臨時休校中の家庭学習支援サイト


文部科学省「子供の学び応援サイト」など23のWebページが紹介されています。

「1 教科の勉強をしよう」、「2 調べてみよう」、「3 体を動かそう」の3つに分けてあります。 


NHK for school

  ↑↑↑ 

「NHK for school」は 「子供の学び応援サイト」からも入れますが、直接入るなら、こちらからどうぞ。


 

かしの木 web
この度、ラルフローレン×フジ・メディア・ホールディングスの共同企画として、両企業が、アンバサダーを務めるHANDSIGN(手話ダンスを広げる活動をしているグループ) を通じて、全国のろう学校幼稚部の令和4年度に小学部1年生に進級する幼児へ、ランドセルを寄付したいとの申し出がありました。 本校から希望した幼児1名は、7月19日(月)に行われた寄付贈呈式に参加しました。 社会福祉法人 石川県聴覚障害者協会 理事長 達磨 敏 様よりランドセルが手渡されました。 手話で上手に理事長さんに「ありがとう」と伝えることができました。 ピカピカの1年生になるのが、待ち遠しいですね!       
自立活動 自立活動では、語彙力を高めたり、自己や他者を理解したりする学習を行っています。6月には自分の取扱説明書(性格や特性、聴こえについて等をまとめた紙)の作成を行い、友達同士で意見交換をしました。「この表現いいね。」「〇〇を付け加えたら分かりやすいよ。」と話し合う様子が見られました。     委員会活動 中学部・高等部・専攻科の生徒が報道委員会と保健委員会に分かれて毎月活動しています。7月12日の活動として、報道委員会は、タブレット端末で本紹介のパワーポイントを作成、保健委員会は校内の手洗い場の石鹸水補充を行いました。 縦割りの活動なので、先輩と交流したり、学んだりする良い機会となっています。
 7月5日(月)寄宿舎で七夕会がありました。去年はコロナ禍のため、内容が縮小され、スイカ会食と花火しかできなかったのですが、今年はゲームも楽しむことができました。内容は、タブレット端末を使った連想ゲーム、絵当てゲーム、そして今大人気のボッチャで大いに盛り上がりました。当日、花火も予定していたのですが、雨のため順延となり、今後晴れた時に行う予定です。また皆で短冊にお願い事を書いて笹飾りをし、天の川に向かってお祈りしていました。どうかみなさんの願いが叶いますように!  連想ゲーム ボッチャの説明
7月7日(水)、七夕会が行われました。「たなばた」の歌を歌いながらダンスをしたり、短冊に書いた願い事を発表したり、先生たちの劇を見たりして楽しみました。ゲームでは、舟に乗って星を釣りに行き、釣った星を貼っていくと、最後にはきれいな天の川が完成しました。 みんなの願いが叶いますように。                                
寄宿舎では年度初めに目標を決め、月末にどこまで達成しているか確認しています。タブレット端末を使用し、反省やアドバイスをモニターに映し出しました。 タブレット端末を使用することでICTに慣れ、感染予防にも繋がると考えています。 次に舎生同士で寄宿舎のきまりについての意見も出し合いました。 内容は、タブレット端末の管理時間の変更です。 高等部生徒がタブレット端末を自己管理したいという意見も尊重し、使用時間を延長して消灯前に預かることにしました。 今後も舎生の積極的な活動に期待します。  
きこえの相談支援センターより
   お子さんの「きこえ」で気がかりなことがありましたら、どんなことでもご相談下さい。きこえの相談支援センター、乳幼児教育相談では、来校相談のほか、電話、メールでの相談も行なっています。
※「難聴」と診断された。
※新生児聴覚スクリーニング検査で「再検査が必要」と言われた。
※検診で「ことばが少ない」と言われた。
※「呼んでも振り向かない」「テレビの音を大きくしたがる」など