食品科学研究会 活動日誌(新)

「廃棄果皮0システム」が本に掲載されました!

写真:4枚 更新:04/06 広報

「廃棄果皮0システム」が、「新しい環境問題 食品ロス(金の星社)」に掲載されました! これから、小学校の図書館に入るそうです。ぜひ子どもたちに私たちの取り組みを知ってもらえれば、と思います。(2021年4月4日)

和菓子・洋菓子講習会を受講しました!

写真:62枚 更新:04/06 広報

・3月26日 和菓子講習会(餡子)講師:「菓子処大松庵」松浦社長 ・3月27日 和菓子講習会(包餡)講師:食品科学コース金田先生 ・3月30日 洋菓子講習会(ロールケーキ、クラシックショコラ) 講師:パティスリーロンシャン加藤一男シェフ プロにご来校頂き、和菓子と洋菓子を教えて頂きました。皆、無駄のない手さばきに圧倒されていました。今後もトレーニングを重ね、文化祭で販売できたら良いなと思います。ご指導ありがとうございました。

FFJ 農業クラブ校内大会に「HACCP班」「松任梨班」出場!

写真:16枚 更新:04/06 広報

3月25日に農業クラブ校内大会が開催されました。私たち研究会もⅡ類に「松任梨班」Ⅲ類に「HACCP班」の2班出場しました。多くの先生方や農業クラブ役員から質問やご意見を頂き、大変参考になりました。県連大会に向けて頑張っていきたいです。(2021年3月25日)

金沢市竹水ドリンク完成披露会

写真:14枚 更新:04/06 広報

金沢市の放置竹林を減らすための竹活用プロジェクトに、北陸大学を通じて参加しています。ついに竹水ドリンクが完成し、金沢市役所で完成披露会が行われました。(2021年3月15日)

私たちの6次産業化支援で、ヤーコンカレーが完成!

写真:13枚 更新:04/06 広報

2月に生産者への6次産業化支援として、製造支援した「ヤーコンピューレ」を用いて、ヤーコンカレーが完成し、完成披露会に参加しました。ヤーコンの優しい甘みが感じられる美味しいカレーに仕上がっていました。これから販売されていくそうです。(2021年2月26日) また、来年は生産者が「ヤーコンピューレ」をJA野々市の加工場で製造して納品するとのことで、生産者の方が製造できるか確認するため、加工場で実際にピューレを作ってみました。結果は、家庭用の粉砕機以外は加工場にある設備で製造できることがわかり、生産者は「来年頑張ろう!」と意欲的でした。来年が楽しみです。(2021年3月)

食品科学研究会 文部科学大臣賞受賞!

写真:5枚 更新:02/13 広報

食品科学研究会は、農林水産省主催「令和2年度地産地消等優良活動表彰 教育関係部門」で 文部科学大臣賞を受賞しました! これまでの活動の全てが評価された結果です。2月13日に表彰式がオンラインで行われ、3名の部員、校長、顧問安川が参加ました。取り組み発表では、5分間のプレゼンを行いました。今後も賞に恥じないよう活動していきます。

松任梨の丸ごとコンポートがバームクーヘンに!

写真:13枚 更新:2020/12/26 広報

私たちが開発した「松任梨の丸ごとコンポート」を小松市の「お菓子の明月堂」でバームクーヘンにして頂きました。初めて見るバームクーヘンの機械や製造工程に私たちは興味深々!! 熟練の職人の方に作業を教えて頂き、製造体験できて楽しかったです。そして、目の前で研究成果が形になっていく様子に達成感を感じました。

クリスマスケーキ作り

写真:7枚 更新:2020/12/26 広報

製造練習として、一人2台のクリスマスケーキ作りを行いました。バリエーションに飛んだケーキができました!(令和2年12月23日)

ヤーコン生産者6次産業化支援実施

写真:10枚 更新:2020/12/26 広報

6次産業化支援として、240kgのヤーコンを生産者の方々と一緒にピューレにしました。来期からは生産者の方々で製造ができるように、製造技術だけでなく、今年6月から義務化されたHACCPの考え方を取り入れた衛生管理についての講義も行いました。(令和2年12月19日 ヤーコン班)

ヤーコン生産者交流

写真:5枚 更新:2020/12/26 広報

ヤーコンの収穫が始まったとのことで、野々市市のヤーコン生産者小島さんを訪ねました。生憎の雨で収穫体験はできませんでしたが、生のヤーコンを食べさせて頂いたり、ヤーコン栽培について教えて頂けました。生のヤーコンを食べたのは初めてで、シャキシャキとした食感でほんのり甘かったです。先輩達のレシピを受け継ぎ、野々市市内小中学校の給食用コンポートづくりに励みたいです。コンポートづくりは1月~2月の予定です。(令和2年12月12日 ヤーコン班)

松任梨の丸ごとコンポート製造指導実施

写真:7枚 更新:2020/12/26 広報

来期から私たちが開発した「松任梨の丸ごとコンポート」を製造してくださる予定の企業の方に本校で製造指導を実施しました。「タマリバかんすけ」(白山市)さんは、白山うどんの飲食店を経営されています。ご夫婦で来校して下さいました。日ごろから食品製造をされている方なので、とても手際よく作業して頂けました。来年からはコンポートづくりお願いいたします!(令和2年11月30日 松任梨班)

食品科学研究会・日誌(旧)

食品科学研究会・日誌

食品科学研究会、24時間テレビ「愛は地球を救う」に登場します!

 食品科学研究会は、8月17日にテレビ金沢の取材を受けました。昨年度3月に受けた取材からの流れだったので、卒業生もかけつけてくれました。

24時間テレビ「愛は地球を救う」の「宮崎由加さん×キミの部活に表彰状!部活で動く高校生たち」の中で登場します! ぜひ見てください!

 

 放送日時 

2020年8月23日(日)11時24分~12時24分の間でVTR出演

   

  

 

農林水産大臣賞受賞!

 このたび食品科学研究会は、「第7回もったいない大賞」でコープやキューピー㈱、ダイエーなどの大企業が参加する中で最高賞である「農林水産大臣賞」を頂きました。令和2年2月6日(木)に東京都千代田区立内幸町ホールで表彰式典が盛大に行われ、事例発表を行ってきました。

 高校生史上初の快挙!ということで、マスコミにも多く取材頂き、全国に私たちの活動を知ってもらうことができました!中でも、Yahoo!ニュース個人の食品ロス問題ジャーナリスト井出留美さんの記事にとても詳しく発表内容や発表の様子が書かれていますので、ぜひご覧ください。

 

メディア

 TBSテレビ「あさチャン!」特集

 テレビ東京「テレ東NEWS」(YouTubehttps://www.youtube.com/watch?v=JUjYLicTbVI

 MRO北陸放送局「レオスタ」特集

 NHK金沢放送局「かがのとイブニング」

 テレビ金沢「となりのテレ金ちゃん」

 RKBラジオ「よなおし堂」出演

 Yahoo!ニュース個人(食品ロスジャーナリスト井出留美さん)

 その他 新聞各社

卒業式と「六星賞」受賞!

 3月2日に卒業式が行われ、食品科学研究会からは3年生3名が卒業しました。2年間「廃棄果皮0システム」のプロジェクトリーダーを務め、チームを文部科学大臣賞や農林水産大臣賞受賞に導いた太田さんに、六星同窓会大藏会長より「六星賞」が授与されました。

 3名とも食品科学研究会での活動経験を生かして新しい場所で頑張ってほしいです。おめでとうございます。(顧問:安川三和)

 

ディスカバー農山漁村(むら)の宝 全国選定

ディスカバー農山漁村(むら)の宝【第6回選定】で全国選定(コミュニティ部門)されました!

 

 ディスカバー農山漁村(むら)の宝とは、農林水産省が地域の活性化や所得向上に取り組む優良な事例を選定地区として認定し、全国への発信を通じて農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことを目的としています。第6回である今回は応募総数931件から私達食品科学研究会の取り組みがコミュニティ部門の全国選定を受けました。

 12月3日に首相官邸で行われた選定証授与式及び交流会では、全国から選定された31団体と個人5名が首相官邸に集まり、活動についての意見交換が行われました。31団体のほとんどが企業で、高校は本校を含め3校のみでした。

 今まで農業クラブの大会以外の場で研究について意見交換する機会はあまりなく、さらには総理大臣や農林水産大臣など簡単には会えないような方々にも自分たちの研究を知ってもらえる大切な機会だったのでとても緊張しました。大臣や有識者の方々に簡潔に研究内容を伝えることがとても難しく、反省点もありましたが、交流会に参加された様々な方に研究に関心を持って頂くことができ嬉しかったです。選定された他の高校生とも、お互いの研究について話し合うことができました。

第5回全国ユース環境活動発表大会 中部地方大会 最優秀賞 受賞!

第5回全国ユース環境活動発表大会 中部地方大会 最優秀賞 受賞!

 全国ユース環境活動発表大会中部地方大会は、1年生のみのチームで参加しました。このコンテストでは、他校との交流会やSDGsに関する勉強会が設けられ、積極的に研究について意見交換できました。
農業クラブの大会では口頭発表を2人で行うのですが、今回は1人での発表でした。はじめは不安や心細さがありましたが、何度も練習を重ね発表本番で精一杯の発表を行い、会場全体に発表内容を十分伝えることができました。結果は最優秀賞を獲得することができ、全国大会へと進めることになりました。自分達の頑張りがこのような形で認められ、とても嬉しかったです。2月の全国大会では、今回以上の発表を行い「環境大臣賞獲得」を目指して頑張ります!

二産地の「ゆず祭り」参加!

・能美市「国造ゆず祭り」11月9日(土)・10日(日)

 国造ゆず祭りには、今年「廃棄果皮0システム・国造ゆず」を構築した私達のプロジェクト活動の紹介に伺いました。多くの方が足を止めてくださり、私達の話をきいてくれました。国造ゆずピール煮、ゆず和紙などを紹介すると、ぜひ買いたいやどこで売っているの?との声が多くあり、国造ゆずの加工品の需要が多くあることがわかりました。




・金沢市「ゆず香るん祭り」10日(日)

 今年は金沢ゆず生産者が製造したピール煮で作られた「金沢ゆず大福」の販売のお手伝いをしました。ゆず大福の行列が午前中一杯絶えない人気ぶりでした。金沢ゆずでの廃棄果皮0システムが順調に稼動しており、うれしく感じました。



食品科学研究会 最優秀賞・文部科学大臣賞受賞!!

 2019年10月22日~24日に山形・宮城・福島県の南東北三県で開催された「第70回日本学校農業クラブ全国大会 南東北大会 プロジェクト発表会分野Ⅲ類ヒューマンサービス」において、2年ぶりの最優秀賞・文部科学大臣賞受賞に輝きました! 1年間の努力が実り、部員全員が喜びに包まれました。平成29年度には、石川県勢として43年ぶりに最優秀賞・文部科学大臣賞を受賞しています。来年は連覇を目指して頑張ります!

インターネットビデオ通話による技術指導を実施!

 9月、埼玉県の障がい者就労施設「晴れ晴れ」さんとインターネットビデオ通話によるピール煮の技術指導を実施しました。晴れ晴れさんにわかりやすい!と好評でした。遠方の方とはなかなかお会いすることができないので、今後も顔の見える技術指導を心がけたいです。

エシカル・ラボin石川で活動事例として発表!

 8月24日に開催された国連のSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する施策「消費者庁主催 エシカル・ラボin石川」でエシカル消費の活動事例として発表しました。
 エシカル消費とは、人と社会・地域・地球環境を考慮して作られたものを購入・消費することです。「廃棄果皮0システム」を導入して作られた商品はこれら全てに当てはまり、私達の研究は社会問題の解決に貢献する活動だと言えます。