学校日誌

部活動紹介が行われました!

今年度は、各部が作成したビデオレター形式で、部活動紹介を行いました!

工夫を凝らしたビデオレターを見て、実力テスト等で少し疲れも見えた、新一年生の表情にも

笑顔が見られました。

8対 8対91で、、、はくい❤❤❤

 

生徒会長より「高校生活を充実させるには、勉強だけでは物足りない。部活に入ろう!!」という

熱いメッセージが送られました。

令和3年度 入学式

令和3年4月8日(木)、令和3年度入学式を執り行い、学校長より141名の新入生が入学許可を受けました。「夢をあきらめないで努力し続けることが大切である」と学校長より激励の式辞がありました。

 

令和3年度 新任式・始業式

新型コロナウイルス感染防止のために放送による新任式・始業式を行いました。

まず、新校長先生の着任式を行い、引き続き新任式で先生方(10名)が、生徒に向けて自己紹介をしました。

始業式では、学校長より「新たな生活様式の提言・実行により日常が徐々に戻ってきたが、油断することなく『思いやり』の心をもって、引き続き新型コロナウイルス感染対策の徹底をお願いしたい。

3年生は、悔いの残らない1年間になるよう努力してほしい。2年生は、知力・体力を養い自分の目標に向けて取り組んでほしい。

白血病を乗り越え、日本選手権水泳競技大会100mバタフライで優勝した池江璃花子さんの『努力は必ず報われるんだな』と語っていた言葉から、目標と向き合いしっかり取り組んできたその姿勢が結果につながったのだと感じた。1年間を充実したものにするため、一番大切なのは心と体の健康である。基本的生活習慣を今一度確認し、新たなスタートを切り、共に良い一年にしていこう。」と式辞の言葉がありました。

  

校歌斉唱(生徒は、声を出さず心の中で!その後着席し、校長先生のお話を聴きました。)

 

 

 

退任式・離任式

終業式後、ご退職される校長先生と10名の先生方の退任式・離任式を行いました。生徒に向けて先生方からお一人ずつお言葉をいただきました。生徒代表による花束贈呈もありました。今までご尽力いただきありがとうございました。

   

終業式

新型コロナウイルス感染防止のために放送による終業式を行いました。

学校長より「皆さんには、今まで気付かなかった素晴らしいことを見つけることで、充実した高校生活を送ってほしい。「情報をきちんと使いこなせる層」になってほしい。そのためにはどうすべきか自分で考えることが大切である。へこたれず、たくましく、最後まで頑張って下さい。」と式辞の言葉がありました。

 

壮行式

3月15日(月)

放送による表彰伝達式の後,壮行式が行われました。

柔道部と少林寺拳法同好会の2名が全国大会に出場します。

柔道部の全国大会出場はおよそ20年ぶりです。日本武道館での試合が楽しみです。

少林寺拳法同好会は昨年に引き続きの出場です。活躍を期待します。

 

 

 

 

表彰伝達式

3月15日(月)

放送による表彰伝達式が行われました。

柔道部,剣道部,吹奏楽部,軽音楽部の成果が報告されました。

 

 

 

 

 

 

結果は以下の通りです。

部活動名 大会名・成績
柔道部 第43回全国高等学校柔道選手権大会石川県大会 個人男子81㎏級 第1位
剣道部 第29回松本旗争奪石川県高等学校剣道選抜大会 女子団体 第2位
吹奏楽部

石川県アンサンブルコンテスト口能登支部大会 木管四重奏 銀賞

                      金管八重奏 銀賞

軽音楽部 全国高等学校軽音楽部対抗バンドバトル2020~冬の陣~ オーディエンス賞

第73回卒業証書授与式

令和3年3月2日(火)、第73回卒業証書授与式が行われました。

学校長より196名に卒業証書が授与されました。

学校長式辞では、「新型コロナウイルス感染拡大により不安な日々が続いたが、粘り強く過ごした。4月からの新生活のスタートは、思うようなことが出来なかった1年を考えると、『再出発』という言葉がふさわしい。『再出発』とは、失ったものを取り戻すために、もう一度同じところに向かうのではなく新しい場所に向かって出発することである。『再(ふたたび)』という文字は『再生』『再挑戦』のようにここぞという場面で使われている。だからこそ、今日は、『再出発』という言葉を贈りたい。」と、学校長よりはなむけの言葉がありました。

 

「三ヶ年皆勤賞授与」

 

「学校長式辞、来賓祝辞(同窓会会長・PTA会長)」

 

 

「在校生送辞」

 

「卒業生答辞」

 

「卒業記念品贈呈」(目録:電子掲示板 3台)

ありがとうございました。大切に使わせていただきます。

 

 

「退場後、各教室での様子」

 

 

3学期始業式

新型コロナウイルス感染防止のため、放送による3学期の始業式を行いました。

学校長より

「爆発的な感染拡大と風雪で、穏やかな新学期スタートとはいかなかった。このような状況下では、様々な場面で、人に対する思いやりや共感が重要である。そのような視点から社会を変えていこうとする考え方がますます大切になってくると思う。

『エッセンシャルワーカー』といわれる医療従事者、ライフラインを支える方々に感謝したい。

さて、大学入試共通テストが、1月16,17日、来週の土・日曜日に行われる。本校3年生も受験する。学校全体で、感染防止に努めたい。

『マスク着用、距離を取る、換気に気をつける、マスクをはずす食事中・部活動中は特に気をつける。』

に、十分気をつけてほしい。注意していても、感染の可能性は誰にでもある。大切な友達、先輩を守るために、一人一人が日頃からできることをしっかりしていくことが重要である。

大事な話なので、もう一度、自分の頭の中で、反芻してほしい。」

と、式辞の言葉がありました。

2学期終業式

新型コロナウイルス感染防止のために放送による2学期の終業式を行いました。

学校長より「小説家島田雅彦さんの高校生に向けたメッセージの中に、『人の心は2つある』とある。その心とは、第1は -論理を組み立て、秩序、善悪、真偽を決める- の心で、第2は -想像を膨らませ、夢を見て、愛や思いやり、豊かな喜怒哀楽を生み出す- の心である。危機の時代には今までとは違う思考が必要とされ、そのカギを握るのが『第2の心-夢見る心』だそうである。今回のコロナ禍だけでなく、解決しないといけない問題は数多くある。その中で、この言葉はこれからを生きる私たちに考えるヒントや、力を与えてくれる。高校生の立場を十分理解し、臆せず、この『第2の心』を膨らませ、働かせてほしい。困難が多い時代を乗り越えるために必要な思考へと発展する可能性がある。小説家である島田さんらしい話で、私の目に留まった。

3年生は得点を伸ばす余地がある未開拓分野を徹底的に勉強する。1、2年生は学ぶ楽しさを得るために少しの我慢が必要である。がんばった先には未来が開ける。」と式辞の言葉がありました。