学校日誌

3学期始業式

令和5年1月10日(火)、第1体育館で、三学期始業式を行いました。

学校長から「『1年の計は元旦にあり』とある。目標をたて実行に移すことが大事。米沢藩上杉鷹山公の『為せば成る  為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』にもあるように、目的をもって行動すれば成就する。ただ待っているだけではよい結果に結びつかない。強い意志を持って行動してほしい。」とお話がありました。

その後、生徒指導課から3学期始めの生活心得等について説明がありました。

令和4年度 2学期終業式・離任式

12月23日(金)、第一体育館で令和4年度2学期終業式を行いました。

学校長より「この一年、この年度の二学期までどう過ごしてきたかを振り返ることが重要。しっかり振り返りを行い、努力を惜しまず、新たな決意をもって3学期をスタートしてほしい。」とお話がありました。

続けて、ALTのリサ先生の離任式が行われました。短い間でしたが、本校の英語教育にご尽力されました。リサ先生、ご指導ありがとうございました。どうぞお元気で、そしてご活躍を!!

そのあと生徒指導課より生活心得等について、教務課よりChromebookの使用についての話がありました。

      

GTECで奨励賞を受賞しました

 羽咋高校では3年間で5回GTEC(2年12月、3年6月は検定版)を受験し、

 「読む・聞く・話す・書く」の4技能をバランスよく伸ばすことができるように

   取り組んでいます。

 GTECを通して生徒は4技能を大きく向上させることができています。

    今回、その取り組みが評価され、奨励賞をいただきました。

 これからも生徒が自信をもって英語を積極的に使用し、コミュニケーション能力を

    伸ばすことができるように取り組んでいきます。

 

        

 

表彰伝達式を行いました。

令和4年12月8日、各種大会(国民体育大会石川県予選会、県新人体育大会等)の表彰伝達式を行いました。陸上競技部、柔道部、剣道部、弓道部、なぎなた部、空手道部、新聞部、野球部、家族川柳コンクール代表者や入賞者が、入賞報告を行いました。学校長が、「努力してきたことは必ず心や体の身になっている。次の機会でその力は発揮できる。また皆の支えがあって頑張ることができた。皆に応援され、応援することでお互いが力をもらっている。今後も羽咋高校一丸となり次の目標に向け頑張ってほしい。」と話されました。

          

令和4年度「先輩と語る会」(1年生)・「探究活動中間発表」(1.2年生)

令和4年11月5日(土)6限目に、2階教室にて1年生を対象に『先輩と語る会』を行いました。社会の最前線で活躍されている先輩方をお招きし、ご自身の高校、大学時代、仕事についてのお話をしていただきました。生徒は希望する講座(6講座)の中から1講座を選んで参加しました。今後の自らの生き方やあり方、進路や将来等を考える良い機会になりました。メモを取りながら真剣に聴きました。

7限目は、2階教室と3階教室にて2年生の代表者が探究活動の中間発表を行いました。6限目にお話しいただいた先輩方に各講座(10講座)のアドバイザーになっていただきました。2年生は、先輩方から今後の探究活動に参考となる助言をいただき、1年生は、発表や助言を聴き、今進めている探究活動の進め方を考える契機となり、たいへん有意義な時間となりました。

 

★★★『先輩と語る会』★★★

            

★★★『探究活動中間発表』★★★

   

令和4年度「避難訓練」を実施しました。

令和4年10月27日(木)、火災を想定した避難訓練を実施しました。

災害発生時に、冷静・迅速な避難行動がとれるよう訓練を行いました。

避難訓練後、羽咋広域消防署署員の方から、「しゃべらない、押さない、走らない(校内では)等をしっかり守って避難してほしい。」等の講評、校長先生より「訓練であっても真剣に取り組むことが大事。しっかりできていたと思う。」と話がありました。生徒は「地震、火災、津波に対処する心構え」を学ぶ良い機会となりました。また、生徒玄関では、職員による消火訓練も行いました。

         

1年生:金沢大学出張オープンキャンパス

10月25日(火)、金沢大学の教授をお招きし、令和4年度金沢大学出張オープンキャンパスを実施しました。

生徒は、6・7限目に5講座から1講座ずつ(計2講座)を受講しました。金沢大学の模擬授業を体験することで、『学問』に対する興味・関心を深めていました。「講座で紹介された本を読んで、様々な人の考え方を取り入れたい」「大学は自分の学びたい分野をとても深く知ることができるとわかった」などの感想(生徒の感想より抜粋)がありました。

講座1 観光デザイン学類
「観光社会学」入門

融合研究域融合科学系 
教授 眞鍋 知子 氏

講座2 人文学類
英米文学入門

人間社会研究域歴史言語文化学系
講師 宮澤 優樹 氏

講座3 経済学類
経済学入門人間社会研究域経済学経営学系 
准教授 佐藤 秀樹 氏

講座4 保健学類
人々の健康に貢献する看護学

医薬保健研究域保健学系
助教 板谷 智也 氏

講座5 電子情報通信学類
反応性プラズマの世界~プラズマを作ってみよう~

理工研究域電子情報通信学系
教授 石島 達夫 氏

 

 

第74回校内マラソン大会

令和4年10月20日(木)、千里浜海岸において第74回校内マラソン大会を実施しました。秋晴れの中、さわやかな潮風で、絶好のマラソン日和になりました。自己ベスト更新や、完走をめざし思い思いに走っていました。学校に戻り、表彰式を行いました。男子1位は絈野友成さん(2年)、女子1位は澤井夢子さん(1年)、3年連続入賞(20位以内)の生徒は7名でした。

            

        

 

 

創立100周年記念式典・記念講演会

創立100周年記念式典・記念講演会

 10月8日(土)羽咋市のコスモアイル羽咋にて、

 10:00より記念式典、11:10より記念講演会が行われました。

 コロナ禍のため、ご招待者のみのご出席と、さらに生徒・本校教職員以外は、

 1つおきにご着席していただくことになりました。

 式典の動画は、後日ホームページにてご覧いただく予定です。

 お写真でご紹介させていただきます。

【受付・接待等】

    

    

【姉妹校 オーストラリア ワンサギ中等教育学校からのメッセージ動画】

【開式、国歌独唱】司会者  浅野 夏実  独唱者  堀江 七海

    

【校長式辞】梅本 浩照 学校長

 

【挨拶】馳 浩 石川県知事

【挨拶】轟 千栄子 同窓会長

 

【来賓祝辞】西田 昭二 国土交通大臣政務官 衆議院議員

【来賓祝辞】近藤 和也 衆議院議員

 

【来賓祝辞】石田 忠夫 石川県議会議長

【永年勤続者表彰】13名を代表して  喜多 晴夫 先生 に感謝状と記念品がおくられました。

   

【生徒代表挨拶】藤本 聖也 前期生徒会長

        

 【校歌斉唱・閉式】

 

 

 

【記念講演会】講師 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構

          総合地球環境学研究所所長 山極 壽一 先生

       演題 「人類の進化と文化からコロナ後の社会に未来可能性を考える」

      

    【おわりに】

 「古國能登に生ひたち 使命はいよよ若わかし ああ新しき日本と 吾等は在らむとこしへに」