臨時休校中の家庭学習支援サイト


文部科学省「子供の学び応援サイト」など23のWebページが紹介されています。

「1 教科の勉強をしよう」、「2 調べてみよう」、「3 体を動かそう」の3つに分けてあります。 


NHK for school

  ↑↑↑ 

「NHK for school」は 「子供の学び応援サイト」からも入れますが、直接入るなら、こちらからどうぞ。


 

かしの木 web
6月10日(金)中学部1年生3名で、ふるさと探検に行きました。 事前に、生徒たちでふるさとについて調べ、行きたい所、体験したいものを話し合いながら決めてきました。 当日は薄曇りで、爽やかな天候でした。まずは小松市のゆのくにの森で、山中塗体験(蒔絵体験)をし、その後は小松名物のうどんを昼食に選びました。 その後は、金沢へ移動し、21世紀美術館へ。市内のバスに乗る体験もし、最後は金沢駅で終点となりました。集団行動や友達と協力する大切さも学ぶことができました。  
6月1日(水)社会見学に行ってきました。 券売機で切符を購入し、電車に乗りました。    ゴンドラに乗って山を登り、そり滑りをしました。    後日、線路や電車、ゴンドラを作り、乗り物あそびを楽しみました。       
6月7日(火)乳幼児教室では<聴こえや補聴器、人工内耳について>の保護者講座がありました。きこえの相談室の職員が聴こえ方の体験を交えながら、聴こえに関する基本的な内容をお話しました。 コロナ禍で集まれる機会が減っている中、交流することもできました。 これからも情報発信と交流の場を持っていきたいと思います。
4月11日に前期自治会選挙・公示を行いました。役員に立候補する舎生たちが多く、皆積極的でした。 12日に任命式がありました。会長、書記は、高等部最後の年となるので、皆と協力して明るい寄宿舎にしていきたい、副会長は、会長・書記のサポートを務めたいと抱負の発表をしました。 21日に前期最初の自治会が行われ、例年は全体目標のみでしたが、今年度は、個人の目標も新しく加えました。 全体の前期目標は、「相手に伝わる大きな声で、勇気を持って自分からあいさつしよう」に決まりました。
きこえの相談支援センターより

   お子さんの「きこえ」で気がかりなことがありましたら、どんなことでもご相談下さい。きこえの相談支援センター、乳幼児教育相談では、来校相談のほか、電話、メールでの相談も行なっています。
※「難聴」と診断された。
※新生児聴覚スクリーニング検査で「再検査が必要」と言われた。
※検診で「ことばが少ない」と言われた。
※「呼んでも振り向かない」「テレビの音を大きくしたがる」など 
 

Tel   076(242)6218    Fax   076(243)4806

メール roukikoe@ishikawa-c.ed.jp