以下です。
  21H北国朋佳 40分×2 フル出場

○本人のコメント
 楽しかったです。もっと練習して今日できなかったことを次回できるように頑張りたいです!

 まさか本人からこんな言葉が出るとは...と個人的に驚いています。ご声援ありがとうございました!次は男子選手権が単独チームで始まります。よろしくお願いします!(顧問 田向)

お知らせ

令和3年度内灘高校体験入学実施のご案内

すでにお知らせしておりますが、あらためて掲載します。

今年度延期としておりました体験入学を10月に開催いたします。

次の内容を踏まえてご参加のほどよろしくお願いします。

1  日 時  令和3年10月16日(土) 9:30 ~ 12:00

2  場 所  石川県立内灘高等学校(河北郡内灘町字千鳥台3丁目1番地)

3  参加対象者 中学3年生、保護者、中学校教員

4  日 程

   9:00~ 9:20 受 付(生徒玄関・学生ホール)

   9:30~10:00 ①学校の概要説明・生徒会役員による学校紹介

  10:10~10:30 ②体験授業Ⅰ

  10:40~11:00 ③体験授業Ⅱ

  11:10~11:30 ④体験授業Ⅲ

       11:40~11:55    ⑤スクールツアー(校舎施設・部活動見学)

  なお、中学校1・2年生の参加については、別途ご相談下さい。ただし、体験授業Ⅰ~Ⅲ  

 は、中学校3年生を対象とした内容です。

  資料を掲載しますので、ご覧ください。

  体験入学 実施要項(10月).pdf

  体験入学 参加申込書(10月).pdf

  体験入学 参加申込書(10月).xls(Excel版)

  問診票(10月).pdf

令和3年度内高ダイアリー

3年 就職試験直前激励会

 9月15日(水)

 いよいよ就職戦線開始を前に、これまで3年生が取り組んできた就職試験に向けての対策を振り返り、各々が決意を持って試験に臨むため、就職試験直前激励会を行いました。朝田校長は「人生設計や将来の展望は、自分の未来予想図です」と切り出され、DreamsComeTrueの未来予想図という曲が吉田美和さんの高校生時代の曲であることを話されました。そして応援してくれたご家族、友達、さらに何より自分のためにも内定を勝ち取り、夢を叶えてほしいと力強くエールを送りました。

 3年生徒代表の久保玲奈、佐藤慎吾の両名は「多くの先生方のサポートに感謝して試験に臨みたい」「内定を取ることができるよう全力を尽くしたい」と決意を述べました。その後、全員で勝ちどきの声を挙げました。

 就職試験はひとりひとりの戦いですが、内灘高校全員の団結力を背中で感じて頑張ってきてほしいと思います。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

第2回社会人講話    

9月15日(水) 13:05~15:15

 2年生を対象に「魅力ある社会人になるために」と題して社会人講話が行われました。

 第一部は、株式会社ホクチン 代表取締役 山上智之様より、社会人として、人としてどのように生きていくべきかについてご講演いただきました。

 また、第二部では各6グループに分かれ、本校OB・OGの皆様に講師になっていただき、現在のお仕事の具体的な内容や高校時代についてお話いただきました。また今回は「♯私の進路今ココ」という質疑応答の時間を設け、生徒全員が講師の方に話す時間を持ちました。これによりタイムリーな話題について共有でき、生徒の進路選択の道しるべとなる様々な助言を頂くことができました。

 

 

〔生徒の感想より〕

〔第1部〕

・①時間を大切にする ②周囲の人への感謝の気持ちを忘れない ③目的を持ちチャレンジする 、何事もやってみないと始まらない。地道な努力が大切と分かりました。

・「人財・人材・人在・人罪」、4つの人ザイの話が確かにそうだなと思って、私は人財や人材になりたいなと思った。昨日の自分を超えられるように頑張ろうと思った。

〔第2部〕

・将来のためになることと、今しかできないことをしようと思った。他に色んな事に挑戦しようと思った。

・自分の仕事で家族に対する考え方が変わったというお話がとても素敵だった。私も自分の就きたい仕事にやりがいを見つけられたらいいなと思う。

 

令和3年度内高ダイアリー

1年 ふるさとに学ぶクリエイティブ人材育成事業講演会

 

9月15日(水)

 企業人として地域社会の第一線で活躍されている地元企業の方に講話をしていただくことで、本校生徒の地域のものづくりや地場産業への理解を深めることをねらいとして、また仕事に携わる人々の思いや魅力に触れることで今後の進路選択に活かすことを目的として、今年度は(有)三吉商店代表取締役の石橋隆太郎様にお越しいただき、ご講演いただきました。

 北陸で圧倒的なシェアを占める三吉もやしで有名な三吉商店の石橋様はたくさんのもやしと貝割れだいこんを手に、食のお話から、さらに人と食べ物、生き物のことや人生の目標設定についてのお話をしていただきました。

 生徒は最後に人生の目標シートを書き込み、「何事もあきらめずに挑戦」することや「今の部活動を極めること」を具体的に考える濃密な時間を過ごすことができました。

 

(有)三吉商店代表取締役石橋隆太郎様

(生徒の感想)

・三吉もやしの石橋さんのお話を聞いて、人間は一人じゃ生きていけないし、必ず誰かがいるから生きていけるという言葉が心に突き刺さりました。人間は食べ物を食べないと死んでしまうし、動物を殺してそれを食べているし、日本はとても恵まれているということがわかりました。今、生きているのは決して当たり前じゃないという言葉がすごく心に響きました。また三吉もやしの種類がいろいろあることがわかりました。

・今回の話を聞いて、少し考えさせられました。今、俺がいる日本はとても異常で、この日常が普通ではないということも改めてわかりました。今日から自分は何をしたいか少し考えていこうと思います。今、自分が考えていること、思っている伝えたいことを伝えられるような仕事につくのもいいかもしれないので頑張ります。

令和3年度内高ダイアリー

全日本高等学校女子サッカー選手権大会石川県大会1回戦突破!


9月11日(土)

 1回戦 内灘、金市工、金沢商、大聖寺の合同チームは野々市明倫と対戦し、12対0で勝ちました。本校から出場した2年北国は40分ハーフの前後半をフル出場と活躍しました。厳しい暑さの中、走り切り、日頃の練習の成果が出せたよい試合でした。(顧問田向より)

 

 

令和3年度内高ダイアリー

スクールカウンセラー講演会

9月8日(水) 14:00~14:45

 2年生は6限目にSC(スクールカウンセラー)講演会が行われました。本校スクールカウンセラーの安田幸先生より、「SOSの出し方」についてお話頂き、ストレスをどのように受け止めるのか、ストレスを感じたときにどのように解消すればよいのかについて、具体的に学ぶことができました。

【生徒の感想】

・自分のストレス解消法について改めて見つめなおすことができた。その状況に応じた解消法を使って、あまりストレスがたまらないように気を付けようと思った。

・ストレスの出方には色々あって頭痛や吐き気など人によって違うことが分かった。自分がストレスやと思っていなくてもストレスになっている事があることが分かった。

・ストレスは溜め込まず、自分なりの方法で発散したほうがよいことが分かりました。また、そのさいは、友達や大人の人とかにも相談にのってもらうことがいいということも知れました。

・ストレスとの向き合い方が分かりました。自分なりにストレスを発散しようと思います。

令和3年度内高ダイアリー

2学期はじまりました。

9月1日(水)

 始業式、表彰伝達式、壮行式、ALTの離任式を行いました。新型コロナウィルス感染症防止対策として生徒は各教室でリモート開催としました。

 始業式では朝田校長から①2学期の位置づけについて各学年ごとに目標を持ってほしいこと②心配ごとはどんなことでも相談してほしいこと③新型コロナウイルスについて、これまでのところ本校では休校などがないが、これまで以上にウイルスを持ち込ませない、拡散させない気持ちが重要ということを話されました。

 続いて表彰伝達式、壮行式です。表彰伝達式では生徒会役員の司会進行で、全国高校総合体育大会自転車競技で500mタイムトライアル6位に入賞した2年生米田千紘が表彰伝達を行いました。また惜しくも入賞を逃した3年浦幸太朗、1年山下翔太郎も今後への抱負を語ってくれました。壮行会では全国高校サッカー選手権大会石川県大会に出場するサッカー部代表樋(とい)龍樹が本校単独チームで参加する選手権に向けて、力強く抱負を述べてくれました。生徒会の司会は本多日向、生徒代表挨拶は中根子由姫でした。

 最後に9月10日の授業を最後に離任するALTのオウ・ウォーレン先生の離任式を行いました。ウォーレン先生は英語と日本語で今までの思い出を語り、生徒にエールを送っていただきました。朝田校長はウォーレン先生の人となりを披露され、餞(はなむけ)とされました。

  なお、今日から朝の登校時、生徒全員の健康チェックなどを徹底するため、多くの先生方に生徒玄関に立っていただき、生徒への声かけ、健康観察をすることにしています。

 

 

お知らせ

令和3年度内灘高校体験入学のご案内

 石川県教育委員会の決定により、8月3日(火)に予定していた体験入学を一旦中止としましたが、あらためて開催することになりました。

1  日 時  令和3年10月16日(土) 9:30 ~ 12:00

2  場 所  石川県立内灘高等学校(河北郡内灘町字千鳥台3丁目1番地)

3  参加対象者 中学3年生、保護者、中学校教員

4  日   程

   9:00~ 9:20 受 付(生徒玄関・学生ホール)

   9:30~10:00 ①学校の概要説明・生徒会役員による学校紹介

  10:10~10:30 ②体験授業Ⅰ

  10:40~11:00 ③体験授業Ⅱ

  11:10~11:30 ④体験授業Ⅲ

       11:40~11:55    ⑤スクールツアー(校舎施設・部活動見学)

  なお、中学校1・2年生の参加については、別途ご相談下さい。ただし、体験授業Ⅰ~Ⅲ  

 は、中学校3年生を対象とした内容です。

 

  資料を掲載しますので、ご覧ください。

  体験入学 実施要項(10月).pdf

  体験入学 参加申込書(10月).pdf

  体験入学 参加申込書(10月).xls (Excel版)

  問診票(10月).pdf

 

 

  

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

いよいよ新学期

 8月31日(火)、明日からの新学期に向けて教職員一同、それぞれの準備を行いました。まん延防止等重点措置のもと、新型コロナウイルス感染症対策のため、1学期以上に徹底した対策を行っていきたいと思います。

   9月1日から生徒玄関で①自宅での健康チェックの確認と徹底②顔認証体温計での測定と手指消毒③マスクの正しい着用をこれまで以上に徹底したいと思います。生徒諸君、そして保護者の皆様、ご協力をよろしくお願いします。

保護者の方々へのお知らせ

8月27日(金)

 本日は1,2年生全員と3年生就職希望者の登校日でした。生徒のみなさんに次の書類をお渡ししました。

 次のファイル名をクリックしてください。(ファイルの2ページ目にある、例えば○○.pdf や ××.html をクリックするとリンクしたファイルやホームページを見ることができます。)

    新学期に向けた新型コロナウイルス感染症対策の徹底等.pdf 

 なお、本日欠席の生徒と3年生進学希望者については当該書類をご自宅に郵送させていただきます。よろしくお願いします。 

 

令和3年度内高ダイアリー

1,2年生進路講演会

8月27日(金)

 1、2年生を対象にそれぞれ時間をずらして(株)ベネッセコーポレーションから大友崇禎氏をお迎えして進路講演会を行いました。

 1年生の講演会では、基礎力の必要性、基本的な生活習慣の2点について重点的に話していただきました。また、4月に行われた基礎力診断テストを改めて振り返り、9月1日に行われる基礎力診断テストまでの計画を立てました。

(生徒の感想)

・会社や専門学校に入る人も大人になったら勉強が必要である。普段使う言葉や数式だけでなく、そのほかの様々な勉強も覚えて学び続けることが必要だと分かった。

・貴重なお話を聞くことができました。正直、今回のテストにどれほどの重要性があるかわかっていませんでしたが、講演を聞く中で基礎学力の重要性に気付きました。まずは一歩。今回のテストの対策をしたいと思いました。

 

 続いて2年生の講演会では、社会人になるためには「基礎力」が必要であることや、PDCAサイクルについて学びました。また、「自分の強み発見ワーク」では、友達からも様々に意見をもらいながら自分の特性をとらえなおすことができました。4月に行われた基礎力診断テストの結果を踏まえて9月1日に行われる基礎力診断テストの目標点を決め、目標に向けての行動について具体的に書き出し、計画を立てました。

(生徒の感想)

・今回の話を聞くまではもう手遅れだと思っていたが今日の話を聞いて、まだ間に合うということ、そして基礎学力がちゃんと身に着けないと社会に出た時などに後悔するという事を学べて本当に良かった。

・勉強が足りていない教科がはっきりしていたのでその教科を中心に勉強する必要があると感じた。残りの期間を大事に使いたいと思う。

・自分の長所・短所が分かって良かった。

・自分の「強み」を今まで何があるのか理解していなかったということもあり、自分の「強み」を目に通してみることができ自信がつきました。

・卒業後の進路でどこを選んでも必ず基礎学力はついてまわるので、今のうちからコツコツやっていこうと思いました。

 

 

令和3年度内高ダイアリー

3年生就職模擬面接

 8月27日(金)、本校OBの方々10名を面接官にお迎えして、3年生就職希望者の模擬面接を実施しました。模擬面接を通じて、内定に向けての基本的な対応やより実践的な対応について学ぶことと、入社試験当日の緊張感や雰囲気を体験したうえで面接官からのご助言を頂き、今後の就職活動の糧とすることが目的です。

 生徒にとって校外の方に模擬面接をしていただく最後の機会であり、この日のために本番さながらの準備を進めてきました。みな一様に緊張していましたが、最初に挨拶に立たれた本校同窓会長の山上智之氏は大いに失敗していいことを話していただきました。

 

 

 最初、朝田校長より講師の方々にご挨拶を申し上げ、その後会場へ移動していただきました。3密を避け、5つの部屋で2人ずつの面接官と生徒による2対1の模擬面接を行っていただきました。面接が終わった後、生徒はもう一度面接室に入り、その場で講評をいただきました。先輩方の厳しくも思いやりのあるご指摘に、生徒は頷きながらしっかりメモをとっていました。そして閉会式では10人の講師の方々にコメントをいただきました。OBの方々、お忙しい中、本校生徒のためにありがとうございました。

 

令和3年度内高ダイアリー

GIGA校内研修

8月24日(火)

 今日は先生方全員が参加し、2つの教室に分かれてchromebookを使って授業を行うための研修会を実施しました。日頃から慣れている先生も多いのですが、よりスキルアップすることで2学期からの授業で効果的に生徒に学んでもらえるはずです。みなさん9月以降の授業で成果を発揮されることを期待しています。(教頭)

 

令和3年度内高ダイアリー

 

3年生への就職指導

8月20日(金)

 3年生の就職希望者にとっていよいよ大事な時期を迎えました。これまで指導を受けたことをもとに履歴書の作成について真剣に取り組んでいます。

 

 

お知らせ
令和3年度内高ダイアリー

教職員避難消火訓練

8月5日(木)

 7月15日に主に生徒を対象として防災訓練を行いました。そこで今度は教職員による避難消火訓練を行いました。昨年度、コロナ禍でできなかった消火訓練など次のようなメニューです。

 1 水消火器による消火訓練

 2 屋内消火設備を用いた消火訓練

 3 救助袋による避難訓練

 

 

 

令和3年度内高ダイアリー

教員校内研修

8月4日(水)

 10:00~12:00に、教員校内研修を行いました。石川県教員総合研修センターの教育相談課課長稲田秀幸先生と、指導主事に前田先生が「自己肯定感を高める授業づくり~生徒指導の3機能を生かした~」と題してお話をしてくださいました。

 内容は、「自己肯定感とは」「生徒指導の3機能とは」「生徒指導の3機能を生かした授業作り」等がありました。チェックシートを使いながら、1学期の振り返りや自分の生徒への関わりの見直しをしました。また生徒役と教師役に分かれて、教師が困っている生徒に対して「アイメッセージ(I message)」を伝えるロールプレイをしました。最後に2学期からの授業づくりに向けて、自己肯定感を高める工夫を1つ書いて、お互いに話し合いました。

    日頃から取り組んでいることについて客観的に振り返り、反省する時間となったことは間違いありません。今後の生徒指導に大いに役立てたいと思います。

 

 

お知らせ

内灘高だより

 今年度4月からの内灘高だよりを一挙掲載しています。左側のバナー「内灘高だより」からお入りください。なお、この内灘高だよりは内灘町役場のロビーにも掲示させていただいております。ありがとうございます。

令和3年度内高ダイアリー

 

2年インターンシップ(就業体験)

7月28日(水)~30日(金)

 2年生の就職希望者を中心に、企業の業務を直接体験する「インターンシップ(就業体験)制度」に参加しました。慣れない仕事は大変で、くたくたになりながらも精一杯取り組む姿が印象的でした。実社会での体験を通して、社会人としての言葉づかいやマナーなどの大切さを理解し、しっかりとした企業観を持って、自分の進路を決定することにつなげていくことを目的としています。

   インターンシップに向けて事前指導は複数回に分けて行ってきました。

 そして当日、生徒はそれぞれの事業所へ。校長をはじめとする私たち教員は各事業所様にご挨拶を兼ねて巡回し、生徒の声を聴くなどしました。 

ホリ牧場(牛舎の清掃) アルビス内灘店(野菜品出し)
石川県森林組合(ドローンによる調査) AOKI金沢田上店(商品管理)
大阪屋ショップ近岡店(商品の梱包) 内灘高校(校内設備メンテナンス)

  今回のインターンシップで学んだことがひとり一人の進路選択に生かされることを期待します。今回はコロナ禍の大変厳しい状況にも関わらず、多くの事業所様にて就業体験をさせて頂きました。誠にありがとうございました。(2年学年会)

 

お知らせ

令和3年度内灘高校体験入学延期のご案内

 石川県教育委員会の決定により、8月3日(火)に予定していた体験入学を延期します。 

 別日程での開催について、追ってお知らせします。よろしくお願いします。

令和3年度内高ダイアリー

自己表現ワークショップ 

7月27日(火)

 即興演劇の手法による体験講座をとおして、主体性やチームで働くうえで必要なコミュニケーションの雨量を育成することを目的として、演劇家で洗足学園音楽大学の山田宏平先生をお迎えして、就職を控えた3年生を対象に行いました。 

    

 

最初はおっかなびっくりだった生徒も、山田先生の説明で自らを解放したかのように大いに楽しんでいるように見えました。最後は全員がひとつになったような満足な表情を浮かべていたのが印象的でした。

 生徒の感想を掲載します。

・最初はどんなことをするんだろうと思ったけど、この講座は楽しかったし、とてもためになった。集団行動することと個人で面接練習するのイメージがもてました。

・この講座を受けて頭を使ったりして楽しかった。自分は人前で話をするのが苦手だったけど、少し克服できたと思い、よかった。普段しないことや頭をよく使ってコミュニケーション能力をあげることができてよかった。また受けてみたい。

・なにをするのかワクワクと不安でいっぱいでしたが、人との接し方や社会人になって役に立つことを学んで、自分のためになったし、これからに活かしていきたい。

・3時間使って何をするかわからなかったので最初は緊張したが、コミュニケーションで大切な話し方と聞き方がわかり、大切だと思った。またジェスチャーも大事だとわかった。

・講座を受けてとてもよかった。楽しかったし自分のこともしっかり言えたと思う。これからもいろんな人たちと関わっていきたいです。

 

令和3年度内高ダイアリー

保護者懇談会と科目選択説明会

7月19日(月)~21日(水)

  保護者懇談会は担任と保護者の方が1学期を振り返る重要な行事です。それぞれの教室で担任が準備してきた資料や通知票をもとに、懇談が行われました。

 せっかく来ていただいた方のために来年度に向けて、各学年ごとの科目選択説明会も同時開催しました。この期間中、図書室で一日に複数回の説明会を行い、立ち寄っていただいた保護者の方に教務担当の2名の教員が丁寧に説明を行いました。おおむね好評をいただいたようで、選択科目のことやコースのこと、単位修得のことを理解していただいたと思います。

   

内高ダイアリー 3月15日(金)
教室から見える今日の海
学校の教室からは内灘海岸が一望できます。今日は最高の天気になりました。「海」っていいですよね。この大きな海を眺めているだけで「自分のイライラは小さなことだ」と思えるようになります。 そして不思議と心が落ち着き、視野を広くして物事を考えられるようになります。4月からはクイーン・エリザベスやコスタ ネオロマンチカなどの大型クルーズ船も金沢港に寄港します。ゆったりと進む大型クルーズ船を眺めることのできる内灘高校は最高です!放課後のグラウンドではサッカー部の女子や男子がボールを追いかけています。あと、夕陽もオススメです(^_^)v
内高ダイアリー 2月 7日(木)
内灘高校の時計台とタブの木
今日は内灘高校の校舎です。まずは屋上に君臨する時計台。おしゃれですよ。のと里山海道からもバッチリ見えます。本校のシンボルになっています。校舎の外壁には海風に強いタイルが使用されているので、今年33年目を迎えていますがとても綺麗です。そして、生徒玄関前に青々と大きくそびえ立つ「タブの木」。生徒たちの登校を見守っています。この「タブの木」は開校当時に九州から移植されました。はじめは根付くかどうか心配だったそうです。それから33年。立派な木になりました。内灘高校の生徒たちもこのタブの木のように、3年間の学校生活でしっかり足下を固め、大きく成長してほしいものです。
 
内高ダイアリー 1月 9日(水)
「内高プラス」プロジェクトって?
自分の将来や未来のために、自分自身をプラスにする時間です。

①「職場体験」「学校見学」

内灘町や本校同窓会と連携して実施します。内灘町にある大学・介護施設・保育所等への体験学習や同窓生の会社等への見学で働くことのアドバイスをいただきます。卒業後の5年後10年後の自分をイメージして、今やらなければならないことを考えます。
②「防災学習」
石川県災害ボランティア協会の指導のもと体験活動を実施しています。この学習を通して、高校生としてただの避難者になるのではなく、避難所で活躍・協力できる人間に育てます。
③「社会人講話」
同窓会人材バンクを設立し、先輩から直接、仕事のやりがいや失敗談、またその失敗をどう乗り超えたのかをパネルディスカッション形式で活発に話し合います。卒業後に期待される社会人として必要な態度や心構えを学びます。
④「ボランティア活動」「地域交流」
「地域から信頼され、必要とされる学校」となるために、内灘町のイベントや公民館の行事、内灘町海水浴場の清掃などに積極的に参加しています。他者や地域のための活動から、自ら考え行動する積極性と責任感を育てます。
⑤「チャレンジ活動」
活動の講師の方や他学年との異世代交流により、コミュニケーション能力を高めます。
⑥「資格取得」
資格を取得することで自分の価値を高め、将来の可能性を広げます。
内高ダイアリー 12月27日(木)
軽音楽部 介護サービス施設で演奏してきました
今年全国大会に出場した軽音楽部は、内灘町のイベントや公民館の夏祭り、保育所や介護施設などで演奏して、地域に密着した活動をおこなっています。今回は金沢市にある「あんずの里四十万」にお邪魔させていただきました。「上を向いて歩こう」や「幸せなら手をたたこう」などを演奏して、利用者さんと楽しい時間を過ごすことができました。特に「ヤングマン」では「Y・M・C・A」を身体全体で表現して、笑顔でいっぱいになりました。とてもアットホームな施設のみなさんからたくさんの拍手をいただき、私たちも元気をもらいました。
内高ダイアリー 10月 4日(木)
内高生のABC 授業の約束7(セブン)
内灘高校では「内高生のABC(当たり前のことを ベストを尽くして ちゃんとやる!)を掲げ、生徒の授業規律に必要な事項の向上を目指しています。今年度の4月からは「授業の約束7」に取り組んできました。今日のmZone(朝学習)で、授業の約束7の自己評価アンケートを実施しました。集計はいましばらくお待ちください。この機会に今一度、日々の授業を大切にするということを意識してもらいたいと思います。
内高ダイアリー 5月18日(金)
生徒玄関の壁の名前は「キラキラハッピーボード」
生徒玄関の壁にコルクシートを一面に貼り、生徒の活動を紹介するコーナーの名前が決定しました。「キラキラハッピーボード」です。がんばっている生徒のキラキラした場面や自分の将来のプラスになるハッピーな資格取得などを紹介しています。日々の学校生活の活動が「生徒一人ひとりの人間力を高めていることにつながっている」と実感できるものにしたいと思います。学校の顔とも言える生徒玄関を明るく開放的なものにしていきます。内灘高校の新名所です。生徒たちのさらなるがんばりをこの「キラキラハッピーボード」で更新していきます。
内高ダイアリー 5月7日(月)
本校の教員を紹介します!熱血集団です!
今日は本校の熱血先生を紹介します。すべての教員が生徒の基礎学力定着に向け、ICTを効果的に活用し、アクティブ・ラーニングの視点に立った授業をおこなっています。日々、学年や教科で授業法を共有し、授業力向上を図っています。今週末(5/12)のPTA総会の日は終日公開授業です。ぜひ学校でのお子様の様子や教室に設置されたプロジェクターを使用した授業などをご覧いただきたいと思います。          
          

内高ダイアリー 4月25日(水)
同窓会からの寄贈:教室にはプロジェクターが備え付け
教室に同窓会寄贈のプロジェクターが設置されました。生徒たちの学びをもっと楽しく、もっとわかりやすく、もっと深い学びにつなげられるよう教職員一同、授業に磨きをかけていきます。また、本校が取り組んでいる『BYOD』(生徒所有のスマホを使用)授業をさらに進化させ、本校の魅力として発信していきます。「スマホを遊ぶための道具ではなく、学ぶための道具として使っていきます」

内高ダイアリー 4月20日(金)
同窓会からの寄贈:生徒玄関ロッカーすべて新しくしました!
これまで30年間使用してきた生徒玄関ロッカーを一新しました。「毎朝後輩が登校してくる学校の顔である玄関。ロッカーを新しくすることで、生徒玄関が明るくなり、顔を上げて元気に挨拶を交わし登校してほしい。」と願い、同窓会が寄贈してくれました。ありがとうございます。感謝の気持ちを忘れず大切に使用していきます。