日誌

子どもたちの様子[令和3年度]

入学式

4月7日に入学式が行われ、37名の1年生が元気に登校してきました。

名前を呼ばれると大きな声で返事をして、話を聞くときは背筋をピンと伸ばして、いい姿勢で頑張って聞いていました。

6年生の歓迎の言葉は、お兄さんの方をしっかり向いて立って聞くことができました。

 これから1年生を入れた284人全員で頑張りましょう。

0

新任式・始業式

 4月7日に新任式が行われました。今回は新型コロナ対策として,子どもたちは体育館には集まらず,各教室の大型テレビで新しく入ってきた先生方を見ました。

 自分たちの先生がどんな人なのか、これからどんな1年になるのか,少しの不安と大きな期待に子どもたちは胸をはずませていたように見えました。

 これから1年間ともにがんばっていきましょうね!

0

1年 外国語活動

 

 

年10回の外国語活動も今回が最終回でした。

チェックリストを使いながら、今までに習った英語を1つ1つ確認していきました。

初めは、先生を真似をする声も小さかったのですが、毎回の積み重ねで自信をもって話すことができる子が増えました。

この1年間楽しみながら、英語に親しむことができたようです。

 この学びを生かしながら、今後さらに英語の力を身に付けていって欲しいです。

 

0

6年生を送る会

 

 今年度の6年生を送る会は、

「全集中で無限に進め!6年生 感謝の呼吸でありがとう」を

スローガンとして行われました。

 

1年生は十二支を題材にした劇を行いました。

かわいい動物たちが大きな声と動作で元気よく頑張っていました。

 

 

2年生は国語で習ったスイミーの劇を行いました。

一人一人が海の生き物になりきり、道具も使いながら上手にスイミーの世界観を表していました。

 

 

3年生はどろぼうがっこうの劇を行いました。

大きな動きと、場面ごとに背景が変わる工夫などはさすがでした。

 

 

4年生は清湖ハッピー隊と題して、6年生の今までの取組を、自分たちなりにアレンジしながら表現しました。

四字熟語を使いながら、6年生の今までがんばりを代弁するかのような、見ている人みんなが楽しめる劇でした。

 

 

5年生は話題となっている曲「炎(ほむら)」を合奏しました。

様々な種類の楽器を使い心を一つにしている姿や音色に、見ている人が聞き入ってしまう素晴らしい合奏を披露してくれました。

 

 

最後は、6年生が感謝の気持ちをこめて、在校生にラインダンスを披露しました。3年前と比べ、何倍もパワーアップした息のぴったりなダンスは圧巻でした。

 

 

例年とは違う環境の中で、どの学年もよく考えられた素敵な出し物を6年生に届けることができました。「今までありがとう」「中学校でもがんばってね」の思いはしっかりと6年生にも伝わったようです。

 

全校の中心となって、たくさん計画、準備、練習してくれた5年生のみんなにも感謝です。今日をスタートに、どんな素敵な清湖小のリーダーになっていってくれるのか楽しみです。

 

0

3年生 社会科見学「風と砂の館」

 2月19日(金)、社会科「町の様子と人々のくらしのうつりかわり」の学習において、内灘町の交通や公共施設、生活の道具等の移り変わりについて聞き取り調査をするために、内灘町歴史民俗資料館「風と砂の館」に行きました。

 内灘町が内灘村であったことや、砂とたたかって今があること等、先人の苦労について学ぶことができました。

 内灘町の歴史の中で、内灘町になってから最初の公共施設が内灘中学校であると聞き、「えー!!!」と驚きの声があがりました。また、タヌキが昔も今も内灘町にいることも聞き、見てみたいという町に対する興味関心をさらにもつことができたようです。

 昔のくらしについても学びました。内灘町で漁業が中心に行われていたころの服装や道具等も見せていただきました。

 昔の人のくらしの道具は、初めて見るものばかりでした。

今とのちがいを知り、町のうつりかわりについて多くの学びがあった見学となりました。

 

 今回の見学で3年生の社会科見学は最後でした。

 これまでの社会科見学の学びをいかした姿が多く見られました。バスの中でのマナーやあいさつ、話を聞いてメモをとる力等、すべてにおいて成長を感じました。

 3年生の5回の社会科見学を通して、校外学習の学び方を身に付けることができました。

0