機械システム科は、作りたいものを形にする学科です。

ネジ1本から、リモコン制御ロボットや自動制御ロボット、ソーラーラジコンカーまで幅広いものづくりを行っています。
それらに必要な部品一つ一つを工作機械や様々な工具を駆使して作り上げていきます。

工業製品はすべて機械で作られています。そして、その機械はコンピュータで制御されているものが増えてきました。ものを作るための加工技術と機械を操作する技術を中心に勉強します。

県内外を問わずあらゆる産業には本科で学んだことが活用されています。本科では、機械技術の基本と電子技術・情報技術の基礎を学び、機械の自動化や工場の無人化に貢献できる実践的な技術者の育成を目指します。

 進路情報 | 課題研究

機械システム科NEWS

機械システム科NEWS

【快挙!】ジャパンマイコンカーラリー2024 北信越大会

 

11月25日(土)と11月26日(日)の2日間、長野県の松本文化会館で行われた


ジャパンマイコンカーラリー2024北信越大会

機械システム科の3年生 8人が出場しました。

 

ジャパンマイコンカーラリーとは、自立型のロボットがコースの白線を読み取りながら自動運転によって走行し、タイムを競う競技です。

ラジコンカーに似ていますが、車体のコントロール方法は全く違います。ラジコンカーは人間がコントローラーで操縦するのに対し、マイコンカーは選手自身がプログラムを作り、マイコンにプログラムを書き込むことで、マイコンカーは自動でコースを走行します。どのようなプログラムを作るかが、選手の腕の見せ所です。

 

今年度は、合計8台出場しました。

 

 

コースから落ちたり、コース上で動かなくなったりするチームが多い中、

本校の機体は安定した走りを見せ、会場を沸かせていました。

 

 

中でも、cameraclassで出場した、機械システム科の宮本君の「県工2号」が高タイムで走り切り、全国大会への出場権を得ることができました!!㊗㊗㊗

 

全国大会は、12月27日(火)と12月28日(水)に同会場で行われます。

北信越大会よりもさらにレベルアップして頑張ってきますので、応援よろしくお願いします!

 

0
5 1 3 5